【呪術廻戦考察】死滅回游の「ヤバすぎるルール」まとめ!モデルや由来は?【英訳まとめ】【死滅回遊】【しめつかいゆう】

『呪術廻戦』のコミックス累計発行部数は2021年中には6000万7000万部を超えそう。

ただ数年以内に『呪術廻戦』は数年以内に完結すると言われてます。事実、既にどうやらシリーズ終盤に差し掛かっている様子。

35a380195bf2b6f2f0b18022b063696b 500x373

(呪術廻戦143話 芥見下々/集英社)

そこで鍵を握るのが「死滅回游(しめつかいゆう)」。これは偽夏油傑が始めたコロシアイの死のゲーム。どうやら死滅回游には伏黒恵の義姉・津美紀も半強制的に参加させられる模様。また秤金次(はかりきんじ)などもいよいよ登場しそう。

そこで今回ドル漫では「死滅回游(しめつかいゆう)」について徹底的に考察しようと思います。

d-manga.net

死滅回游は羂索が始めたデスゲーム

この死滅回遊は『呪術廻戦』最終シリーズとなるはず。

そこで『呪術廻戦』の展開をおさらいしておくと、偽夏油こと羂索(けんじゃく)が渋谷事変前に全国各地に呪物を取り込ませた人間を大量に用意していた。その後、真人の能力を得た羂索が「無為転変」を遠隔で発動させて半強制的に呪術が使えるように覚醒させる。

304bc47d182c7d4822cd0d8fa47430b7 500x397

(呪術廻戦143話 芥見下々/集英社)

そして、羂索は呪術が使えるように覚醒した術師を「泳者(プレイヤー)」と称してお互いが死ぬまで争わせようと動く。これが「死滅回游」という死のゲーム。いわゆる蠱毒に近いルール性を感じさせますが、死滅回遊は死亡した泳者を「彼岸へ渡す儀式」として用いられる。

d-manga.net

死滅回遊の目的とは?

一方、羂索が死滅回遊を始めた目的は一体何なのか?

87a2378af9d719c0fd08cae96c8061d1 500x364

(呪術廻戦136話 芥見下々/集英社)

偽夏油こと羂索はかつて「私から生まれるモノは私の可能性の域を出ない。答えはいつだって混沌の中で黒く輝いているのだ」と語っていました。死滅回遊で生き残ったモノがとんでもない特級術師や特級呪霊が生まれることを期待してるのか?

15dab3a8697a54baadc3ea4d46287f80 500x362

(呪術廻戦145話 芥見下々/集英社)

死滅回遊の目的は「天元と人類の一体化」にあります。天元は進化した状態にあり、既に完全な人間ではなくなってる。そのため天元の体質は呪霊に近い。そこで羂索は天元を取り込んで、半強制的に人類と同化させようと目論む。その前段階こそが死滅回遊。

死滅回遊で死亡した泳者(プレイヤー)を徐々に天元に取り込ませることで、徐々に人間との同化を慣れさせていこうとしてる。だから死滅回遊では天元様も今後重要な鍵を握っていきます。五条悟が復活したとしても、天元はいずれ羂索に取り込まれることでしょう。

d-manga.net

死滅回遊のルール完全まとめ

続いては死滅回游の「ヤバすぎるルール」をかいつまんで解説します。

304bc47d182c7d4822cd0d8fa47430b7 500x397

(呪術廻戦143話 芥見下々/集英社)

死滅回遊が始まると、プレイヤー(泳者)は19日以内に「任意の結界内」で死滅回游に参加する義務を強いられる。もし死滅回遊に参加しなかったプレイヤー(泳者)は術式が剥奪させられる。ここは素直に「死」と解釈していいとのこと。

また任意の結界に入った人間は非術師であっても、問答無用でプレイヤー(泳者)と見なされる。いわば完全な被害者ですが、逆に言えば、基本的に参加してるプレイヤーは羂索に覚醒させられた人間と考えて良さそう。

あくまで呪術師や非術師の人間を対象としているため、特級呪霊のような呪霊は死滅回遊のプレイヤーにはなれないはず。ただ羂索の無為転変で呪術師を無理やり覚醒させた事実を考えると、死滅回遊は結界内に入ると強制的に魂を縛るとしたら両面宿儺は?

