【進撃の巨人考察】1話目の伏線がヤバすぎたw二千年後の君のタイトルの意味とは?845とバビロン王朝との関連まとめ【2000】

別冊少年マガジンが誇る大人気漫画が『進撃の巨人』。巨人同士の戦いなど派手なバトル描写に目が行きがちですが、『進撃の巨人』のストーリーやプロットは非常に緻密。そのため読者が気付かない内に伏線が張られていることもしばしば。

c9f0432029662f26d6698f4b37692369

(進撃の巨人1話目 諫山創/講談社)

そこで今回ドル漫では『進撃の巨人』の「1話目の伏線」について徹底的に考察していこうと思います。1話目の「二千年後の君へ」というタイトルに重大な伏線が隠されていたらしい。

d-manga.net

「二千年後の君へ」という1話目タイトルがヤバいw

結論から言ってしまうと、進撃の巨人の1話目の伏線は「タイトル」に全てが集約されております。

2de24fa0115c276a80904875dd618385 500x204

(進撃の巨人1話目 諫山創/講談社)

『進撃の巨人』1話目のタイトルとは「二千年後の君へ」

進撃の巨人は血なまぐさい漫画。バトルやアクションが豊富。進撃の巨人後半こそストーリー要素が強くなりますが、「二千年後の君へ」というタイトルはどこか恋愛漫画のような甘酸っぱさを匂わせます。創聖のアクエリオン的な感じ。

この二千年後の君への伏線に重要な鍵を握るのが「九つの巨人」。『進撃の巨人』の核心部分に迫る9タイプの巨人。九つの巨人の謎が判明したのは進撃の巨人20巻以降のため、進撃の巨人1話目の時点で既に伏線として答えが書かれてたカタチ。

1be002b91a7ca1ec05b9cd3ed53c86ae 420x370

(進撃の巨人22巻 諫山創/講談社)

この九つの巨人の最大のデメリットは「継承した者は13年後に死亡する」というルールがある。進撃の巨人や女型の巨人を継承した人間の余命は必然的に13年に縮まってしまう。

でも、この13年という数字が「二千年」という数字に大きく関わっていたカタチ。

d-manga.net

○ユミル死亡から2000年後にエレンが死亡?

そこでまずは進撃の巨人の「時間軸」をおさらい。

かつてユミル・フリッツは大地の悪魔と契約して始祖の巨人の力を得たとされる。その後、ユミルの死亡後は子供たちに「9つの能力」として等しく分けられ、それが後の九つの巨人となる。フリッツ家を頂点としたエルディア人(ユミルの民)は隆盛を誇る。

ただし、145代目のフリッツ王はエルディアの内紛を憂いて、一部のエルディア人を引き連れてパラディ島に引きこもる。これが107年前。このパラディ島が『進撃の巨人』の序盤で描かれた主人公・エレンたちが住む世界だった。

ただユミルから始祖の巨人の能力を継承したフリッツ王も、必然的に寿命が13年に縮まってしまう。そのため145代×13年で掛け算すると年数にして「1885年」。そして、145代目のフリッツ王がパラディ島に籠もったタイミングが「107年前(850年)」。

単純に合算すると「1992年」。

○2000年後にヒストリアの赤ちゃんが産まれる?

  • 845年…エレンが始祖と進撃継承
  • 850年…107年前に145代フリッツ王が壁を作る
    (ユミル死亡から1992年後)
  • 854年…マーレ編始動(エレンの寿命が4年)

そこで1話目以降の時系列をおさらいすると、こんな感じ。だから進撃の巨人終盤ではユミルと最終決戦が行われていますが、ここから4年後がまさに「ユミル死亡から2000年後」にあたる。そのためこのタイミングでエレンが死亡する可能性も考えられております。

ただ4年というラグは不自然。

そのため現在妊娠しているヒストリアの子供が鍵を握る可能性が高そう。事実、『進撃の巨人』最終回では謎の赤ちゃんが登場してた。この子供こそがユミルが本当に伝えたかった相手なのではないか?更に言えば、「ユミルの生まれ変わり」の可能性となる?

