【呪術廻戦考察】禪院直哉まとめ完全版!正体は直毘人の息子?年齢や強さは?術式は瞬間移動?かっこいいクズ?【ぜんいんなおや】

『呪術廻戦』で鍵を握る呪術師が「御三家」。

禪院家、五条家、加茂家の3つが名家。五条悟を輩出した五条家が呪術読者には有名だと思いますが、その五条家とかつて壮絶な戦いを繰り広げたのが禪院家(ぜんいんけ)。

4143fbd7eaca2225abb783611f69e1fb 500x356

(呪術廻戦138話 芥見下々/集英社)

この禪院家で今後の『呪術廻戦』で鍵を握りそうな新キャラクターが「禪院直哉(ぜんいん・なおや)」。

そこで今回ドル漫では禪院直哉がこれからどう『呪術廻戦』で立ち回っていくのかなど徹底的に考察してみました。

d-manga.net

禪院直哉は禪院直毘人の息子

まずは禪院直哉の情報をおさらい。

禪院直哉は禪院直毘人の息子。名前の読み方は「ぜんいん・なおや」。禪院直毘人は禪院家26代目当主でしたから、禪院直哉はいわゆる御三家の跡取り。禪院真希たちとはイトコの関係性にあたります。禪院家は京都府にあるので、禪院直哉の口調は露骨な関西弁。

その割に『呪術廻戦』では関西弁のキャラは少ないですが、父親の直毘人の年齢は71歳なのでそこから逆算すると禪院直哉の年齢は30代40代ぐらいと予想できそう。直毘人の兄・甚壱の息子にあたる伏黒甚爾(禪院甚爾)とあまり年齢差はないはず。

だから禪院直哉の見た目年齢は割と若い。

ちなみに禪院直哉の髪色は「金髪」とのこと。フルカラー版の禪院直哉は描かれていませんが、おそらく一級術師の七海建人と似たような髪色か。

d-manga.net

禪院直哉の強さは特級術師並?

禪院直哉の階級は特別1級術師にあたります。特別とは付いてるものの、あくまで1級術師。ただ禪院直毘人と同様、禪院甚壱と禪院扇といった兄弟も特別1級術師という位置付け。だから、御三家(上層部)の1級術師はもれなく特別という表現が付くのかも。

0da79862692d050359d8cbc7e5a865c6 406x430

(呪術廻戦138話 芥見下々/集英社)

一方、禪院直哉は父親・直毘人の兄弟よりも圧倒的に強そう。甚壱の攻撃を難なく避けるだけではなく、扇の攻撃にもまるで意に介さずといった表情。明らかに年上の甚壱に対しても「君付け」で呼ぶなど、禪院直哉の舐め腐った態度からも強さが読み取れる?

だから特別1級術師のランクや定義付けがいまいち不明ですが、後述する禪院直哉の強さを考えると「特級術師ではないものの1級術師ではかなり強いレベル」に該当しそう。

d-manga.net

禪院直哉の性格は傲岸不遜

そのため禪院直哉は禪院家の27代目当主の資格を有します。

相貌はNARUTOの雷影そっくりだった禪院直毘人は、渋谷事変で特級呪霊の漏瑚の攻撃を受けて最終的に命を落とす。漏瑚は五条悟や両面宿儺との対戦が多いため噛ませ犬感が強いキャラクターでしたが、やはり1級術師ごときでは勝てない強敵でした。

渋谷事変直前に、禪院直毘人は27代目当主は息子・直哉を指名する遺言を残していたんですが、禪院直哉の口振りから考えると幼い頃から「次期当主は自分しかいないと確信していた様子」でした。だから、禪院直哉の性格は傲岸不遜。

94efda0f02eb272798c78584da5b42d0 500x373

(呪術廻戦142話 芥見下々/集英社)

例えば、脹相との戦いでは「弟よりデキの悪い兄なんか居る意味ないやろ。首括って死んだらええねん」と痛烈に批判。ここでいう弟とは父親の禪院直毘人、兄は禪院甚壱のこと。それだけ直毘人が禪院家で強かった裏返しだと思いますが、それ故に禪院直哉は他の兄弟を心底見下していた。

d-manga.net

禪院直哉は弱者が嫌い

33514b6f8263ca3a8796dd15cfbc3fe6 500x405

(呪術廻戦138話 芥見下々/集英社)

