【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(東日本編)

スポンサーリンク

○埼玉県の情勢

埼玉1区は自民・村井英樹と希望・武正公一が接戦。元々は民主党時代から武正公一の鉄板区だったが、希望の失速が気がかり。希望・武正公一は立憲民主を筆頭に、野党票の取り込みをどこまで行えるかが課題。ただ終盤情勢では自民・村井がリードとの報道。

埼玉2区は自民・新藤義孝が優勢。前回の衆議院選挙では共産党しか出馬しなかったこともあって圧倒したものの、今回は地元に張り付くなど希望・菅克己の追い上げを食らっているとか。

今の希望の風のなさを考えると可能性は低いですが、新藤は民主候補に負けていた過去を持つため意外と本来はそこまで盤石ではなさそう。ただ終盤情勢を読むと、やはり自民・新藤が優勢のまま。

埼玉3区は自民・黄川田仁志が優勢。3区は元民主・細川律夫の地盤だったこともあり立憲民主・山川百合子が追い上げを狙うものの、維新・希望などの乱立に伴って勢いに欠ける。希望・山川はどこまで非自民票を集められるかがカギ。

埼玉4区は自民・穂坂泰が優勢。埼玉県知事・上田清司の支援を受ける元埼玉県議の希望・吉田芳朝はやや苦しい。前回の衆議院選挙は自民・豊田が8.8万票、民主・神風が6.2万票、共産が3.3万票。希望・吉田は保守色が強いこともあって、立憲民主票の取り込みが課題か。

ただし終盤情勢では自民・穂坂が組織を固めて、希望・吉田を突き放しにかかったとの報道。ちなみに「違うだろー」の豊田真由子は…。

埼玉5区は立憲民主・枝野が優位に展開。前回は自民・牧原に4000票差まで追い詰められたものの、今回の衆議院選挙では自民・牧原を大きく突き放す。立憲民主の追い風と、代表としてテレビに出演するなど自身の知名度アップがマイナス面をカバー。

埼玉6区は自民・中根一幸と希望・大島敦が今回も接戦を繰り広げる。大島は希望の失速が気がかりだが、勢いのある立憲民主票の取り込みが課題。終盤情勢でもデッドヒートを繰り広げる。

埼玉7区は自民・神山佐市と希望・小宮山泰子が今回も接戦。やはり立憲民主票の行方がカギ。終盤情勢では自民・神山が優勢に進め、希望・小宮山が必死に追い上げを図る。埼玉8区は自民・柴山昌彦が優勢。元民進の希望・小野塚勝俊は希望全体の失速が足を引っ張る。埼玉9区は自民・大塚拓が優勢。

埼玉10区は自民・山口泰明が優勢に戦いを進めるが、元民進の希望・坂本祐之輔が知名度を活かして必死に追う。ただ終盤情勢では希望・坂本がやや引き離される。

埼玉11区は保守分裂だが、無所属・小泉龍司が今回も安定した戦い。無所属・今野智博は自民支持層を固めきれていないなど苦しい戦い。希望・三角は勢いに欠ける。埼玉12区は自民・野中厚と元次世代の希望・森田俊和が接戦を展開。森田は立憲民主などの刺客がおらず、看板を希望に掛け替えたことも奏功。

埼玉13区は自民・土屋品子が優勢。埼玉14区は父親の地盤を引き継いだ自民・三ッ林裕巳が優勢。希望・鈴木義弘が懸命に追うが、やはり希望の失速に伴ってやや苦しい展開。埼玉15区は自民・田中良生が優勢だが、元民進の希望・高山智司が懸命に追う。

今回2017年の衆議院選挙ですが、やはり前回並みの結果に落ち着きそう。野党側に可能性があるのは、1区と4区と5区と6区と7区と12区の6議席ぐらい。ただ毎日新聞の中盤情勢では「13選挙区で自民が先行」と報じられるなど全体では野党側が不利。相変わらず、空気が読めない共産党が邪魔をする。

南関東ブロックの情勢予想

○千葉県の情勢

千葉1区は希望・田嶋要と自民・門山宏哲が接戦を展開。維新・長谷川豊は極めて厳しい戦い。ただ維新・長谷川や共産候補が野党票を削る結果、前回よりもデッドヒートが予想される。

ちなみに前回の衆議院選挙では民主・田嶋が8.4万票に対して、自民・門山は7.6万票と差はわずか。次世代・田沼が2.6万票を獲得していたことや希望の党の失速も考えると、余談は許さない。

そして毎日新聞の中盤情勢では自民・門山がリード、産経新聞の終盤情勢でも同様に自民・門山がリードしていると報道されるなど、これまでずっと勝ち続けていた希望・田嶋は苦戦を強いられている状況が続く。

千葉2区は自民・小林鷹之が優勢。希望や立憲民主の候補乱立に伴って、維新・藤巻健太は極めて厳しい戦い。千葉3区は自民・松野博一が優勢。元生活の立憲民主・岡島一正は、元民進の希望・櫛渕万里の立候補で野党票も分散して苦しい戦い。

千葉4区は無所属・野田佳彦が今回衆議院選挙でも安定した戦いで、自民・木村を突き放す。千葉5区は自民・薗浦健太郎が優勢。希望と立憲民主の候補は野党票が分散するため、やはり厳しい戦い。千葉6区は自民・渡辺博道、千葉7区は自民・齋藤健が優勢。立憲・希望・共産が乱立するなど、今回の衆議院選挙では更に漁夫の利を得る構図。

千葉8区は自民・桜田義孝と元民進の希望・太田和美が接戦を展開。前回の衆議院選挙では自民・桜田が9.8万票に対して、維新・太田は6.9万票。太田はドブ板戦略を続けるなど地道な活動を行うなど、希望支持層を固める。

しかし終盤情勢では自民・桜田が頭一つリードしているとの報道。党の失速と共産の自民アシストが響く。

千葉9区は自民・秋本真利と元民進の希望・奥野総一郎が横一線。前回の衆議院選挙では自民・秋本が8.5万票、民主・奥野が6.8万票、共産が2.0万票。今回も政権批判票が共産に奪われていることに変わりはなく、立憲民主など他の野党票の取り込みがカギを握る。終盤情勢でも接戦が続く。

千葉10区は自民・林幹雄、千葉11区は自民・森英介、千葉12区は自民・浜田靖一、千葉13区は自民・白須賀貴樹がそれぞれ優勢に戦いを進める。特に野党側の希望の候補者は共産の邪魔に加えて無理な国替えを強いられているケースが多く、知名度不足や組織固めができてないことが響く。

8区9区など前回の衆議院選挙よりも接戦区も増えたとは言えなくないですが、それでも今回の衆議院選挙でも前回同様に自民が大勝を収めるでしょう。安倍という共通の敵を作っておきながら、共産党が候補を退かないんだから本当にコイツラは…。