【ワンパンマン考察】ブラストの「正体」はサイタマではなかった件【S級ヒーロー最強】

おすすめヒーロー漫画ワンパンマン』に登場する最強のS級ヒーローが「ブラスト」。

ブラストの強さは最強と言われつつも、未だに姿を現したことがない素性不明のヒーロー。そのため『ワンパンマン』読者の中では、ブラストの正体に関して様々な憶測が飛び交ってる状態。

あまりに最強すぎる伝説を持つブラストに主人公・サイタマの姿を重ね合わせる人も。

そこで今回ドル漫では「ブラストの正体と強さ」を徹底的に考察してみました。今後ブラストが『ワンパンマン』に登場するのかも含めて考察してみたいと思います。

【最新解説】ブラストの正体とは?

まず現在判明してる「ブラストの正体」から解説。

ブラストはS級ヒーローランキング1位のヒーロー。S級2位のタツマキですら全く歯が立たないほど、ブラストの強さは圧倒的らしい。まさに『ワンパンマン』の中でも別格も別格扱いの最強ヒーロー。

冷静に考えたら、サイタマのような人間は果たして一人しかいないのか?って話。

主人公・サイタマは『ONE PIECE』や『進撃の巨人』『HUNTERxHUNTER』のように、特別な血筋も歴史的な背景も持ち合わせてない。だから、サイタマのように突然変異的な人間が『ワンパンマン』の世界観では複数人存在してもおかしくないはず。

ただし、前述のようにブラストの情報は完全に非公開

あくまで見た目もシルエットが描かれるのみで、ブラストの御尊顔は描写されず。そのため詳しいルックスや体格などは不明で謎に包まれており、実は同じS級ヒーローでもブラストの正体を知るものは皆無らしい。

だからブラストに遭遇した人がそもそもいない。

○ブラストの正体が「サイタマ説」と噂される理由

それでもブラストの見た目はどうやら「普通の成人男性」であることは確定済み。

何故ならブラストがヒーロー活動をしている最中の服装も、スーパーマンや主人公・サイタマと同じようにマントを着用してることが判明してる。

実際、ブラストは普段サラリーマンとして働いており、主人公・サイタマと同様に「趣味」でヒーロー活動を行っている。ただブラストの性格は「束縛」や「命令」を嫌い、助けたい時に助ける究極的唯我独尊ヒーロー。

そのためブラストとサイタマに類似点や共通点は多く、ネット上では「ブラストの正体=サイタマ」と考えてる人も少なくない。ブラストの正体がひた隠しにされていることも、そのサイタマ説を後押ししてるカタチ。

【最新考察】ブラストの正体がサイタマではない根拠

ただし残念ながら、「ブラスト≒サイタマ説」は完全に間違いと断言してもいいはず。

何故なら、ブラストとサイタマは似てるようで全く似ていないから。

例えば、ヒーローに対する考え方が典型。どっちも趣味でヒーロー活動を始めたものの、ブラストは市民が怪人に苦しめられても気分次第で助けない。一方、サイタマはいかなる状況でも自分が行けるなら市民を助けに行く。

またブラストはかつて「ムカデ長老」と呼ばれる怪人と交戦済み。その後、ムカデ長老はサイタマによって一撃で倒されるものの、仮に「ブラストの正体≒サイタマ説」が事実であれば、最初の交戦時点でムカデ長老は死んでるはず。

またサイタマがブラストだった場合、他にも矛盾も。

もしブラストがS級ランキング1位であれば、サイタマが「ヒーロー認定試験の存在」を知らなないはずがない。サイタマがわざわざ知らない振りをするメリットがない上、そもそもブラスの性格を考えるとジェノスと仲良くすることもない。

他にもブラストは普段まともなサラリーマンに対して、サイタマは定職に付かないほぼ無職のフリーター。両者の違いを細かく見ていくと、ブラストとサイタマが別人物であることは分かるはず。

【考察】ブラストの強さはサイタマ並?実はキングのように弱い説

じゃあ、このブラストはどこまで強いのか?果たして本当に強いのか?実はキングのように弱いんじゃないのか?

