【感想】最近のワンパンマンがつまらない理由【マンガ考察】

スポンサーリンク

いずれおすすめヒーロー漫画ランキングも作りたいと思いますが、おそらく今の日本のマンガ業界でトップクラスのヒーロー漫画といえば『ワンパンマン』。原作者・ONEのコミカルなキャラ設定や展開に、作画・村田雄介の圧倒的な画力が加わることで唯一無二のヒーロー漫画が仕上がっています。

この『ワンパンマン』は既にアニメ化されており、外国人にも根強い支持があるマンガの一つ。tだ勝手にYouTubeなどで違法アップロードされたアニメ版ワンパンマンがメインであり、およそ客と呼べるかは微妙な所ですが。そのくせ出版社やマンガ編集者などはそういった外国人ファンの声を喜ぶフシがあるのがいつも不思議。

(ワンパンマン6巻)

それはさておき、自分も『ワンパンマン』は面白いヒーロー漫画だと思っています。ただ最近の『ワンパンマン』はあまり面白くない気がする。そこで今回は「ワンパンマンがつまらない理由」を簡単に考察してみました。特に悪意はないので悪しからず。

つまらない理由はガロウを引っ張りすぎ

ワンパンマンがつまらない理由を結論から書いてしまうと、たった一つ。

(ワンパンマン8巻)

それが「ガロウ」という敵キャラの存在を引っ張りすぎなこと。

ガロウはS級ヒーローのバングの元で修行していた男。圧倒的な天賦の才を持ち、とにかく強い。そして幼い頃からヒーローを憎んでいたため、気持ちは怪人側のあくまで人間。このガロウがヒーロー狩りを始めて、次々とヒーローがガロウに倒されていく。逆に言うと、『ワンパンマン』の現在のストーリーの軸はいかにこのガロウを倒すのかという部分に絞られてる。

ただ一向にガロウを倒す話が進行しない。ガロウが登場したのが『ワンパンマン』8巻だったと思うんですが、現時点の最新刊14巻に至るまでノラリクラリ。現状のストーリーをほんの少しだけネタバレしておくと、主人公・サイタマとガロウはろくに接触すらしてない状態。

ガロウの出没前には、『ワンパンマン』の最強の敵・ボロスがいた。主人公・サイタマとボロスの一戦はまさに壮絶。【ワンパンマン】ボロスvsサイタマもいずれ記事化したいと思いますが、お口直しというか読者のテンションを一度フラットな状態にするために、つまらない平穏な展開を描くという理由も分からなくはない。

でも6巻分も消費して何も起きない(実際には怪人協会の侵略などはある)のでは、さすがに飽きるしつまらない。ここまでガロウを引っ張る以上、将来的にはサイタマと戦わせたいと推察されます。もちろんサイタマが勝つ以外の展開は存在しない。