【進撃の巨人】戦鎚の巨人が強すぎてワロタwww【画像あり考察】

スポンサーリンク

おすすめバトル漫画といえば『進撃の巨人』。基本的に違法行為にあたるため毎週号のネタバレ感想はレビューしないんですが、今月2018年1月号の『進撃の巨人』は結構波乱含みの展開だったため一時的に解禁。

既に【進撃の巨人】9つの巨人まとめという記事も私ドルジ露瓶尊は書いてますが、その中でも最後に登場したのが「戦鎚(せんつい)の巨人」と呼ばれる巨人。『進撃の巨人』24巻でようやく存在が明らかにされ、タイバー家が密かにずっと保持していた巨人の能力。

ただ進撃の巨人24巻では「戦鎚の巨人」の具体的な能力までは判明しませんでした。

(進撃の巨人102話 諫山創 講談社)

ただこの度『進撃の巨人』102話において「戦鎚の巨人」がお披露目。これが想像以上に強そうだぞwwwというのが、今回のお話になります。ちなみに次号の『進撃の巨人』103話はネタにせず、基本的に25巻の発売を待ってから加筆したいと思います。

そもそも戦鎚の巨人とは?

戦鎚(せんつい)とは簡単に言っちゃうと「戦闘用のハンマー」のこと。槌・鎚(つち)自体がハンマーそのものを意味します。その戦用版。ちなみに木製のハンマーが「槌」、金属製のハンマーが「鎚」と使い分けられているそう。

だから私ドルジ露瓶尊も盛大に最初は間違えていたんですが、今回取り上げる「戦鎚の巨人」は金属製のハンマーに当たる「鎚」という漢字を使う模様。確かに木製より金属製の方が強そうなイメージを与えます。注意しましょう。

(進撃の巨人102話 諫山創 講談社)

じゃあ、戦鎚の巨人が持つハンマーがどんだけデカいかというと、こんだけデカい。もしIKKOに『進撃の巨人』を読ませたら、きっと「どんだけ~」と発狂するに違いない。

具体的なハンマーの長さは明らかにされていませんが、エレンの進撃の巨人の身長が15メートル。「戦鎚の巨人」もほぼ同じ身長(15メートル前後)だと仮定すると、およそハンマーの長さは戦鎚の巨人の2.5倍程度と推察されます。

つまりハンマーの長さは37.5メートルほど。数字だけ見てもピンと来ませんが、これはちょっと小さめのダムぐらいの高さ。だから「戦鎚の巨人」が持つリーチの長さが半端ない(笑)

戦鎚の長さが生む遠心力が半端なく強いwww

だから戦鎚のハンマーから生み出される攻撃力が半端なく強い。

ハンマー投げを想像するといいですが、遠心力で投げる力は砲丸投げよりも当然にして強い。物理学でも高い位置からモノを落とした方が強いエネルギーを生む。こんな巨大ハンマーを振り下ろせば、とんでもない破壊力を生むのは想像にかたくない。

(進撃の巨人102話 諫山創 講談社)

実際、「戦鎚の巨人」のハンマーは硬化で防御を固めたエレンをいとも軽々と粉砕。完全にエレンの首はもげる…もとい弾け飛んで霧散してしまってる状態。しかも画像の場面だけだと分かりづらいですが、戦鎚のハンマー表面はトゲトゲしいため破壊力は尚抜群。

でも一般的に巨大な武器ほど扱いにくいのが定番。おそらくハンマーの持ち手部分などは軽量そうですが、いかんせん長過ぎる。『進撃の巨人』のようなリアリティーを重視したバトル漫画なら、「戦鎚の巨人」は尚更不利に描かれそう。

ただ「戦鎚の巨人」の強さは他にもあった。