結論から書くと、やっぱりブラストは「マジもんに強い」はず。

何故なら、ブラストはサイタマと同じく一般的な人間サイズであるにも関わらず、災害レベル竜のムカデ長老を追い詰めた過去があるから。怪人のムカデ長老本人が語っている以上、誰かの噂話やフェイクニュースなどではないはず。

このムカデ長老の防御力の硬さと再生能力の早さを誇り、S級3位のバングやジェノスが共闘しても一切歯が立たなかった。

ジェノスは自爆を覚悟で戦いに挑むものの失敗し、バングも兄と共に旋風流水豪気空列拳をお見舞いするのものの、ムカデ長老の外殻を壊したのみでかすり傷すら与えられず。このムカデ長老をブラストは追い詰めた。

つまり、ブラストもサイタマに匹敵する攻撃力の高さを誇ることは間違いない。

例えば、Blast(爆風 or 爆破)という言葉から予想すると、ブラストは敵を殴るたびに拳が爆発する能力を持ち合わせるのかも。一発一発のパンチが核弾頭ミサイル並であれば、ムカデ長老の無敵防御も難なく破壊できそう。

ブラストは、あくまで普段はサラリーマン。そのため飛び道具などの能力を持っている可能性は低いと考えられるので、サイタマやスーパーマンのようにシンプルな肉弾戦を好むタイプなのかも。

ただし、ブラストは最終的にムカデ長老にとどめを刺せてない時点で、サイタマの強さより弱いことも確実。でも、ここにこそブラストが『ワンパンマン』で未だに登場しない理由が隠されていそう。

【いない説】ブラストは「サイタマの二番煎じ」だから登場しないだけ

でもブラストは何故『ワンパンマン』に登場しないのか?そもそもブラストという存在はいないんじゃないのか?

結論から書くと、ブラストが未だに登場しない理由は「単に主人公・サイタマとキャラクターが被るから」と考察されます。そのためブラストは『ワンパンマン』が完結しても登場しない可能性が高そう。

前述のように、ブラストの素性や正体はサイタマとそっくり。ブラストがサイタマのように禿げてるかはさておき、一見すると普通の青年でありながら圧倒的な攻撃力を誇り、ヒーロー活動時の服装もマントのみなど趣味嗜好も似てる。

つまり、ブラストがいくら完全無欠の最強ヒーローであっても、どう頑張っても「サイタマの二番煎じ」になってしまう。そのためブラストは深く描写されることが皆無に近いんだと思います。

やはり『ワンパンマン』の主人公はサイタマのみ。

もし同様にワンパンで倒せるような最強ヒーローを同時に描いてしまえば、サイタマの圧倒的な存在感やキャラクターが薄れてしまう。脇役が主人公を食う演出は、漫画としてあまりに悪手。

仮にブラストが敵キャラであればサイタマと戦う展開を作りやすいですが、同じヒーロー同士だとブラストをどう絡めていくか展開を想像するのは難しい。

○二番煎じでもブラストがワンパンマンに存在する理由

じゃあ、何故ブラストというキャラクターを生み出したのか?サイタマがいるならブラストは不要じゃね?基本的にヒーローたちは怪人より弱く描写されてることも多い。

そこでドル漫が勝手に考察しておくと、ブラストは『ワンパンマン』の設定や世界観を破綻させないためだけの重しなのではないか。

何故なら、S級ヒーローたちですら弱く描写されることが多く、この状態でどうやって人間社会を守れてるのか疑問。最近でこそ災害レベル・竜相手の怪人に健闘するS級ヒーローも増えましたが…。

でも「人類最後の砦」とも言える最強のブラストが一人いるだけで、人間界が怪人たちに未だに支配されてない強い根拠になる。いわゆる「歯止め的な役割」を暗に担わされているのではないか。

さながらS級ヒーローの中では「表のキング・裏のブラスト」という位置づけなのかも。

もしブラストとキングが対比的に描かれているとすれば、ブラストのルックスは「キングと酷似」しているか、もしくは真逆の「優男風」のキャラに仕上がりそう。少なくとも、サイタマの顔面がふざけてるので、ブラストの御尊顔は真逆のイケメン風の顔立ちか。

【最新考察】ブラストが「ワンパンマン」で登場する可能性は微レ存

じゃあ、ブラストが『ワンパンマン』で登場する可能性がゼロなのか?

結論から書くと、ブラストが登場する可能性は微レ存。

何故なら、村田雄介版『ワンパンマン』ではONE版の原作では登場してないキャラクターも数多く登場済みだから。前述のムカデ長老も好例。そのため原作では登場しなかったブラストが今後も登場しない…とまでは誰も断言できないでしょう。

むしろ、このままブラストが登場しないまま出し惜しみ全開で『ワンパンマン』が完結する可能性のほうが低いか。そのためドル漫では「ブラストが登場する可能性は20%ぐらいはある」と予想しておきます。

ちなみに【強さ議論】ワンパンマン最強ランキングまとめ【ワンパンマン考察】番犬マンの強さまとめ【ワンパンマン】名言一覧まとめなどもご参照。