【進撃の巨人】結局コニーの母親は何で巨人化したん?【ラガコ村の真相】

スポンサーリンク

『進撃の巨人』といえば本当に面白いおすすめ漫画ランキングでも上位に位置するぐらい面白いバトルマンガ。バトル漫画というカテゴライズが正しいかはさておき、特に『進撃の巨人』のストーリーは伏線が多いことで知られています。まさに謎が謎を呼ぶ展開。

(進撃の巨人 9巻)

その中でも『進撃の巨人』読者が印象に残っている伏線と言えば、コニーの母親ではないでしょうか。コニーの母親の登場シーンは、かなり印象的。巨人は人を食べる凶悪な存在として描かれていたため、こんなに間近で見ると恐怖感すら覚えてしまいます。

(進撃の巨人 9巻)

特にコニーの母親は家の中で動けない状態で発見されたことで、そこでハンジが「もしかすると巨人は元々人間なのではないか」と疑い始める。何故なら巨人が外から侵入してきた場合、こんなハリツケにされた状態になるわけがないから。

そもそもコニーの母親の手足が細くて短すぎる。どう考えてもまともに移動することすら不可能。じゃあ何故、無個性と思われていた巨人が「特定の個人(コニーの母親)」であることが判明したのか。

(進撃の巨人 9巻)

これも印象的な伏線として知られていますが、それが立ち去ろうとするコニーに対して、その家の中にハリツケにされている巨人が「オ…アエリ…(おかえり)」と人語らしき発語を放った。そして、別の『進撃の巨人』の巻ではコニーの母親の写真と重ねたシーンもあったり、やっぱりコニーの母親ですやんとなりました。

ただ、そもそもコニーの母親は巨人化されたのか?またコニーの出身地であるラガコ村の住人は消えてしまったのか?もっと言うと、コニーの母親と同様に巨人化されてしまったのか?簡単に考察したいと思います。

獣の巨人であるジークがコニーの母親たちを巨人化させた

(進撃の巨人 20巻)

結論から書いてしまうと、獣の巨人であるジークがコニーの母親といったラガコ村の住人たちを巨人化した。ジークこと獣の巨人は巨大な岩を砲丸投げのように投擲したり、壁をよじ登ってみたり、そういった攻撃力の高さを誇るシーンが印象的。また数少ない喋る「九つの巨人」
の一つとしても知られています。

(進撃の巨人 19巻)

ただ同時にジークこと獣の巨人の特徴は、モブ巨人(無垢の巨人)たちを操作することができる。でもジークは巨人を操るだけではなく、自分の脊髄液を注射することで誰でも巨人化できちゃう能力も持ってる。

つまりはコニーの母親やラガコ村の住人たちは、ジークによって巨人化させられた。そして、これらの能力を使って、ラガコ村の住人たちにウドガルド城に潜伏していたコニーやヒストリアたちを攻撃させた。

ラガコ村の住人たちの傾向を考えると、ジークに巨人化させられた場合は「夜でも活動」することができるっぽい。ただし月が出ている場合に限る。ちなみにジークは王家の血筋を引くエルディア人だから、壁内にいるほとんどエルディア人を操作できる。

以上、コニーの母親とラガコ村の謎の答えでした。これからも『進撃の巨人』をよろしくお願いします(誰)。