【比較】アルト vs ミラ 歴代の累計販売台数で比べてみた【2017】

スポンサーリンク

スズキを代表する軽自動車といえばアルト。一方、ダイハツを代表する軽自動車といえばミラ。どちらも1980年前後から発売されている長寿車種・人気車種。最近ダイハツ新型ミライースがフルモデルチェンジしたということで、今回はアルトと新型ミライースを比較してみたいと思います。

ただし、この比較記事では「歴代モデルの累計販売台数のみ」での比較になりますのでご注意を。果たしてアルトとミラ、これまでの合計販売台数はどっちが上なのか。ちょっとした雑学風味の比較を御覧ください。

初代アルト vs 初代ミラの累計販売台数

まずは初代モデル。ミラは1980年6月に発売が開始し、アルトは1979年5月から発売が始まりました。どっちも次のフルモデルチェンジまでの期間はおよそ5年と同じ。

初代ミラの累計販売台数は95万2397台。一方、初代アルトの累計販売台数は84万4520台。初代ミラの販売台数が9万台近い差を付けて圧勝。

どちらも同時のカタログ燃費で26.0km/L、また車両価格も50万円を切る金額だったそうですが、後発の初代ミラが結果的にアルトに勝利。見栄えは初代ミラも初代アルトも大差がなく、何が勝因だったのかは不明。

2代目アルト vs 2代目ミラの累計販売台数

続いて二代目モデル。二代目ミラは1985年8月にフルモデルチェンジし、二代目アルトは1984年9月にフルモデルチェンジされました。

二代目ミラの累計販売台数は109万3333台。一方、二代目アルトの累計販売台数は92万9953台。またしても初代ミラの販売台数が上回っているだけではなく、更に差が17万台近く広がってしまいました。

実は当時のカタログ燃費では二代目アルトが31.2km/Lに対して、ミラは29.5km/L。スズキが燃費性能でミラに勝負を挑んだ感が見て取れますが、現在のアルトとミラの熾烈な燃費性能は1980年代からあったというのが面白い。

ちなみに二代目からアルトワークスが発売され、ミラにもターボモデルが設定された模様。