【731部隊】ヒロアカが大炎上!志賀丸太の名前の意味を考察してみた【僕のヒーローアカデミア】

少年ジャンプで連載中の人気ヒーロー漫画が『僕のヒーローアカデミア』。通称「ヒロアカ」。劇場版アニメの興行収入は『ONE PIECE』に負けないほど人気。とりわけ海外でも人気。だからというわけでもありませんが、『僕のヒーローアカデミア』最新話で「とあるキャラクターの名前」で大炎上。

083850566b06ffcdb77ba5ee65634ef8 500x329

(僕のヒーローアカデミア259話 堀越耕平/集英社)

その名前が「志賀丸太(しが・まるた)」。脳無(のうむ)を作った張本人にして、オールフォーワンの最側近。まさにラスボスの片腕といったところの悪役キャラ。既に少年ジャンプ編集部や作者・堀越耕平も当該キャラクター名の変更を炎上直後に発表。

果たして「志賀丸太」の名前に隠されたヤバい意味とは?本当に『僕のヒーローアカデミア』の作者・堀越耕平は「意図的」に命名してなかったのか?既に検証サイトはありますが、ドル漫でも適当に考察してみようと思います。

志賀丸太は「731部隊」に関連した名前

じゃあ、志賀丸太の名前は何故炎上してしまったのか?

結論から書くと、志賀丸太のキャラ名は「731部隊」と関連した名前だったから。少年ジャンプ編集部は「意図はない」「無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではない」と発表してますが、さすがにそれはいくらなんでも…というレベル。

まず簡単におさらいしておくと、731部隊とは第二次世界大戦時に旧日本陸軍に存在した研究機関のこと。ナチスのアウシュビッツ強制収容所が有名ですが、それに匹敵するぐらいに731部隊はとにかく非人道的な組織。

例えば、731部隊では兵士の衛生管理以外にも、細菌を使った生物兵器を作っていた。その過程で捕らえたアジア人たちを使って「人体実験」を数々行っていたため、「悪魔」と表現されることも。

この731部隊は人体実験の被害者の隠語として「丸太(まるた)」と呼んでいた。ここが特に問題視されてるんですが、一方で志賀丸太は無個性だから「丸太ん棒」から来てるという説もあります。出久が「でくの坊」から来てるように。

とはいえ「丸太≒使い物にならない」というニュアンスは一般的ではないと思いますし、他にも志賀丸太の名前には731部隊を想起させる部分が少なくない。ヒロアカファンも今回の炎上の件でいろいろ擁護してるようですが、擁護すれば擁護するほど作者の堀越耕平が追い込まれるだけなのに…とつい言いたくなるレベル。

志賀も「志賀赤痢菌」を意味した名前

実は「志賀」も731部隊を想起させる名前だった。

何故なら、731部隊の人体実験でも使用されていた赤痢菌は細菌学者の「志賀潔」によって最初に発見されたから。そのため別名も「志賀赤痢菌」。

bd68459cce9bf84bc68f6ff72f69835b 307x430

(僕のヒーローアカデミア259話 堀越耕平/集英社)

例えば、志賀丸太を追い詰める直前のエンデヴァーの「悪魔の手先よ」という発言も、731部隊を取り上げた『悪魔の飽食』という森村誠一のノンフィクション小説のタイトルをいかにも彷彿とさせます。

1ebd8263738771287cb7f5b3ec781550

(Wikipedia)

他にも731部隊の初代隊長の石井四郎のルックスと志賀丸太のキャラデザが似通ってるのも気のせいか。ここまで志賀丸太と731部隊の関連性を強く匂わせられると、さすがに「偶然」の一言で片付けられるものなのか?

少年ジャンプ編集部は『鬼滅の刃』や『ゆらぎ荘の幽奈さん』が批判されたこともありますが、内容に変更点は全く見られてなかった。もしヒロアカの作者が本当に否定していれば、ジャンプ編集部も必死になって守ってくれるはず。

それにも関わらず、ジャンプ編集部が組織的にここまで迅速に動いたということは、おそらくヒロアカの作者はないないで編集部に対しては自白してるんだろうと推認されます。ヒロアカの作者はキャラクター名に異常なほど意味を持たせたがる漫画家なので、ラスボスに近いキャラに「無意味」な名前は付けない。

志賀丸太のベースはグロ漫画家の「氏賀Y太」か?

