【ワンパンマン】番犬マンが強すぎてワロタwww【強さ考察】

スポンサーリンク

おすすめヒーロー漫画といえば『ワンパンマン』。意外とヒーロー漫画って日本国内では多く発売されてないイメージですが、海外でも『ワンパンマン』は人気らしい。残念ながら、ほとんど違法配信されてる動画のようですが…

『ワンパンマン』には様々なヒーローたちが登場し、その中でも「S級ヒーロー」と呼ばれる一部のヒーローたちはめちゃんこ強いとされています。詳しくは【ワンパンマン】S級ヒーロー強さランキングまとめをご覧ください。

(ワンパンマン12巻 ONE 村田雄介 集英社)

そのS級ヒーローの中でランキング12位のキャラクターと言えば、番犬マン。見るからにどこぞの自治体のゆるキャラにしか思えない。ただ番犬マンはめちゃんこ強いっぽい。

そこで今回はS級ヒーロー・番犬マンの強さを私ドルジ露瓶尊が徹底的に考察したいと思います。『ワンパンマン』を知らない読者も是非楽しんで読んでみて下さい。違法な漫画サイトに転載されない目的も含めて、画像には作者名などをクレジットしてます。

番犬マンは広場の台から街の安全を見張ってる

まず簡単に番犬マンの情報をおさらいしておきたいと思います。

番犬マンはQ市のとある広場の台に座って、その一帯を常に守ってるS級ヒーロー。まさに番犬。でも逆に言えば、そこに常時張り付くように居座っているため、番犬マンはQ市以外は守らない。千鳥ノブ風に言えば、クセが強いんじゃあ~。

そのため他の自治体が怪人たちに襲撃されると、わざわざ番犬マンのいるQ市に避難してくる市民が大量に発生することも。いわばQ市自体が「巨大なシェルター」と化してるとも言えます。

番犬マンの姿はおそらく「コスチューム(犬のキグルミ)」とされています。おそらく「犬人間」ではないはず。冬はきっと暖かいと思うんですが、夏はきっと激蒸しのはず。どういった対策を番犬マンが取っているのかは不明。もしかすると夏用の風通しが良い専用コスチュームでもあるのかも知れない。

番犬マンは「怪人の臭いを嗅ぎ当てる」ことができるという噂もありますが、真偽は不明。仮にコスチュームだとしても、番犬マンの顔周辺には何もまとっていないため、嗅覚そのものが特別強化されてることはないはずです。謎多きヒーロー。

番犬マンはシンプルに肉弾戦が強いwww

結論から書くと、番犬マンはとにかく強い。

S級ヒーローランキングは強さ以外にも、様々な貢献度などが考慮されてる。つまり冒頭でヒーローランキングの記事も貼りましたが、キングが上位である点も含めて純粋な強さのみで判断されてるわけではない。

ただ番犬マンの場合、前述のように特定のQ市しか守っていない。つまり貢献度は基本的に低いにも関わらずランキング12位ってことは、番犬マンはそれだけシンプルに強い裏返しと考察されます。

しかも番犬マンの戦い方は本当にシンプル。自らのパワーとスピードを活かしたフルボッコを主体とするヒーロー。まさに肉弾戦のみ。おそらく番犬マンはキグルミを着用してるんですが、全くもって強さに貢献していないっぽい。

(ワンパンマン15巻 ONE 村田雄介 集英社)

例えば、怪人・ガロウがこれまで複数の上級ヒーローを倒してきた流水岩砕拳を繰り出しても、まさかの「お手」で受け流すだけ。マンガにありがちな演出だと、敵の侍の剣先にスッと立つみたいなノリか。

まさに番犬マンは余裕の雰囲気。思わずガロウも逆上するものの、「パワーもスピードも想定を遥かに上回る」と番犬マンに後塵を拝して遁走します。だから番犬マンは怪人に最後までトドメをささない点も考えると、本当に貢献度が低そう。

(ワンパンマン12巻 ONE 村田雄介 集英社)

番犬マンの特徴はとにかく「無表情」。表情を一切変えずに怪人たちを倒す姿は、まさに「どっちが怪人だかわかったもんじゃねぇ」です。

ちなみに犬のコスチュームを着用してるため、番犬マンの手足には「肉球」がしっかり付いてるはず。それでも番犬マンの左手を見ると、怪人をガッツリ掴んで引きちぎってる。この粗雑に扱う感じが非常に怖いのは内緒(笑)

ただ番犬マンが強いことを匂わせる要素は、もっと他にもあります。