【賭ケグルイ】桃喰・百喰一族まとめ【画像あり】

スポンサーリンク

最近、アニメ化されたおすすめギャンブル漫画といえば『賭ケグルイ(かけぐるい)』。主人公・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)がギャンブルで全ての序列を決めてしまう百花王学園に転入してきた場面からストーリーが始まるマンガ。まさに弱肉強食の学校。

この百花王学園を仕切るのが生徒会長・桃喰綺羅里(ももばみきらり)。かなりパンチが効いたキャラクター名ですが、実は珍妙すぎる名前のナゾが『賭ケグルイ』の最新刊で明らかになりました。

(賭ケグルイ7巻)

それが「百喰一族(ももばみ)」という存在。桃喰綺羅莉や主人公・蛇喰夢子の関連性も含めて、今回は「百喰一族」について徹底的に考察してみたいと思います

百喰一族とは桃喰家から派生した一族

(賭ケグルイ7巻)

結論から書くと、桃喰綺羅莉(正確には桃喰家)は百喰一族の頂点に君臨する。だから「ももばみ」という呼び名も共通してる。百喰一族には分家がかなりの数存在し、その全てに「○喰(ばみ)」と付く名字を持つ。つまり桃喰から全てが派生した。まさに桃喰家が他の分家を従えてる感がすさまじい。

つまり、この桃喰綺羅莉は百花王学園という超ブランド校だけではなく、わずか17歳で全一族すら支配してる状態。百喰一族という血筋と超名門校のブランド力を活かした政財界への多大な影響力の行使を、わずかたった2年足らずで我が物とした鬼才。(さすがに2年で政財界への影響力はややブラフ感は強いですが…)

ちなみに桃喰綺羅里と同じ顔をした副会長に桃喰リリカがいます。おそらく影武者や双子の姉妹か何かだと推察されますが、今のところ詳細は不明。

(賭ケグルイ7巻)

アニメで描かれるのかは分かりませんが、今後の『賭ケグルイ』のストーリーとしては百花王学園と百喰一族の家督相続を賭けた戦いがメインで描写されていく模様。そして主人公・蛇喰夢子を中心に、生徒会も巻き込んだギャンブル狂いのバトルが更に加速します。

果たして桃喰綺羅莉は一体何を考えているのか。はたまた圧倒的な力から負けない自信があるからこその暴挙か。果たして百花王学園で最終的に生き残るのは誰なのか。

ということで、ここからは百喰一族に存在する分家の面々たちを徹底的に解説していきたいと思います。