【画像あり】ドフラミンゴのグラサン下の素顔ってどうなってるの?【ONE PIECE】

スポンサーリンク

ドフラミンゴの素顔は既に公開済み

(ONE PIECE76巻 集英社)

具体的には『ワンピース』76巻。ドフラミンゴがかつて天竜人だった幼少期に起きた事件を悪夢として見てしまう。まさに寝汗をかきながらガバッと起き上がった瞬間、そこで一瞬だけドフラミンゴの素顔が描写されています。

具体的には、左コマの目がドフラミンゴの目になります。重たいマブタは、さながらクロコダイルを彷彿とさせます。だからドフラミンゴは性悪のキャラも被ってるクロコダイルに配慮して、きっとサングラスを着用してるんだと思います()。

リアルでもサングラスをかけてる人は、極端に目がキラキラしてる二重まぶたか極端に目が細いか。良くも悪くもコンプレックスを隠すためのサングラス。そう考えるとドフラミンゴも可愛いヤツです。

幼少期からドフラミンゴがサングラスを着用する理由

更にドフラミンゴを掘り下げると、じゃあいつからサングラスを着用してたんだって話。現在は一応就寝中だけはサングラスを外しているようですが、さすがに体の一部ということはなさそう。当然、サングラスをかけたままお母さんのお腹から出てきたはずもない。

(ONE PIECE76巻 集英社)

残念ながら具体的な時期までは分かりませんが、ドフラミンゴはかなり幼い頃からサングラスを着用していたことはワンピースを読むと一目瞭然。画像を見る限りは大人バージョンとは形状は異なるものの、当初からドフラミンゴはなかなかのデザインセンスを持っていたらしい。

でも、いくら天竜人であってもサングラスをかけてる人は少ない。もしかするとドフラミンゴは先天的な病でも抱えてるのかも知れない。かつて【ONE PIECE】Dの一族とは?という考察記事でも触れましたが、天竜人は元々は月の民である説も有力。そうするとドフラミンゴの目は太陽光に極端に弱い可能性もありそう。