d-manga.net

○死滅回遊のルールはポイント制

死滅回游のルールは「ポイント制」。バトル漫画では王道展開ですが、羂索(偽夏油)の目的が【崇高】なだけにどこか中二病的な安っぽさやチープさも正直感じさせるのが本音。でも、これは「縛りの一種」と考えると良いのかなと思います。

死滅回遊ではプレイヤー(泳者)の生命を断つことでポイントが加算されるんですが、術師であれば5点非術師であれば1点が加算される仕組み。ポイント取得後も19日以内に新たにポイントを取得しない限り、やはり死亡してしまう。

つまり、『死滅回遊』は永続的に強制参加を強いられるため、まさに全員が死滅するまで殺し合いのデスゲーム。THE理不尽。そのためゲームマスター(管理者)は羂索(偽夏油)とは別人が担当している模様。逆に言うと、羂索を倒しても死滅回遊は止まらない。

○死滅回遊を回避する方法とは?

そして、100ポイントを消費することでゲームマスター(管理者)に「新たなルールの追加」を要求できる。術師であれば20人、非術師の民間人であれば100人殺す必要があるんですが、死滅回游を攻略する上で「新たなルールの追加」こそが鍵を握る。

そこで死滅回遊のルールに「ゲームを抜けられる条件」を新たに追加しようと虎杖悠仁や乙骨優太、伏黒恵が動く。羂索は相当の縛りを作ってるのか死滅回遊そのものは止められないようなんですが、部分的に回避しようというのが大きなストーリーの流れっぽいです。

術式は「剥奪」されるとしか書かれてない点がおそらくポイント。

既に五条悟を獄門彊から救い出すため術式を消滅させる呪術師(天使)が登場してる。あくまで術式のみを剥奪すれば問題ない(死なない)はず。つまり死亡 or 死滅回遊で敗北する前に、羂索に刻み込まれた術式を強制解除することができるのではないか?

つまり、伏黒恵が狙ってるのはそこ?

死滅回遊の実質的なゲームマスターは羂索?

続いてはゲームマスター(管理者)の正体を考察。

474eb260bd75b36caa875561c3914d33 474x430

(呪術廻戦145話 芥見下々/集英社)

死滅回遊のゲームマスターは「コガネ」と呼ばれる式神でした。

ただし天元によると、コガネは「窓口」という位置付け。だから、あくまで死滅回遊のルールを支配してるのは「死滅回遊を生み出した羂索が作ったプログラム」ということ。そのため実質的なゲームマスターは羂索とは言えそう。

個人的には羂索以外の術師かと思ったんですが、『HUNTERxHUNTER』でレイザーと死のドッジボールで対戦した際、そのレフリー役を務めていた【レイザー作の念獣】のようなものと考えると分かりやすそう。コガネは「羂索が意図的に作った第三者的な存在」といった感じか。

それでも死滅回遊を強力に推進する上で、これらのルールが羂索に極端に有利になることはないんだそう。そのため「死滅回遊のゲームマスターは誰か?」という部分を深く考察する意味はなさそう。

d-manga.net

【モデル】生物学における死滅回游とは?

一方、生物学でも「死滅回遊」という言葉が現実に存在する模様。

例えば、「回遊魚」という言葉がありますが、これは広大な海域を一定の周期で大規模な移動を繰り返す魚のことを指します。死滅回游の「回游」とは漢字は異なりますが、意味的には「回遊」と同じ。洄游とも書くそうですが、やはり意味は同じ。

天元曰く、死滅回遊は「彼岸に渡す儀式」と表現してるので、回遊は「輪廻転生」を暗に表現してるのかも。

そして、生物学上の死滅回遊を解説すると「回遊性を持たない動物が海流などに乗って、本来の生息域ではない場所に移動させられる状態」を指します。回遊性を持たない動物は元の生息域に戻る能力がないため、多くは死滅してしまう。

それ故に「回游して死滅する or 死滅するための回遊」と呼ばれる。そのため死滅回遊をグーグル翻訳で直接英訳すると「Death and death」。何とも物々しい表現ですが、これは言い得て妙。生き物として繁殖できなくなる現象から「無効分散」とも言われます。

コメント

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました