【呪術廻戦考察】秤金次まとめ完全版!停学の理由は?正体は敵?能力はギャンブル?【本名・はかりきんじ】

呪術廻戦』で最強の呪術師が「特級術師」と呼ばれるランクのキャラクターたち。五条悟、乙骨優太、夏油傑、九十九由紀のわずか4名しかいない。

ee410eb1b6e1e392a590101da8552a2d 500x425

(呪術廻戦2巻 芥見下々/集英社)

でも、この特級術師に最も近い男が「秤(はかり)」と呼ばれる謎の男。

そこで今回ドル漫では「秤(はかり)」のヤバい正体について徹底的に考察してみました。既に本名も判明済みだった?秤の術式や能力は一体何?果たして正体は敵なのか味方なのか?

d-manga.net

【本名】秤金次は呪術高専3年生

まずは秤の本名と現在判明してる略歴をおさらい。

秤の本名は「秤金次(はかり・きんじ)」とのこと。秤の見た目は無精髭とパーマヘアー。さながらラッパー。

呪術廻戦公式ファンブックによると、秤の性格はギャンブラー。だから金次という名前は、素直に「お金」にまつわる名と推察できそう。「次」という漢字から次男坊で、家族には兄がいるのかも。

一方、秤の現在は都立呪術高専の3年生になります。都立呪術高専に秤と同学年の3年生はもう一人いるっぽいですが、京都校には1級術師の東堂葵や加茂憲紀などがいます。

秤の現在の階級は不明ですが、特級術師に含まれていないことから東堂葵などと同様に1級術師と推察できそう。

d-manga.net

秤の強さは特級術師並?

続いては「秤金次の強さ」を考察。

b6c133bab3eb19fc9a9a241a0b320ee9 408x430

(呪術廻戦2巻 芥見下々/集英社)

秤金次の強さは「乙骨優太並」とされます。

特級術師の中に秤の名前はないので、おそらく階級は1級術師と想像できますが、五条悟が「いずれ僕に並ぶ術師」と乙骨優太と共に名前を出してる以上、秤の潜在的な強さは特級術師並と考えるのが自然。だから東堂葵たちよりは圧倒的に強そう。

それ故に期待感は高まるものの、秤は五条悟の話にチラッと登場しただけで、未だに『呪術廻戦』内では本格的に登場したことがありません。乙骨優太と並べて語られているぐらいですから、秤金次が重要キャラであることは確定的。

それにも関わらず何故?

d-manga.net

秤が停学してる理由は?

続いては「秤金次の現在」を考察。

秤の現在は「停学中」とのこと。つまり、呪術高専に通ってはいけない状態に置かれてる。あくまで呪術高専のお偉い先生が決めた判断に過ぎず、実際にはどこかでほっつき歩いてる可能性は考えられますが、秤は未だに登場機会はありません。

一方、秤が停学になった理由は何なのか?

秤金次が停学になった理由は「夏油傑が引き起こした百鬼夜行に出向した際、守旧派のお爺ちゃんたちと揉めてボコった」ことが原因だそう。だからギャンブラーの割に意外と正義感が強そうですが、秤の立ち位置的には「五条悟に近い」と考えられます。

そのため秤の正体は敵だったという可能性は低そう。少なくとも、秤は呪術界の言いなりになる人物ではない。何となく伏黒甚爾と同じ匂いがします。

ただし、秤は停学になった過去はこれ一度きり。留年などはしていないため、秤の年齢は素直に18歳ぐらいと予想できます。

d-manga.net

秤の術式や能力はギャンブル?天秤?

続いては「秤金次の術式や能力」を考察。コンプライアンス的にアウツという評判ですが、まだ秤は一言もセリフを発していないことからも能力は当然不明です。でもこれまでの『呪術廻戦』を見るとキャラクターと能力に類似性がある。

前述の通り秤金次の性格はギャンブラーとされるため、術式も「ギャンブルが関係してくる能力」などが予想できそう。作者・芥見下々は『HUNTERxHUNTER』といった王道バトル漫画が大好き。他作品の要素を呪術作中に取り込んでる。

そのため『HUNTERxHUNTER』で「ギャンブル」に関連する念能力と言えば、カイト(クレイジースロット)。カイトはルーレットの数字の出目の違いで「使用できる武器」が都度異なりました。ランダム性を取り入れることで制約を強化させた。

それと同じように、秤金次の術式も「ギャンブル」を大きな縛りに使ってる可能性も。どのような技が発動できるか分からないことで、威力の飛躍的な向上が期待できそう。ギャンブルであればコンプラに違反するという発言と符合します。

d-manga.net

○天秤で二者択一を迫る?

でも呪術師としての「縛り」を更に強める方法がありそう。

5cae564c68d4f74e557c404cadb41dac 500x392

それが「天秤(てんびん)」。秤という苗字からも分かるように、術式も「秤」を使用する可能性は十分考えられます。事実、釘崎であれば武器はクギ。伏黒恵であれば武器は影でした。秤が能力に関係してないわけがない。

天秤は質量を測る際に使われる道具ですが、「二者択一」を相手に強制的に求めることができたとしたら?その二者とは「生か死か」という究極の選択であれば、確かに秤金次は特級術師の実力を誇りそう。自らも死ぬ可能性も含めることで、制約は他の呪術師より格段に上がりそう。

まさにギャンブラーならではの術式か。

また天秤は弁護士バッジにも使用されますが、「裁き」のシンボルとしても有名。だから秤の術式は誰かの命と強制的に引換えに、自らの術式の威力を脅威的に高めることも可能なのか?この天秤が特級呪具の一つと仮定すれば色んな考察ができそう。

秤金次の強さは乙骨以上だった?

続いては秤金次の強さを考察。

55d8ac7e02486816192331ae3be9a62f 500x418

(呪術廻戦145話 芥見下々/集英社)

秤金次の強さは「ノッてる時は僕より強いよ」とは乙骨優太の評価。これは禪院真希が即座に否定してるものの、乙骨優太は戦闘に関しては冗談でもお世辞は言わない気がするので、秤の強さは特級術師クラスであることは間違いないはず。

あくまで「ノッてる時」ではありますが、これは秤金次の術式に関連してくるものと考えられます。秤金次のメンタルも不安定ではあるんでしょうが、それだけで乙骨優太に匹敵する強さを発揮できるとは思えない。やはり秤の術式はランダム性の強いものなのか?

少なくとも死滅回遊(しめつかいゆう)で秤金次がいよいよ登場しそう。乙骨とタッグを組んで秤がきっと活躍する場面もありそう。

コメント

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました