【漫画家】石田スイの顔は平子丈似だった?性別は女性?生年月日は年齢は?そとなみの意味とは?【東京喰種】

スポンサーリンク

今現在ヤングジャンプで連載中の人気バトル漫画といえば『東京喰種(トーキョーグール)』シリーズ。主人公・金木研という青年が、喰種(グール)と呼ばれる不死身の得体の知れない化物の組織を移植されて半グール化してしまう。そして人間と化物との狭間でもがき苦しみながらも、東京を舞台に「平和」のために戦う。

この『東京喰種』の作者が石田スイ。作中では小難しいキャラクター名がたくさん登場するものの、作者の名前は至って平凡。敢えてのギャップ感の演出か。ただ中性的な作者名なので性別が分かりづらいです。

そこで今回は漫画家・石田スイの作者情報を判明してるレベルでまとめたいと思います。石田スイの顔写真は?石田スイの生年月日は?

スポンサーリンク

石田スイの生年月日・性別・出身地まとめ

まずは石田スイの年齢。具体的には「石田スイの生年月日」を確認したいと思います。

残念ながら、石田スイの生年月日に関する公式発表はありません。ただインターネット上のウワサに寄ると、石田スイが2010年にヤングジャンプが開催してる漫画新人賞「MANGAグランプリ」に応募した際に、その作品が準優秀賞を獲得したそう。その時に掲載されていた作者情報が「石田スイ 男性 24歳」だったらしい。

自分は確認できていないので眉唾の域は出ていないものの、この情報が事実だと仮定すると石田スイの「生年月日は1986年前後」と推察されます。そのため2017年時点での石田スイの年齢は31歳前後ぐらいかなーと思います。

つまり石田スイは年齢的にサッカー日本代表・本多圭佑や松浦亜弥と同世代。きっと石田スイも桃の天然水をがぶ飲みしていたに違いない。そして私ドルジ露瓶尊とほぼ同世代。こんなもん絶対比べるもんじゃないですね。才能と社会的の地位の落差に打ちのめされそうです。

だからヤングジャンプに掲載された漫画新人賞の作者情報を信じる限りは、石田スイの性別も男性ということになります。だから割りと中年に差し掛かったオッサンと表現して良さそうです。

そして石田スイの出身地は福岡県。現在も福岡県で漫画を描いているらしく、石田スイのTwitter(@sotonami)でも「Japan Fukuoka」と表記されています。さすが修羅の国・フクオカの出身だけあって、激しいバトルシーンが満載の『東京喰種』でしっかり活かされているようです。

「そとなみ」とは何ぞや?

そこで、ついでに気になるのが「そとなみ(sotonami)」というワード。Twitterのアカウント名に使われている意味不明の言葉。

結論から書いちゃうと、石田スイが「そとなみ」とはヤングジャンプにマンガを掲載する以前に使っていたペンネームみたいなものらしい。当時のファンはたまに「そとなみ先生」と呼ぶこともあるとか。意味は分かりませんが、「なかだし」的なノリでしょうか。

つまり石田スイも本名であるかは疑わしく、漫画を応募したときから「石田スイ」というペンネームを使っていたと思われます。「そとなみ」と同様に、あまり意味はなさそう。

スポンサーリンク

石田スイの顔は平子丈に似てる?

続いては石田スイの顔。意外と漫画家さんの顔に興味がある人も世の中には多いようですが、そういった需要とは相反して漫画家が自身の顔写真を公開することは稀。この間、『鋼の錬金術師』の荒川弘がモザイク付きでテレビ番組に出ていましたが、意外と美人そうな出で立ちで興奮しました。

(東京喰種:re6巻 集英社)

ただ『東京グール:re』6巻のあとがきにおいて、作者・石田スイは自らの似顔絵を公開してる。それが画像の場面。髪型は短髪。そのため性別は男性ということは間違いなさそう。顔の造形がシンプル。

(東京喰種:re6巻 集英社)

コチラのシーンは合原(ごうばる)という巨漢のアシスタントにとどめを刺そうとしてる場面。やはり石田スイの顔立ちは至ってシンプル。さながら「笑い男」を彷彿とさせます。

(東京喰種:re8巻 集英社)

だから顔写真などは一切公開されていないはずですが、個人的には石田スイの顔・ルックスは『東京グール』に登場する平子丈(ひらこたけ)が頭がよぎりました。パット見にインスピレーションって意外と当たるよね?

もちろん敢えて自身の似顔絵を没個性的に仕上げてる可能性もありますが、現状としては「石田スイの顔≒平子丈」と思って良さそう。

スポンサーリンク

石田スイの性格は意外とドSだが、戦闘能力は低そう

ここからは若干余談ですが、石田スイの戦闘能力の高さが気になります。有馬貴将のパートナーだった平子丈の顔が似ているとすると、石田スイは相当強いに違いない。修羅の国で成功者として生き延びるたるや、北斗の拳のラオウのごとし。

(東京喰種:re6巻 集英社)

巨漢のアシスタント・合原を笑顔で身体的に痛めつけるだけにとどまらず、タクシー内で合原が「先生すいません」とお詫びの言葉を述べたにも関わらず、「本当だよ」と追い打ちをかけるドSっぷりを発揮。まさに石田エス先生。もはや一歩間違うとパワーハラスメント。

(東京喰種:re6巻 集英社)

ただ石田スイはまさかのインラインスケートができない。脚力がなく、運動神経がない。さすが売れっ子漫画家さんやでぇ。つまり石田スイを倒したければ、何とかしてインラインスケートやアイススケートに誘って身動きが取れない状態にさせて、あとは…言わなくても分かるよな?

以上、漫画家・石田スイに関する作者情報まとめでした。生年月日や性別はほぼ確実のはず。顔写真も作者の似顔絵を信用するならほぼほぼ間違いないでしょう。ちなみにゴミみたいな漫画ブログやクソキュレーションは姑息に画像をパクらず、頑張って自分でコミックを買いましょう。