【ワンパンマン】ブラスト 衝撃の正体と強さ 徹底考察まとめ

先日、「ワンパンマンが面白い理由」を徹底的に考察しました。主人公・サイタマが圧倒的な強さを誇るヒーロー漫画。敵の怪人をことごとくワンパンで倒し、誰も勝てるものがいないほど強いという無茶苦茶な漫画。

ただ『ワンパンマン』にはサイタマ以外にも最強キャラクターが存在します。その名も「ブラスト」。未だに一切姿を現したことがなく、「ワンパンマン』の中でもとりわけ素性も正体も不明の謎すぎるヒーロー。

そこで今回ドル漫では「ブラストの正体と強さ」を徹底的に考察してみました。今後ブラストが『ワンパンマン』に登場するのかも含めて、今回の考察記事をテキトーに楽しんでください。

【解説まとめ】ブラストの正体とは?

まずは現在判明してるブラストの正体から解説。

ブラストはS級ヒーローランキング1位のヒーロー。S級2位のタツマキですら全く歯が立たないほど圧倒的に強いらしい。『ワンパンマン』の中では別格も別格扱いされてる最強ヒーロー。

ただし、ブラストの情報は完全に非公開。見た目もシルエットのみで、ブラストの御尊顔は描写されず。そのため詳しいルックスや体格などは不明で謎に包まれており、同じS級ヒーローでもブラストの正体を知るものは皆無に等しい。

○ブラスト≒サイタマ説は間違い

それでもブラストの見た目はどうやら「普通の成人男性」であることは確定的らしく、ヒーロー活動をしている最中の服装も、スーパーマンや主人公・サイタマと同じようにマントを着用しているっぽい。

また普段ブラストはサラリーマンとして働いており、主人公・サイタマと同様に「趣味」でヒーロー活動を行っているとか。性格も束縛や命令を嫌い、助けたい時に助ける究極的唯我独尊ヒーローがブラスト。

そのためブラストとサイタマに類似点や共通点は多く、更にブラストの正体がひた隠しにされている点から「ブラスト≒サイタマ説」を考察する人も少なくありません。要するに、サイタマが仮の姿でC級ヒーローとかやってんじゃねーか?ってこと。

ただし残念ながら、「ブラスト≒サイタマ説」はほぼ間違いと断言してもいいはず。何故ならブラストは後述するムカデ長老と交戦しており、仮にブラスト≒サイタマ説が事実ならそもそもムカデ長老は登場してないから。

【考察】ブラストの強さはサイタマ並?

で、さっそく本題。ブラストはどこまで強いのか?果たして本当に強いのか?

結論から書くと、やっぱりブラストはマジもんに強いはず。

実際、ブラストは一般的な人間サイズであるにも関わらず、災害レベル竜のムカデ長老を追い詰めた事実は重い。一方、このムカデ長老の防御力の硬さと再生能力の早さに、S級3位のバングやジェノスが大苦戦で一切歯が立ちませんでした。

ジェノスは自爆を覚悟で戦いに挑むものの為す術なし。バングも兄と共に旋風流水豪気空列拳をお見舞いするのものの、ムカデ長老の外殻を壊したのみでかすり傷すら与えられず。だからブラストもサイタマに匹敵する攻撃力の高さを誇ることは間違いない。

例えば、Blast(爆風 or 爆破)という言葉から予想すると、ブラストは敵を殴るたびに拳が爆発する能力を持ち合わせるのかも。一発一発のパンチが核弾頭ミサイル並であれば、ムカデ長老の無敵防御も難なく破壊できそう。

ブラストは、あくまで普段はサラリーマン。そのためブラストは飛び道具などの能力を持っている可能性は低いと考えられるので、サイタマやスーパーマンのようにシンプルな肉弾戦を好むタイプなのかも。

ただブラストは最終的にムカデ長老にとどめを刺せてない時点で、サイタマより強さはやはり見劣りすることも確実。でも、ここにこそブラストが『ワンパンマン』で未だに登場しない理由が隠されていそう。

【結論】ブラストが「ワンパンマン」に登場しない理由

ということで最後はブラストが何故『ワンパンマン』に登場しないのか?を考察して終わります。

結論から書くと、ブラストが未だに登場しない理由は「主人公・サイタマとキャラクターが被るから」と考察されます。そのためブラストは『ワンパンマン』が完結しても登場しない可能性が高そう。

○ブラストもサイタマと同じような生い立ちを持つ?

前述のように、ブラストの素性はサイタマとそっくり。例えば、ヒーロー活動を「趣味」で行っていること。またヒーロー活動の服装もマントのみ。人間サイズでありながら、圧倒的な攻撃力を誇る点etc。

『ワンパンマン』では主人公・サイタマは見た目が普通の青年にも関わらず、ありえないほど強いキャラとして描写されてる。でも冷静に考えたら、果たしてサイタマのような人間は一人しかいないのか?って話。

だってサイタマは普通の一般ピーポー。『ONE PIECE』や『進撃の巨人』『HUNTERxHUNTER』のように、特別な血筋も歴史的な背景も持ち合わせている主人公キャラではない。

そのためサイタマに類似する突然変異的な人間が『ワンパンマン』の世界観では複数人存在してもおかしくないはず。その一人こそが「ブラスト」である可能性が高い。だからブラストとサイタマは性格こそ違えど、おそらく強くなった経緯はほぼ同じはず。

ちなみに【強さ議論】ワンパンマン最強ランキングなどもご参照。

○二番煎じでもブラストがワンパンマンに存在する理由

だから、いくらブラストが最強クラスに強かったとしても、やはり「サイタマの二番煎じ」になってしまう。そのためブラストは『ワンパンマン』の中では深く描写されることが皆無に近いんだと思います。

あくまで『ワンパンマン』の主人公はサイタマのみ。もし同様にワンパンで倒せるヒーローを同時に描いてしまえば、サイタマの圧倒的な存在感やキャラクターが薄れてしまう。これは漫画としてはあまりに悪手な演出。

じゃあ、何故ブラストというキャラクターを生み出したのかと考察すると、例えば「人類最後の砦」として人間界が怪人に支配されない歯止め的な役割を担わされている可能性などが考察されます。

基本的に「ヒーローたちは怪人より弱く描写」されていることが多く、この状態でどうやって人間社会を守れてんねん?と誰もが疑問を抱く。でもブラストさえ存在すれば、そういった矛盾も一応は解消される。

またS級ヒーローの中では「表のキング・裏のブラスト」という位置づけなのかも。

もしブラストとキングが対比的に描かれているとすれば、ブラストのルックスは「キングと酷似」しているか、もしくは真逆の「優男風」になりそう。でもサイタマの見た目がふざけてるので、ブラストの御尊顔はキング似の顔立ちかと考察されます。

でもブラストが登場する可能性はゼロではない

でもブラストが『ワンパンマン』で登場する可能性がゼロかというと、これも微妙。

何故なら、村田雄介版『ワンパンマン』では原作・ONE版では登場しないキャラクターも数多く登場済みだから。前述のムカデ長老が好例。そのためブラストが今後も登場しない…とまでは断言できないのも本音。

何かしらのカタチでブラストが登場する可能性は20%ぐらいはある、とドル漫では予想して記事を締めたいと思います。逆に、このままブラストが登場しないまま出し惜しみ全開で完結する可能性のほうが低いか。