スポンサーリンク

【名探偵コナン】毛利小五郎という最強の三枚目イケメンまとめ【画像まとめ】

少年サンデーが誇る人気のおすすめ推理漫画と言えば、やはり『名探偵コナン』。自分が小学生の頃から連載が開始したぐらいなので、かなりの長期連載。多分自分が初めて買い集めたコミックスも名探偵コナン。

だから言うまでもなく現在は更に幅広い読者層に人気だと推察されます。実際、ここ数年になってアニメ映画版『名探偵コナン』の興行収入がさらに倍増してるぐらい人気。日本テレビもウハウハですわ。

この『名探偵コナン』を代表する名物キャラクターと言えば、やはり毛利小五郎。原作マンガ・コミック版を読んでなくても、アニメ版『名探偵コナン』を視聴して知ってる方も多いはず。ヒロイン・毛利蘭のお父さんであり、日本を代表する仮初めの名探偵。

詳しい情報や考察については改めて後述しますが、そこで今回は毛利小五郎という三枚目キャラクターを徹底的にまとめてみたいと思います。おそらく毛利小五郎ほど「かっこいい三枚目キャラ」はいないかも知れない。

今更ではありますが毛利小五郎のかっこいい名言やイケメンすぎる名場面など、今だからこそ気付ける毛利小五郎の魅力も多いと思うので気長にご覧ください。

毛利小五郎とは?

まず簡単に「毛利小五郎」とは一体どういうキャラクターなのか簡単にまとめてみたいと思います。そんなん既に知ってるわという方は下へスクロール推奨。

(名探偵コナン1巻)

毛利小五郎は、ヒロイン・毛利蘭のお父さん。そして探偵業を営むものの、鳴かず飛ばず。いつも真っ昼間からお酒を浴びてるような中年オヤジ。

でもこう見えて、毛利小五郎の年齢はまだ38歳。前述の通り、自分は小学生の時に『名探偵コナン』を読み始めたんですが、いつの間にか自分の年齢が小五郎を追い抜きそうという現実にただただ打ちひしがれております。ちなみに、ここからは毛利小五郎の髪型の変遷に注目しながら読むと面白いかも知れない。

【スポンサーリンク】

○毛利小五郎の名前の由来と身長

毛利小五郎の名前の由来は、残念ながら定かではありません。

ただ娘の毛利蘭の名前の由来が、『ルパン』の生みの親であるフランスの小説家「モーリス・ルブラン」と言われてる。ちなみに、このモーリス・ルブランは『シャーロック・ホームズ』の生みの親であるイギリスの小説家「アーサー・コナン・ドイル」のライバルと一般的に言われがち。

だから毛利という名字の由来は「毛利蘭の父親だから」という理由以上でも以下でもないと思われます。一方、小五郎の由来は江戸川乱歩が生み出した探偵の「明智小五郎」から由来してるものと思われます。

あと毛利小五郎の身長も定かではありませんが、他のキャラクターと比較すると毛利小五郎の身長は180cm強ぐらいと推察されます。割りと毛利小五郎の身長は大きめ。またアニメ版『名探偵コナン』では、毛利小五郎は高所恐怖症とのこと。

○毛利小五郎が警察・刑事を辞め、探偵になった理由

恵まれた体格を活かしてか、毛利小五郎は探偵になる以前は元々は警察官だった。

所轄の刑事から警視庁の捜査一課強行犯係まで上り詰めた、いわゆる叩き上げの刑事。本庁でも一二を争うほどの射撃の腕を持ち、阿笠博士も当時を振り返って「昔の毛利小五郎は敏腕刑事」と称するほど、毛利小五郎は刑事としての実力はそれなりに高かったと推察されます。

一方で毛利小五郎は人情に篤く、仮出所した殺人犯を出迎えるといった行動を取ることもあった。その粋な性格から見せる毛利小五郎のカッコいいシーンはラストに後述。

じゃあ何故毛利小五郎は警察・刑事を辞めて、今現在はしがない探偵業を営んでいるのか。この理由は残念ながら漫画版『名探偵コナン』では描かれてなかったものの、アニメ映画『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』で描写されてるらしい。

毛利蘭という娘がいることからも分かるように、毛利小五郎は妻帯者。具体的には妃英理という奥さんがいる。ただし現在は別居中のため毛利英理という本名を使わずに、旧姓である妃英理を使って弁護士事務所を運営してるやり手。