d-manga.net

「二千年後の君へ」から「二千年前の君へ」の伏線

つまり、「二千年後の君へ」というタイトルの『君』は一体誰を指し示してるのかと言うと、それは主人公の「エレン」を意味してる可能性が高い。

一方、『君へ』という言葉のニュアンスを考えると、どこか手紙の差出人の書き出しの文章のようにも聞こえます。エレンに「何かを伝えよう」としている自分がいるはず。それは一体誰なのか?

41739a51f62a1b3ff4e1f067ecfea322 500x375

(進撃の巨人30巻 諫山創/講談社)

それこそが「ユミル・フリッツ」。

ユミルは初代の始祖の巨人だったんですが、2000年前に失意の中、自らが生存する道を絶った。ただユミルはもともと奴隷精神が染み付いてたせいか、「座標の世界」でひたすら九つの巨人をせっせと砂から作り出してた。

でも本心ではユミルは「誰か」に助けを求めていた。その誰かとは2000年後のエレン・イェーガー。『進撃の巨人』1話目のタイトルは「始祖ユミルからエレンに届いた魂の叫び」だった。そして、122話でエレンはユミルを抱きしめて解放してあげる。

歌の歌詞や俳句や短歌などで使われる「君」という言葉は、おおむね「恋人」を指して使われる。エレンとユミルが性別が違ってる理由にも大きな意味が隠されていたに違いない。一方、北欧神話のユミルは両性具有とされてるため「二人は一心同体」という意味だったりするのかも。

d-manga.net

○1話目の「エレンの涙」にも伏線が

9297b201f2c2d21191058d764b50ff44 500x347

(進撃の巨人1話目 諫山創/講談社)

『進撃の巨人』1話目でエレンが涙していた理由も「ユミルの壮絶な過去」を追体験したからだったに違いない。子供にとって耐えきれるものではない。エレンが「すっげー長い夢を見ていた」と語ったセリフも、2000年分のユミルの記憶が流れ込んでいたから。

33a324d0f193c4f4fbf597b38c6f50e7 470x430

(進撃の巨人122話 諫山創/講談社)

そして、ユミルの正体や過去が発覚した『進撃の巨人』122話目のタイトルが「二千年前の君から」。これはエレン視点でのタイトルと分かります。もちろん君とは「ユミル・フリッツ」のこと。進撃の巨人1話目で受け取った手紙をエレンが返した瞬間でもある。

ただエレンは2000年後に厳密には死亡してしまうはず。そのため『君の正体』とはエレンの次の継承者の可能性も考察されております。進撃の巨人最終回では「謎の赤ん坊」が登場する模様ですが、これこそが「本当の君」の可能性も高いか。

一方、進撃の巨人1話目の伏線は「ループ説」も言われていましたが、こういった考察を辿る限りは違った模様。

d-manga.net

1話目の「いってらっしゃい」と発言者の正体は?

『進撃の巨人』1話目には他にも伏線は隠されてそう。

737f77920d032418f897bee0aa38dcc1 478x370

(進撃の巨人1話目 諫山創/講談社)

それがエレンがユミルの記憶を追体験した直後、その夢の中で「いってらっしゃい。エレン」と呼びかけた謎の少女がいました。コメント欄でもあるようにエレンと呼んでいることから幼馴染のミカサとしか思えませんが、どうやら髪型や服装が微妙に違ってる。

もし現在の時間軸のミカサであれば「起きてエレン」と語りかけるはず。それにも関わらず、「いってらっしゃい」とエレンをどこかに送り出すかのような発言は不自然。仮に似たような表現を使うとしても、起きたばかりのエレンに「おかえり」程度がふさわしいはず。

つまり、進撃の巨人1話目の謎の少女も「2000年前にいた誰か」の可能性は捨てきれないか。未来のミカサの可能性もありますが、マーレ編以降はエレンとギクシャクした関係。うーん…。

aee72348ba5b7748f7c0957688500c4b 250x370

(進撃の巨人22巻 諫山創/講談社)

ちなみにエレン・クルーガーが何故「ミカサ」や「アルミン」の名前を知っていた理由は、進撃の巨人の「未来に干渉」できる真の能力が関係しています。

d-manga.net

845という数字にも大きな伏線が?

