【名探偵コナン】毛利小五郎のカッコいい名言7選まとめ【名場面】

スポンサーリンク

少年サンデーの人気おすすめ推理マンガを尋ねたら、おそらく十中八九の人が『名探偵コナン』と答えるはず。それぐらい20年以上も連載が続く長編推理漫画。

この『名探偵コナン』の名物キャラクターが毛利小五郎。毛利小五郎に関する詳しい考察記事は、【名探偵コナン】毛利小五郎という三枚目イケメンまとめを参照。毛利小五郎の笑える数々の失態など、いかにポンコツキャラなのかをまとめてるので興味があれば後でご覧ください。

そこで今回は逆に毛利小五郎の名言・名シーンをまとめてみたいと思います。普段はポンコツだからこそ、毛利小五郎の名場面がかっこよく輝く。ちなみに先程の毛利小五郎のまとめ記事が長文になりすぎたので単に分離しただけ、というのは内緒。

名言「殺人者の気持ちなんて分かりたくねーよ」

(名探偵コナン9巻)

まず最初の名言は、毛利小五郎がかつての柔道部員たちと集まった大学の同窓会。そこで刑事の同級生が痴情のもつれから犯行をおかす。犯人が「お前に何が分かる!?」と詰め寄るものの、毛利小五郎が「どんな理由があろうと殺人者の気持ちなんて分かりたくねーよ」と一本背負いで応酬。

そして倒れ込んだ犯人が「相変わらず腕は落ちてないよーだな」と観念すると、毛利小五郎は「バーカお前が弱くなっただけだよ…心も体もな…」と寂しそうな目で犯人を見下ろす。級友が犯人だったという衝撃的な展開だったものの、毛利小五郎はつとめて冷静に対処。

ただ小五郎の表情からは怒りと悲しみが入り混じった、何とも切ない男のダンディズムが漂ってくる名場面・名シーン。また探偵として、元刑事として、いや人としての毛利小五郎の人間味あふれる正義感も垣間見える名言だったと思います。

名言「指輪?コイツのことか?」

(名探偵コナン17巻)

続いての名場面は毛利小五郎がコナンたちを連れて海水浴に出かけた場面。そこには別居中の妃英理と偶然出くわす(厳密には裏で娘の蘭が画策してた)。このとき妃英理の頭の中では完全に離婚を考えていたため、ちょっとした一悶着ですら毛利小五郎と一触即発状態。

特に妃英理が怒ってたのは「自分が指輪をしてないこと」に毛利小五郎が気付かなかった点。お互いに別居してるからこそ気付いて欲しいのが女心。もう夫婦じゃなくてもいいの?って話。

ただ妃英理は毛利小五郎を試すため引っ掛けようとしたわけではなく、砂浜に指輪を落として失くしただけ。これは本筋の事件とは別に進んでいたサブストーリー。ポンコツの毛利小五郎が指輪の存在に気付いてる節はなく、読者の多くも気付いてないと思ってた。

でも最後の最後で妃絵理の指輪をポーンと渡す。しっかり毛利小五郎は最初に出会った場面で、妃英理が指輪を探してることに気付いてた。さも知らないふりをしていただけ。まさに「男は黙って…」という毛利小五郎のイケメンダンディズムが発揮され、再び妃英理は毛利小五郎にトキメクという名場面。

そして同時に何故そのダンディズムと考察力を普段から発揮しない!?と、誰もが毛利小五郎にツッコミを入れたであろう名シーン。