例えば、女性に対する価値観も「男の三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだらええ」と昔気質にも程がある。ここまでフェミニストにゴリゴリにケンカを売れるのは、世界で禪院直哉と加藤純一だけ。おそらく時代に配慮してこれでも抑えめの表現にしてそう。

とにかく禪院直哉は「自分より弱い対象」が嫌いっぽい。アンチフェミニズムとも言える発言も、禪院直哉は「女性は弱い生き物」と本気で考えているからに違いない。男を尊敬しない女性はこの世に存在する価値がないということ。『鬼滅の刃』の猗窩座とは真逆。

653e6a2e0f4006e9a2391caffdba8e6b 500x297

(呪術廻戦143話 芥見下々/集英社)

それ故に禪院直哉は「見下されること」が嫌い。圧倒的に強い乙骨優太相手であっても、禪院直哉は不甲斐ない姿に同情されて屈辱感を感じている様子。禪院直哉はそれなりに強いだけ合って、自分が弱者であることは強く拒絶する。まさに「プライドの塊」。

一方、禪院姉妹に対する発言なども聞いてると、少なくとも禪院直哉は女好きでもあるっぽい。禪院直哉はいわゆるチャラ男系キャラとも言えそうですが、イケメン風の見た目も相まって意外と女性人気が高いとか。

d-manga.net

禪院直哉は許さない

ただし、禪院直哉の目論見は少し外れます。

何故なら禪院直毘人の遺言には「五条悟が死亡または意思能力を喪失した場合、伏黒甚爾との誓約を履行し、伏黒恵を禪院家次期当主とす」と書かれていたから。五条悟は特級呪物の獄門彊に囚われの身。五条悟の意思伝達の機会が奪われた状態。

つまり現状だと禪院家の次期当主は伏黒恵になり、禪院直哉は禪院家27代目当主にはなりえない。

9ef33bd150347f1384cd86b490ce380e 307x430

(呪術廻戦138話 芥見下々/集英社)

これを聞いた瞬間の禪院直哉の表情がこれ。永年の悲願が打ち砕かれただけに、まさに殺意全開の表情に草不可避。一方、禪院直哉はこれまで周囲に悪態をつき続けたせいで、伏黒恵が次期当主に選ばれたとしても反対する者はいない。

ちなみに、伏黒恵の父親・伏黒甚爾の本名は「禪院甚爾」。前述のように禪院甚壱の息子。結婚を機に苗字が伏黒に変わっただけで、禪院直哉とは血の繋がりがあります。伏黒恵は数年前に禪院家に入る予定だったんですが、五条悟がそれを帳消しにしてくれてた。

d-manga.net

伏黒恵を狙う禪院直哉

まさに味方ゼロ状態の禪院直哉。

fede65afaf4c18c51240cfd34f2c7ea7 481x430

(呪術廻戦138話 芥見下々/集英社)

そこで「伏黒恵の殺害」を目論む。

渋谷事変以降の東京は混乱の渦。呪霊はそこかしこで跋扈してる。「今の東京は魔界や。人がいつどう死んでも関係あらへん」と禪院直哉にとっても、今の状況は好都合ということ。伏黒恵は両面宿儺も狙っており、禪院直哉との衝突も不可避か。

そして、『呪術廻戦』では死滅回游(しめつかいゆう)と呼ばれるデスゲームが現在始動してる。ここに禪院直哉も死滅回游に絡んでくるはずですが、立場的にはイレギュラーな動きをしそう。これまでの言動から考えると、禪院直哉は下手すると夏油傑と手を組む可能性もあるか(笑)

d-manga.net

禪院直哉の術式は投射呪法?

続いては禪院直哉の強さを考察。

c2baf80bf7b483040b7ef2e81e865a34 438x430

(呪術廻戦141話 芥見下々/集英社)

禪院直哉の術式は「投射呪法(とうしゃじゅほう)」

投射呪法は触れた敵を二次元状のフレームに閉じ込める能力。つまり、父親の禪院直毘人と同じ術式を継承している模様。禪院家の一子相伝は伏黒恵の「十種影法術」でしたが、投射呪法もそれに近い術式なのかも。事実、禪院甚壱などは使えてないっぽい。

8030fbd5fb1e7a801e65c838770ca2a7 406x430

(呪術廻戦139話 芥見下々/集英社)

また投射呪法は予め決められた動きをトレースするため、禪院直哉は虎杖や脹相から挟み撃ちされそうになった際でも「瞬間移動」のように避けることも。その後も虎杖悠仁の顎めがけて的確に殴打し、脹相の攻撃も軽くいなすなど、状況判断、動体視力どれを取ってもハイスペック。

d7931a4b45b3d2fd175d9b8088ecf12e 405x430

(呪術廻戦141話 芥見下々/集英社)

術式の開示なしでも脹相を圧倒するなど、禪院直哉の実力は想像以上に強い。父親・直毘人も特級呪霊・陀艮に速さで圧倒してましたから、禪院直哉も以下同文。むしろ小生意気な性格は強さの裏返しだと思うので、禪院直哉は直毘人の上位互換に違いない。

禪院直哉は「呪具を使うのは悪」という思想の持ち主だけあって、肉弾戦が得意。

d-manga.net

禪院直哉は「脹相の兄弟愛」に敗北

ただし結論からネタバレしてしまうと、禪院直哉は結果的に脹相(ちょうそう)に敗北します。脹相は呪胎九相図と呼ばれる人間と呪霊のハーフ。

当初禪院直哉は投射呪法のトレース技法を使って、脹相を肉弾戦で圧倒する。また脹相が使う術式(赤血操術)は同じく御三家の加茂家の一子相伝技。赤血操術の弱点を知り尽くしている禪院直哉は、脹相を手玉に取るようにしばき倒す。

でも禪院直哉は脹相を「普通の呪術師」と勘違いしていた。確かに両面宿儺を受肉した虎杖悠仁もパット見は普通の人間にしか見えない。脹相が自身の呪力を大量の血液に変換し、禪院直哉を飲み込もうとする。「何でこの出血量で生きてんねん」と気取られて逃亡を図るものの…。

7344caf6db2b6c4159aa956f975c8a89 473x430

(呪術廻戦142話 芥見下々/集英社)

禪院直哉は服に脹相の血を浴びてしまう。その血を固着化させた脹相によって、禪院直哉の動きは大幅に制限される。確かに書生の袴のような服装はカッコいいですが、敵に掴まれたりすると厄介かも。ただ今後袴を使った絞め技とか繰り出すかも。

1dde045efdb5ad9d98c21b59b1eb7763 498x430

(呪術廻戦142話 芥見下々/集英社)

そして、禪院直哉は脹相の「超新星」を最後に被弾してしまう。実はこれは完全に脹相のオリジナル技。禪院直哉は「加茂家の術式と知った気になっていた」ため、その思い込みを突かれたカタチ。まさに兄弟嫌悪が兄弟LOVEに負けたシーン

禪院直哉は脹相の血の毒を浴びるんですが、どうやら乙骨優太の反転術式で回復してるっぽい。ここまでコケにされた以上、禪院直哉は良くも悪くも反省して「死滅回游」で暴れてくれるに違いない。まだまだフルボッコされる禪院直哉を楽しめそうです(笑)

コメント

  1. イー より:

    禪院甚壱は名前的にも外見年齢的にも禪院甚爾の兄貴辺りじゃないか?

  2. 匿名 より:

    とりま直哉泣かしたい()

  3. 確かになるほど。
    名前的に伏黒甚爾との関係を推認できそうですね。
    甚壱の壱も長男の「いち」だったとしたら、
    「甚爾」の「じ」も次男の「じ」と考えたら合点がいきそう。

    一級術師の考察記事を作る際の参考にします。

  4. 乙骨くん相手にもうまく立ち回ってるんで
    やっぱり泣かせるのは両面宿儺だけ?

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました