【名探偵コナン】RUM(ラム)の正体って結局誰なん?【黒ずくめの男ナンバー2】

スポンサーリンク

日本を代表するおすすめ推理漫画といえば『名探偵コナン』。小説や映画など全ての作品をひっくるめても、推理モノとしてここまで長期連載が続いてる漫画は少ないはず。

この『名探偵コナン』の敵と言えば、やはり黒ずくめの男たち。常にブラックのスーツを着用し、ブラックのハットをかぶってる犯罪者集団。一応、目立たないように黒を選択してるのかも知れませんが、むしろ却って怪しさしか漂ってないのは内緒。

そこで最近になって黒ずくめの男たちの黒幕がついに発覚。詳しくは【名探偵コナン】黒幕の正体・烏丸蓮耶とは何者?【あの方】という考察記事を読んでみて下さい。漫画サイトの中では一番詳しくまとまってあります。

ただ何故か烏丸蓮耶の片腕である「RUM(ラム)」の正体は未だに明らかになっておりません。そこで今回は黒ずくめのナンバー2であり、黒幕の最側近である「RUM(ラム)の正体」を私ドルジ露瓶尊が徹底的に考察してみました。

黒ずくめの男たちナンバー2がRUM(ラム)

まず「RUM(ラム)」とは一体何者なのかを簡単に解説しておきたいと思います。

冒頭でも書いたように、RUM(ラム)は黒幕(あの方)の最側近の部下。ただ厳密には現在のRUM(ラム)の地位は不明らしいものの、灰原哀が黒の組織で働いていた最近までナンバー2だったことは確定済み。

そのためRUM(ラム)の地位は、少なくともジンたち以上であることは間違いない。実際、ジンはラムの命令に逆らうことはできないため、赤井秀一も「ジン以上大物」とRUM(ラム)を警戒してるほど。今後の『名探偵コナン』の中で重要な役割を良くも悪くも果たすのがラム。

RUM(ラム)の最大の特徴は「義眼」。どうやら何かしらの事故か事件に巻き込まれて、片目は義眼が装着されてる模様。つまりRUM(ラム)の目はどっちかが失明してる。客観的にはかなりの特徴。

ちなみに『名探偵コナン』の劇場版アニメではRUM(ラム)が何度か登場して、口調もかなり特徴的だったらしいんですが漫画以外のコナンは基本チェックしてないため今記事では割愛してます。

RUM(ラム)候補は合計3名

このRUM(ラム)は合計3名の候補キャラクターがいます。

(名探偵コナン1008話 青山剛昌 小学館)

それが黒田兵衛(くろだひょうえ)若狭留美(わかさるみ)脇田兼則(わきたかねのり)の三名。黒田兵衛は警視庁捜査一課管理官。若狭留美は帝丹小学校の副担任、脇田兼則は米花いろは寿司の流れ板職人。職業から年齢までバラバラ。

黒田は元々は長野県警の捜査一課長だったものの、その後警視庁に不自然なカタチで出向。主人公・江戸川コナンと毛利小五郎との関係に薄々気づいてる模様。逆に一切気付いていない目暮警部がポンコツすぎるだk…(略。

黒田は10年ほど前に事故にあって、右目に義眼をはめ込む。右目周辺も火傷を負っており、確実に失明してることは間違いなさそう。見た目だけで言えば、黒田は完全に黒ずくめの男たちの一味。

若狭留美は主人公・江戸川コナンが通う帝丹小学校に突如として赴任した37歳の女性。何故か黒ずくめの男たちが所有するAPTX4869の対象リストを保持してる謎多き女教師。他は初老のオッサンであるため、RUM候補の中で一番浮く存在。

登場当初はドジっ子全開だったものの、それは意図的ではなく「右目が見えていなかったから」と後に判明。また江戸川コナンなどに対して、間接的に推理の手助けになるように助ける場面も。

(名探偵コナン93巻 青山剛昌 小学館)

ラム候補同士である黒田と若狭が相対する場面も。

脇田は左目に出来物ができたことを理由に、眼帯を着用。ただ流れ板のため脇田の過去の情報はなく、もしかすると失明を隠しているか可能性。脇田は何故か毛利小五郎に探偵として弟子入りさせてくれと懇願した変なオッサンだったものの、実際には安室透と同じく公安警察の一員。

それぞれがいかにもラムを匂わせる要素を持ち合わせてることが分かります。そこで続いてはRUM(ラム)候補3名の真偽について、私ドルジ露瓶尊が一人ひとり考察していこうと思います。