【名探偵コナン】黒の組織 コードネームの法則一覧【黒ずくめの男】

スポンサーリンク

おすすめミステリー漫画の『名探偵コナン』は20年以上にも渡って大人気。名探偵コナンの実写映画だと、むしろ興行収入が回を重ねるごとに伸びてるほど。

それだけ『名探偵コナン』は注目度が高い推理漫画。最近も「黒の組織・大ボスの正体が烏丸蓮耶」だと発覚して話題になりました。まだ『名探偵コナン』の最新話を読んだことがない方はネタバレ注意。

この「黒の組織」は主人公・江戸川コナンの最大の敵。前述の映画アニメ版名探偵コナンでも頻繁に登場します。コナンを幼児化させたジンやウォッカ、バーボン、ピスコといった黒ずくめの男たちは様々なコードネームで呼ばれてる。

あからさまに分かるモノ以外にも、実は黒の組織のコードネームには様々な法則がありました。そこで今回は名探偵コナンの考察記事を執筆してみました。意外と名探偵コナンの作者・青山剛昌はとんでもない伏線もぶっこんでいたらしい。

コードネームの法則は「お酒」だが…

結論から書くと、黒の組織のコードネームの法則は「お酒」になります。

お酒に詳しくなくても、前述のウォッカやバーボンぐらいはお酒だと認識できてる読者は多そうです。ただ、これは誰もが分かってること。今更ドヤ顔で言ったら恥ずかしいレベルの由来。

でも「黒の組織」のメンバーをテキトーにお酒の名前で割り振ってる訳ではないらしい。実は作者・青山剛昌はもっと緻密にコードネームに法則を持たせていた。そこで更に詳しい『名探偵コナン』の考察を私ドルジ露瓶尊が展開したいと思います。

男性は「蒸留酒」、女性は「ワイン」という法則

まずコードネームの法則は性別によって違う。

既に見出しにあるため出し惜しみせずに答えを書くと、男性の黒の組織メンバーが「蒸留酒(スピリット)」に関連するお酒名なのに対して、女性の黒の組織メンバーは「ワインなど甘いお酒」に関連するお酒名が割り当てられてる。

蒸留酒はウイスキー、ラム酒、コニャック、テキーラなど幅広いお酒が含まれます。一方、ワインはそのまま。ワインの原材料はブドウですが、他にもオレンジなど果物系を主原料としてるお酒は全般的に甘いらしい。でも基本的にワインのみと考えて良さそう。

言うまでもなく「黒ずくめの男」という異名を持つだけあって、黒の組織のメンバーにはオトコが多い。そこで分かりやすく数少ない女性メンバーを見てみると、ベルモット、キャンティ、キールなどは全てワインの種類。シェリー(灰原哀)もやはりワイン

そのため【名探偵コナン考察】ラム(RUM)の正体まとめでも考察しましたが、ラムは蒸留酒であるため今回のコードネームの法則で考えると女性の若狭留美はラムではないと考察することが可能。実際、ラムの正体を考察した記事では別の人物を候補としてピックアップしております。

ただ映画アニメ版『名探偵コナン』に登場したキュラソー(天海祐希)だけは蒸留酒と例外。もしかすると今回の黒の組織の法則は漫画版名探偵コナンに限って…という前提かも知れません。