この妃英理がある事件で人質になってしまう。でも警察はどうにもこうにもできないため、毛利小五郎は妃英理の足をめがけて発砲。もちろん毛利小五郎は射撃の名手。間違って撃ったのではなく負傷した人間は人質としては足手まといになるため、きっと犯人は妃英理を解放するだろうと毛利小五郎は考えた。

ただ毛利小五郎の人質への発砲は問題となって、追い込まれるようにして警察・刑事を辞めるハメになったということ。刑事を辞めれば危険な事件に巻き込まれることも少ないため、毛利小五郎は探偵になった…というのがざっくりした理由になります。

【スポンサーリンク】

妻・嫁・妃英理とは何故別居したのか?毛利小五郎の最低すぎるセリフ

じゃあ何故毛利小五郎は妃英理と別居中なのか。この理由も前述のエピソードが関係してます。

毛利小五郎は無事妃英理を犯人から救出した。妃英理はお礼も兼ねて晩御飯を丹精込めて作るものの、毛利小五郎は「まずいメシを作らなくていいから大人しくて寝てろ」と心配からつい妃英理を怒ってしまう。

ただ妃英理からしたら不慣れな料理を足を負傷しながらも頑張ったのに…と怒り心頭で別居コースの道を歩む。言ってしまえば、よくある男女のすれ違いが一連の理由らしい。毛利小五郎と妃英理は小学生の時から幼なじみなので、積もり積もったものもあったのか。

個人的にはどっちの気持ちもよく分かるものの、確かに毛利小五郎のガサツな言動が割りと最低www

(名探偵コナン84巻)

例えば、盲腸で入院してる妃英理に対して、毛利小五郎はお見舞いに来た。まだそこまでならいいんですが、「お前もさっさと出すモン出して退院しろよ」と謎のイケメン表情でアドバイス。本人的には優しさから出たセリフのはずですが、妃英理の思わずムッとした表情が笑えます。確かに誰が見ても最低のセリフ。特に女性からしたら言わずもがな(笑)

毛利小五郎のポンコツ探偵っぷりが笑えるwww

だから様々な事件に出くわしても、毛利小五郎が披露する推理はことごとく的外れ。元刑事という肩書こそありますが、どちらかと言えば腕っ節の良さを得意としてた。そこで毛利小五郎の笑えるポンコツっぷりを簡単にまとめてみました。

(名探偵コナン6巻)

例えば容疑者を絞ろうとしてる場面。毛利小五郎は被害者に会いに来た中で、今この場にいない人間が犯人に違いないと推理。つまり逃亡してると判断したものの、その直後にその容疑者が現場に戻ってくる。思わず毛利小五郎は「なんだ来ちゃったのーー?」とお茶目にガッカリする。いや、このセリフは色んな意味でアカンやろwww

(名探偵コナン11巻)

あとで後述しますが、毛利小五郎は主人公・江戸川コナンの力を借りて事件を解決する。

ただ推理中は江戸川コナンに麻酔されるため、毛利小五郎はその間の記憶が一切ない。普通はそれこそ探偵なら色んなことを疑うべきなんですが、テレビ番組に出演して「なーんも覚えてないんですわ」とあっけらかんにガハハ。むしろ自分が秘めた覚醒状態に入ってるとすら思ってるぐらい。ここまで来たら一周回って、毛利小五郎のポンコツっぷりが笑いを飛び越えて怖い。

(名探偵コナン46巻)

でもまだ凶悪な事件だったらいざ知らず、毛利小五郎は簡単な探偵業すら怪しい。例えば依頼者から周囲に聞かれないように「不倫相手からのメールが来るから無くした携帯電話を探して欲しい」とコソコソと相談されるものの、毛利小五郎は「今晩不倫相手からメールが届く!?」とすぐ口に出しちゃう。

お前の脳ミソはトコロテンか。毛利小五郎に浮気調査とかゼッタイ頼みたくないやんwww

(名探偵コナン10巻)

他にも毛利小五郎は日常生活でも意外とヤバイ。例えば娘・毛利蘭たちとスキー場に遊びに来た場面。そこで貸別荘の鍵をなくした毛利小五郎は、「仕方ねぇ強行突破だ!」とガラスを破ろうと試みる。

いや、スペアキーとか借りてこいよwwwまだまだ他に取るべき手段があるし、最終手段を取るのが早すぎ。どう考えてもカタギの人間の発想じゃないwww

(名探偵コナン40巻)

また毛利蘭やコナンたちとBBQをした時には、まさかの自分たちが借りたレンタカーが川に流される。しかも釣り竿で「くそぉ流してたまるか」とレンタカーを釣り上げようとする。ここまでポンコツっぷりを発揮したら、もはや奇跡。

(名探偵コナン9巻)

だから江戸川コナンからもつい「バカだな!おじさん!」と言われちゃう始末。基本は子供を演じてる江戸川コナンも毛利小五郎のポンコツっぷりにイラつくと、思わず心の声が出てしまうこともあるらしい。あまりにド直球すぎる表現で笑っちゃいました。

(名探偵コナン89巻)

最近の『名探偵コナン』のシーンで笑ったのが、画像の場面。千葉刑事がトリックの再現を行ってるんですが、まさかの実験台が毛利小五郎。

なるほど大は小を兼ねる!これなら窒息死させられそうだ!」と笑顔で言ってる千葉刑事の心の深い深い闇しか見えませんが、毛利小五郎は人としてすらまともに認識されてないwwwこの後も千葉刑事は謝罪の一言すらありませんからねwww

『名探偵コナン』でも一二を争うほど、この場面は本当に面白かった。

【スポンサーリンク】

毛利小五郎の顔芸がおもしろいwww

だから毛利小五郎は意外と表情が多彩。もはや顔芸と表現した方が適切だと思いますが、思わずワロタな毛利小五郎の表情を簡単にまとめてみました。

(名探偵コナン8巻)

まずは「名探偵」と褒めそやされて、上機嫌の毛利小五郎の表情。アゴ外れるんちゃうかというぐらいの大笑い。舌もベロリンチョ。これぞ「下品」という表情。

(名探偵コナン32巻)

毛利小五郎はアイドルの沖野ヨーコが大好き。特にヘソ出しルックという格好もあってか、毛利小五郎はデレデレ状態の鼻が伸びまくり。ちなみに意外と作者・青山剛昌が描くへそが好きなのは俺だけ?

毛利小五郎はちょいちょい若い女の子を目の当たりにすると、こんなデレデレした表情を浮かべる。でも、たまに妃英理が出くわして復縁が遠のくパターンもしばしば。

(名探偵コナン33巻)
毛利小五郎は激怒したシーンでは、顔の大きさが巨大化。ふすま一枚分ぐらい倍化。『名探偵コナン』はカチッとした推理漫画と思われがちですが、割りと毛利小五郎を筆頭にギャグシーンも垣間見られます。

眠りの小五郎のワロタシーン

以上のまとめを読んだら分かるように、毛利小五郎は至ってポンコツ。そのため基本的に自分の推理で事件を解決することは少ない。でも、何故「毛利小五郎は名探偵」と世間の評判なのか?

(名探偵コナン6巻)

その理由は毛利小五郎の背後で主人公・江戸川コナンが解決するから。コナンは毛利小五郎を麻酔銃で眠らせて、変声機を使って小五郎の声でズバッと名推理を展開する。いわゆる「眠りの小五郎」状態。『名探偵コナン』13巻では睡眠薬のCMにも誘われるぐらい、毛利小五郎はめちゃめちゃ寝るwww

ただ江戸川コナンの姿がちょいちょい見えるのが面白い。フスマからコナンの目がチラッと見えてるのが笑う。こんな感じで「コナンの存在がバレてないか?」と思うシーンも結構存在します。

(名探偵コナン11巻)

例えば画像の場面だと、毛利小五郎の頭より江戸川コナンの頭頂部が上に来てる。おそらく前にいる人間が居たら、江戸川コナンの姿がゼッタイ確認できるやろ。さすがにコナンも推理に前のめりになりすぎ。最近の『名探偵コナン』もやっつけ仕事感がありありで面白いです。

(名探偵コナン57巻)

毛利小五郎からしたら唐突に睡魔に襲われるもんだから、江戸川コナンの気持ちも知らないでトンチンカンな推理を披露してしまう。その後、江戸川コナンは急旋回して推理を訂正することが定番なので、目暮警部も「相変わらずさっきと言ってる事が間逆だな」とほぼほぼバレてるw

だから毛利小五郎は「行く先々で事件が起きる呪われた探偵」と警察内でもウワサになるものの、あくまで江戸川コナンの呪いに巻き込まれてるだけ。いわば、もらい事故。そう考えると江戸川コナンの驚異的な事件遭遇率が怖すぎる。

【スポンサーリンク】

コナンに麻酔を打たれまくりで毛利小五郎の体は大丈夫か?