続いては「845」という数字の伏線を考察しようと思います。

9297b201f2c2d21191058d764b50ff44 500x347

(進撃の巨人1話目 諫山創/講談社)

ユミルの記憶を追体験した直後のエレンですが、その次のコマには「845」という白塗りの数字が描かれていました。いつの間にか白塗りの数字は登場しなくなりましたが、これは進撃の巨人の「世界観の年表」と考えられます。

事実、ミカサがアズマビト家の勲章を母親から聞いた時には「844」という数字が表記されていました。この数字は845年や846年と素直に解釈するのが正しい模様。ただ845年という年表は現代に置き換えて考えると、更に大きな伏線が見えてきます。

dd48409b84aaa4aec331e13faca513c6 500x333

実は現代の世界史に置き換えて考えると、845年を2000年前に遡ると「紀元前1155年」に行き着く。これはバビロン第3王朝のカッシート朝が滅んだ年とされます。また最後のファラオと言われるラムセス3世が死亡した年でもある。

古代バビロニアや古代エジプトでは奴隷制度が敷かれていたため、まさに奴隷だった始祖ユミルと重なります。

d-manga.net

1話目に初めて登場した巨人は「9つの巨人」だった?

ちなみに、最後は『進撃の巨人』1話目に登場した謎の巨人について考察して終わります。

59c7b387485158204a4d0621009e5dc5 391x370

(進撃の巨人1話目 諫山創/講談社)

どうやら「1話目に一番最初に登場した巨人が9つの巨人だった説」がネット上ではありました。調査兵団に在籍していたキースやエルヴィンたちが、森の中から突如として現れた巨人に立ち向かっている場面。1話目だけあって印象に残っている進撃の巨人読者も多いはず。

当該巨人は何故か首元のウナジからは煙のようなものが立ち上がっており、無垢の巨人のように集団では群がったりはしないなど、確かに九つの巨人っぽい伏線はありました。ストーリー中盤まで未登場だった戦鎚の巨人説もありました。

ただ1話目当時の継承者の居場所を考えると、始祖の巨人は壁内のフリッツ。進撃の巨人は壁内のグリシャ。マーレ国には獣の巨人のジーク。車力の巨人のピーク。戦鎚の巨人のタイバー家妹。女型の巨人、鎧の巨人、超大型巨人、顎の巨人はそれぞれウォール・マリア襲撃前でした。

タイバー家は徹底して静観を貫いていた平和を重んじる家系でしたし、マーレ国とパラディ島とは距離が離れすぎてる。ライナーたちも無垢の巨人から逃げ回るなど調査兵団と戦ってる暇はない。これが仮に九つの巨人だとして、エルヴィンたちは無事に生還できたはずがない。

『進撃の巨人』のスピンオフ漫画でも、わりと似たようなモブ巨人は多数登場してる。そのため進撃の巨人1話目に登場した謎の巨人は特に考察を深める意味はあまりなさそう。強いて言えば奇行種止まりでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    エレンが全ての巨人を回収し、”ユミルの少女”になることで擬似的なループになっていくのではないか。
    一巻の擬似ミカサはその前の時代のミカサの同じ立場の人。

  2. アソパソマソ より:

    大地の悪魔が[エレン]という人格を作った説

  3. エト より:

    最初の巨人は調査兵団の精鋭が一斉に斬りかかってもダメだったとか絶対何かあるやろ。エルヴィンたちが五体満足だったのは単に実力があったのとおそらくリヴァイがいたから

  4. 匿名 より:

    アッカーマン一族はユミルの民じゃなくても巨人化して継承できるものなんでしょうか?

  5. 匿名希望 より:

    いってらっしゃいと言ったのはミカサだと思います。
    理由は、そのあとのエレンがミカサに言った、髪伸びてねーか?
    と言ってました。未来のミカサがエレンとなんらかの関係をもち、
    いってらっしゃい、と言っている夢をエレンが見て、髪伸びてねーか
    とミカサに行ったのだと思います。

  6. 匿名 より:

    なるほどと唸る考察ばかりで感動しました
    改めて進撃の凄さを感じれれる内容でした
    思わず深夜なのにコメントしてしまいました

    ただ最近の進撃の巨人のオワコン化が悲しいです
    こんな素晴らしい進撃の考察も読んでる人も少なそう
    周りは誰も進撃の話題してませんからね

  7. もろ より:

    買おうせい→可能性
    誤字だと思います。

  8. ご指摘感謝ですm(_ _)m
    修正しておきました。

  9. 匿名 より:

    1992 + 8で 2000
    エレンが8歳となる2000年後に始祖を継承したのでは?

  10. ご指摘ありがとうございます。修正しておきました。
    自分でも変だなと思いつつ考察してたんですがスッキリしました。

  11. 匿名 より:

    そしてエレンの活躍?でユミルの呪いが解けて後に、最初に、生まれた子供がヒストリアの赤ちゃんなのでは

  12. 匿名 より:

    ユミルの呪いでエレンが死ぬ年(継承13年目)がユミルちゃん巨人化の2000年後なのでは?
    845年にエレンが進撃と始祖を継承し、「今から107年前」という言葉が出てきたのはそれから5年経って850年になった2話なので、その時点でのエレンの残りの寿命は 13 – 5 = 8年ですのでその8であり、8才ということではないのでは

  13. 匿名 より:

    仮に考察の通りに、第一話でエレンが見た夢の内容が二千年前のユミルの過酷な体験だとして、疑問が。

    第一話の冒頭、エレンが夢を見ていたというシーンにおいて、エレンはまだ「進撃」を継承してません。
    なので、過去の夢を見るなんらかの理由づけができません(進撃の運命干渉や、継承者の記憶共有はあくまで巨人能力を有している人物にのみ起こるもので、強いて言えばユミルの民なので、ユミルの血がそうさせた可能性くらいでしょうか)

    なので、夢の内容=始祖ユミルが仮に成立したとしても、夢を見た理由=継承者だから、は成立しないので
    まだ考察の余地はあると思います
    そしてそれは、最終話において決定的に判明するような内容なのでは?(擬似的なループエンドとかの可能性もまだゼロではないので)

  14. コメントありがとうございます。
    どうやら最初の考察の方が正しかったっぽいですね。
    改めて考察内容を修正しておきました。

  15. 確かに1話目の初登場時のエレンはまだ進撃を継承してないんですよね。
    ただエレンを見初めた(?)のは始祖ユミル自身ですから、
    全エルディア人と繋がる「座標の世界」にいるユミルだからこそ、
    過去の夢を強制的に見せつけることは可能な気はします。

    ◆845年…エレンが始祖と進撃継承
    ◆850年…107年前に145代フリッツ王が壁を作る
    (ユミル死亡から1992年後)
    ◆854年…マーレ編始動

    一応、進撃の巨人の時間軸をおさらいしておくとこんな感じです。
    だからエレンの残りの寿命は最新話では「残り4年」なので、
    ユミルが死亡してから1996年しか経過してないんですよね。

    そのため現在から「4年後」の最終回に何かが?
    確かに海に行く前にクリスタに触れた際に、
    「もっと未来の自分」を見てるはずなので
    それこそが4年後に死ぬエレンの姿だった?

  16. なるほど。そこで「あの赤ちゃん」が鍵を握るわけですね。
    でも赤ちゃんが産まれるのは一年以内なので、
    4年という残り時間がどう関わってくるのか。

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました