【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(西日本編)

つい先日2017年10月10日に公示がされ、10月22日に第48回衆議院議員選挙が行われます。国会議員定数が10ほど減らされて、改選議席数が465議席は戦後最小とのこと。そこで今回は2017年10月22日に投開票が行われる第48回の衆議院議員総選挙の情勢をまとめてみました。

ただし記事のボリュームが膨大になるため、今回は「西日本の選挙ブロック」に限定してるので悪しからず。今回の情勢記事では明らかな泡沫候補などについては基本的に割愛してるため、それぞれの選挙区の細かい候補者などについては新聞社のサイトでもチェックしてください。

中国ブロックの情勢予想

○鳥取選挙区

鳥取1区は自民・石破茂が安定した戦い。鳥取2区は自民・赤沢亮正が安定した戦い。元民進の希望・湯原俊二は比例復活を狙うためにも、保守層への切り崩しもカギを握る。終盤情勢でも変わらず。

○島根選挙区

島根1区は自民・細田博之が安定した戦い。細田と一騎打ちの構図に持ち込めたが、立憲民主・亀井亜紀子は厳しい戦い。島根2区は自民・竹下亘が安定した戦い。終盤情勢でも変わらず、まさに無風地帯。

○岡山選挙区

岡山1区は加計学園関係から献金をもらっていたものの、無役の王様の自民・逢沢一郎が今回も安定した戦い。立憲民主・高井は希望・蜂谷に野党票や政権批判票が分散されるため、更に苦しい展開。終盤情勢でも変わらず。

岡山2区は自民・山下貴司が先行するカタチだが、元民進の希望・津村啓介が激しく追う。前回の衆議院選挙では1万5000票差だったが、希望・津村は立憲民主や無党派など政権批判票の取り込みで挽回を図る。共産の自民アシストは痛いが、終盤情勢でも接戦を繰り広げるなど無党派への取り込みを急ぐ。

岡山3区は保守分裂。平沼赳夫の息子・平沼正二郎と、平沼赳夫と激しく争った阿部俊子が無所属で対決。自民の公認候補をかけた血みどろの戦い。希望・内山は両者の間隙を縫いたいが厳しい戦い。序盤情勢は平沼と阿部の横一線だったが、終盤情勢では無所属・阿部がややリードとの報道。

岡山4区は橋本龍太郎の地盤を引き継ぐ自民・橋本岳がやや優勢。希望・柚木道義は希望や維新支持層だけではなく、立憲民主支持層の浸透などを図り必死に追う。

前回の衆議院選挙では自民・橋本が9.1万票に対して、民主・柚木は7.5万票だった。希望の風が止まったことと共産の自民アシストによって、無党派層へ浸透を図るがやや苦しい展開。終盤情勢でも変わらず。

岡山5区は自民・加藤勝信が安定した戦い。希望・樽井はやや厳しく、終盤情勢では更にリードを広げられている。

岡山選挙区はそこそこ野党が勝負できそうな選挙区もありますが、共産の自民アシストで相変わらず盛り下がる傾向。どの面下げて「安倍政権打倒」を叫んでいるのか失笑しかこぼれません。

○広島選挙区

広島1区は自民・岸田文雄が安定した戦い。共産しか候補者がおらず無風区。広島2区は自民・平口洋が安定した戦い。希望・松本は連合などの支援も受け追いかけるものの、維新・灰岡は泡沫レベル。終盤情勢でも自民・平口がリードを維持。希望・松本は党の失速に伴って、無党派層での支持が伸び悩む。

広島3区は自民・河井克行がリード。元都議の塩村文夏が必死に追いかけるが、無所属のため活動に制限があるのが厳しい。終盤情勢でも変わらず。維新の出馬で野党票が分散されるのも足を引っ張る。

広島4区は自民・新谷正義が優勢。ちなみに元々は不倫王こと中川俊直の選挙区。弁護士の落合洋司は公認漏れで無理やり出馬するものの勢いはなし。希望や維新の候補も政権批判票を分散するだけで勢いはなし。広島5区は自民・寺田稔が優勢。終盤情勢でも同様。

広島6区は希望・佐藤公治と自民・小島敏文が横一線の戦い。佐藤公治は新進党→民主党→自由党と渡り歩いてきた元職。そのため元々は自由党から出馬を予定したものの、希望の党に直前で鞍替え。

序盤情勢では希望・佐藤は無党派、自民・小島は自民票を固めつつある。またこの6区は元々は亀井静香の選挙区であるため、どこまで亀井静香の票を取り込めるかがポイント。広島選挙区では唯一の見所。終盤情勢では公明支持層にも切り込む希望・佐藤がややリードとのこと。

広島7区は宮沢喜一の地盤を活かして自民・小林史明がリード。今回の衆議院選挙でも盤石。

2017年衆議院選挙の広島では6区が唯一の見どころかな。亀井静香の引退に伴って、自民に議席を奪還されないかが肝要。