しかも、志賀丸太のベースは731部隊以外だった可能性が高そう。

結論から書くと、志賀丸太のベースはグロ漫画家の「氏賀Y太」だったと考察できそう。「うじがわいた」という読み方からも分かるようにどんな漫画を描いてるか想像できると思いますが、「しがわいた」と読み替えることが可能。「しがまるた」とまさに響きが酷似。

氏賀Y太をベースにアイデアや着想を広げていった結果、731部隊に行き着いて「丸太」という表現を敢えて使用してしまったんだと思います。もちろん作者・堀越耕平に右翼的な思想が背景にあったとは思いませんが、悪役キャラを煮詰めすぎた結果、悪ノリが過ぎたというオチだと思います。

特に「志賀丸太」という一見すると平凡な名前だったからこそ、731部隊と関連させた意味を付けたことに「思想的な背景」も疑われたんだと思います。

もし編集部が「志賀丸太の命名の由来や731部隊との関連性」を知ってたらあらかじめ止めてるだろうなと思います。だからこそ、わずか炎上数時間でキャラ名の変更の発表も決断してるはず。ヒロアカの作者も内心では炎上するかもと考えていたに違いない。

丸太の意味は無個性?まるまる太った?

一方、丸太の意味は731部隊と関係ないと主張しているのが少年ジャンプ編集部。またそれ以前からも丸太は別の意味が隠されると主張していたネット民も散見されました。でも、果たして本当にそうだったのか?

例えば、丸太ん棒から志賀丸太は無個性のキャラクターだったとする説。確かに初登場時の志賀丸太は「個性がない」と説明されておりました。主人公の緑谷出久も木偶の坊が由来。とはいえ、丸太ん棒からどう無個性と繋がるのが意味不明でした。

a26ce4b9f54aa94cce2690153a878c71

(僕のヒーローアカデミア260話 堀越耕平/集英社)

実際、翌週の『ヒロアカ』を読んでみると、志賀丸太は実は「個性を持っていたキャラクター」だったことが早々に判明してる。イレイザーヘッドの「抹消」で志賀丸太を視た途端、志賀丸太を急激に老けだすなど、どうやら「個性の複製」といった能力だった模様。

確かに脳無を生み出した張本人であり、オールフォーワンの最側近だった以上、無個性ということはさすがに考えにくかったです。

そして、最終的に少年ジャンプ編集部は「丸太≒まるまる太った」が由来と説明したそう。確かに志賀丸太の見た目はまるまる太った老人でした。ただし、画像を見ても分かるように翌週の『ヒロアカ』では太った体型は既に原型をとどめてない。

名前の由来が「個性がない」よりもまだ説得力があると考えての判断だと思いますが、早々に消えてしまう特徴をキャラクター名に付けるとは考えにくい。むしろ見た目で命名するなら「老人」の方に焦点を当てるのが筋でしょう。

また次週のストーリーでもやはり731部隊との関連を推認させる部分があった。それが「再生医療」と絡めてプレゼント・マイクが志賀丸太に詰め寄るシーンも、殺戮部隊の731部隊も最初は兵士の感染予防を目的として結成されたことを強く匂わせます。

少なくとも、「何も意図してない」というのは嘘だろうなと思います。どうやら前作のいくつかが編集者の意見を取り入れすぎて自滅したため、今作の『僕のヒーローアカデミア』では編集者の意見をあまり聞かずに作ってると確か語ってたはず。そこらへんの弊害もありそう。

「脳無」しの自称ヒロアカの読者が騒ぎまくってるせいで、「ヒーロー」の作者が追い込まれてるのは皮肉な話であります。

コメント

  1. 匿名 より:

    少年ジャンプ編集部が丸太の意味は「まるまる太った」と言い訳してるようです

  2. っぽいですね。
    完全に「悪手じゃよ蟻ん子」というネテロの名言が頭をよぎりました。

    だったら、「志賀丸太から改名する必要ないやん」って話ですから。
    ましてや、『ヒロアカ』には既に豊満太志郎(ファットガム)とかいるわけで、
    何故それに丸太と命名してなかったんだという疑問しか残らない。

    例えば、「廻他(まるた)」など得意の当て字で表記すれば良かったと思うんですが、
    あえて「丸太」という表現にこだわったのも氏賀Y太がベースにあったからとしか。
    ここまで後手後手の対応で混乱してると下手したら、
    ヒロアカの長期休載の可能性も十分考えられると思います。
    まさに無脳な味方といったところ。

  3. 匿名 より:

    別になんだっていいじゃないか。

    この漫画はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

    と、記載されているのだから。
    フィクションを現実に置き換える方がナンセンス。個人的に嫌と感じる人がいる。っていう人もいるが、嫌なら見なきゃいいだろ。って話なんだけどな。

  4. 匿名 より:

    ヒロアカの連載が休止するって本当ですか?

  5. 匿名 より:

    偶然にも一致しすぎてることはあるけども、、、何より確定のように書くのはおかしいと思う。もしかしたらこうかもって書くのが当たり前じゃない?あと脳なしとか何やら言ってますけど擁護するのは当たり前でしょう。好きなものなんだから。

  6. 「脳無し」という表現は「志賀丸太が量産した脳無」と掛けたつもりです。
    ただ少し言い過ぎてる部分はちょっと修正しておきました。

    もし今回の件をまるく収めることができたとしたら、
    作者や集英社が真摯に謝罪することだけだったと思います。
    ただヒロアカファンの擁護は「謝罪させにくい空気を作った」だけでした。

    爆豪勝己の誕生日がヒトラーと同じ誕生日だったと騒いでる人がいましたが、
    「じゃあ爆豪勝己の誕生日は修正しないんだ?」と作者などに矛先が更に向くだけ。
    「歴史に詳しい読者の批判」と「歴史に無知なファンの擁護」。
    どちらを優先させるべきかは明白だったと思います。

    好きな作者が目の前に広がってる地雷原を歩こうとしていたら、
    それを止めるのが本当の読者だったかなと思います。

  7. 現状まだ炎上は収まってないようですが、休載までは行かないのかも。
    作者のメンタルや作品の方向性にも影響を与えそうなので何とも言えませんが。
    ただ下手すると、ヒロアカ以外の集英社のアニメ作品の海外展開には影響は出るかも。

  8. >嫌なら見なきゃいいだろ。
    チンギス・ハーンに落書きして問題になった漫画もありますが、
    その一言だけで片付けることも難しいんだろうと思います。

    日本がどんな表現しても許される国なら別ですが、
    少し前に韓国のBTSの原発Tシャツが問題視されて、
    日本の音楽番組への出演が一時期中止にされたぐらいですし。

  9. 匿名 より:

    btsの原発tシャツってなに?

  10. 匿名 より:

    まあ謝罪して許してもらえるような相手じゃないですよね、普段の日韓関係見てたら
    無視が1番です

  11. 「原爆Tシャツ」の間違いでしたm(_ _)m

    ただ韓国の読者のクレームだけだったら、
    ここまで問題になってないと思います。

    言ってもヒロアカは少年漫画ですから、
    「悪を擁護する」ような思想性が垣間見えるのは、
    作品の方向性を考えても微妙と言わざるを得ません。

    中国でアニメの放送が取りやめになるなど、
    海外展開を考えると開き直ったのは逆効果だったと思います。
    今回の志賀丸太は「シンプルに悪趣味」。

  12. 匿名 より:

    この話とは余り関係ないけど一応731部隊が人体実験を行っていた云々はもう20年近く前に否定されているから

  13. そういうデマや陰謀論が一時期流行りましたが既に否定されてると思いますよ。
    作者や集英社も謝罪(?)する際にも「過去の史実」と語ってます。
    もしそう信じるなら「捏造された歴史ですよ?先生は反日ですか?」
    などと集英社を批判すれば良かったと思います。そうすればもっと炎上したでしょうけど。

    何故被害者の蔑称を使用したんだ?という批判もありましたが、
    本来は悪役キャラには加害者に類する名前を素直に使えばよかった話。
    でも結局、こういう右寄りの批判やネトウヨの存在を意識てして、
    731部隊の首謀者等の名前を用いなかったんだと思います。

    今回の炎上の件はその「配慮」が全部裏目に働いた感じでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました