【マシリト】鳥嶋和彦とかいう有能すぎる漫画編集者まとめ

スポンサーリンク

1990年代を代表する少年ジャンプの人気バトル漫画といえば、やはり『ドラゴンボール』。もちろん作者は鳥山明。かつて流行った漫画作品とはいうものの、未だに日曜朝にアニメが放送されてるんだからすごい。ただ裏には有能な漫画編集者がいました。その名も鳥嶋和彦(とりしま・かずひこ)。

(ちょっとだけ帰ってきたDr.スランプ4巻 集英社)

鳥山明作品では『Dr.スランプ』に登場したドクターマシリトのモチーフとなった人物。鳥嶋をアナグラムしてマシリト。作中では悪役キャラクターとして描かれていますが、割りとリアルでもいろいろとヤバい人らしい。

そこで今回は鳥嶋和彦(マシリト)に関するまとめ記事を作ってみました。これほどキャラクターが立った漫画編集者も世の中にはいないでしょう。

鳥嶋和彦の生年月日などプロフィール

まず簡単に鳥嶋和彦のプロフィールから解説したいと思います。

鳥嶋和彦の生年月日は1952年10月19日。YouTuberの瀬戸弘司と同じ誕生日。2017年現在、65歳になったばかり。

鳥嶋和彦の出身地は新潟県小千谷市。その後、一浪して慶應義塾大学へ入学。そして1976年、24歳の時に集英社に入社し、週刊少年ジャンプの編集部に配属される。『ドーベルマン刑事』や鳥山明作品、桂正和作品といった数々の人気作品に携わる。

鳥嶋和彦は漫画編集だけではなく、堀井雄二と一緒にRPGゲーム『ドラゴンクエスト』などの立ち上げにも関与。1993年にはゲーム漫画雑誌『Vジャンプ』を創刊編集長として立ち上げる。

その後、1996年に編集長として再び『週刊少年ジャンプ』に戻った鳥嶋和彦はゲーム関連の仕事の経験を活かして『遊☆戯☆王』を筆頭にゲーム化といったメディアミックスを推し進めて、成功を収める。未だに遊戯王のカードゲーム流行ってんねん、という。

そして2001年に編集長を辞めるまでに、鳥嶋和彦は『ONE PIECE』や『NARUTO』『BLEACH』など今日まで続く人気漫画を輩出。そういった多大な貢献から2004年には集英社の常勤取締役など様々な取締役に就任し、2017年11月現在は集英社の子会社である白泉社の代表取締役社長の座に就く。

ちなみに2020年の東京オリンピック・パラリンピックのマスコット審査会メンバーの一人でもあるらしい。

この鳥嶋和彦をモチーフとした漫画キャラクターは、実は『Dr.スランプ』のドクターマシリト以外にも割りといたらしい。