ただ気になるのは毛利小五郎の体調。さすがにこれだけ多くの事件に遭遇し、江戸川コナンに何度も麻酔を打たれると体が心配になります。しかも即座に眠りに入ってしまうほど即効性が高い麻酔。

結論から書くと、毛利小五郎の体はヤバいはず。何故なら麻酔の扱いは極めて難しく、副作用が強い。お医者さんの中でも麻酔の扱い方を間違える。ましてや一般人が入手できるようなものでもない。でも『名探偵コナン』はあくまで推理漫画。そこら辺をツッコむ方が負け。

ただ麻酔以外で毛利小五郎が眠らされるシーンもあります。コチラの方が画的にいろいろとヒドい。

(名探偵コナン1巻)

例えば『名探偵コナン』の序盤は阿笠博士に麻酔針を作ってもらえなかったので、江戸川コナンはどうしていたかというと灰皿を毛利小五郎の頭にめがけてぶっ放す。

でも、よりによって後頭部は一番アカンでしょ!!いやいや、もう一つここで新たに殺人事件が起きてますけどーー!!??と叫びたくなったのは内緒。逆にここまで鈍器で殴っても何の支障も起きないなら、『名探偵コナン』の被害者の存在って(笑)

(名探偵コナン12巻)

こんな風に毛利小五郎は頭部めがけて攻撃されることが多く、例えば自分の娘である毛利蘭にも思いっきり蹴りを入れられる。毛利蘭のケリはクルマの窓ガラスを突き破るほど。実際後ろのコンクリが粉々になってるにも関わらず、毛利小五郎はほぼほぼ無傷wwwウソだろおいwww

だから毛利小五郎の頭部の防御力がめっぽう強いだけで、ある意味特別な唯一無二のキャラクターと解釈する他ありません。先程は麻酔を打たれすぎて中毒症状になるんじゃないかと書きましたが、こんだけ毛利小五郎が無敵だったら基本的に心配はないでしょう(笑)

しかもコナンも「おーしチャンスだ!」とまさかの意気揚々。「大丈夫だ!蘭!おかげでひらめいた!」と毛利小五郎の声で喋らせるものの、もっと他に良い言い訳あったやろ。ここまで色んな意味で強かったら、おそらく毛利小五郎は死亡することはないでしょう(笑)

【スポンサーリンク】

毛利小五郎がふいに見せるイケメン姿

(名探偵コナン3巻)

ただ、こんな面白い毛利小五郎もたまにはイケメン姿を見せるシーンもあります。やはり元刑事だけあって、事件現場ではそれなりに見せ場を作ることもあります。大体の死因や死亡推定時刻を推察することが可能。

ということで記事もかなり長文になりましたが、ここからは毛利小五郎のカッコいいシーンだけを集めてみたいと思います。

(名探偵コナン2巻)

例えば「眠りの小五郎」としてすっかり板の付いた毛利小五郎ではありますが、実は『名探偵コナン』2巻の時点で誰より早くコナンの存在と才能に気付いてる。やはり元刑事だけあってか、天性の勘や相手を見る目に恵まれてる。バトル漫画『BLEACH』の名言だと「なん…だと…!?」という吹き出しが似合いそうな場面。

ただ、この場面から既に『名探偵コナン』90巻以上のコミックスが発売されてるものの、未だに江戸川コナンの正体を見破れない毛利小五郎は、やっぱりポンコツであることは敢えて言うまでもありません(笑)

ちなみに、この毛利小五郎のまとめ記事が長文になりすぎたので、【名探偵コナン】毛利小五郎のカッコよすぎる名言7選は別記事にまとめました。毛利小五郎に興味がある方はあとでチェックしてみて下さい。むしろそちらの内容がメインになります。