【約ネバ】五摂家の正体&メンバー一覧まとめ【画像あり】

少年ジャンプで連載中の『約束のネバーランド』が人気。既にアニメ二期が決定するなど老若男女問わず人気が出ております。ドル漫では1話目で予想したとおりの展開。

(約束のネバーランド131話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

そこで今回ドル漫では約束のネバーランドで新たに登場した「五摂家」の正体やメンバー一覧を徹底的に考察してみようと思います。果たして五摂家とは?どんなキャラがいるのか?

【解説】そもそも五摂家とは?

まずは「五摂家」の正体をおさらい。

五摂家とは、鬼の世界を牛耳る貴族たちの5つの王家。読み方は「ごせっけ」。

『約束のネバーランド』特有の造語ではなく、かつて日本にも「摂家(せっけ)」と呼ばれるトップの公家がいた。実際、一条・二条・九条・近衛・鷹司の5家が存在した。

おそらくそれらを参考に今回の五摂家が設定付けられており、『約束のネバーランド』ではまさに世界を統べる鬼の貴族たちを「五摂家」として定義付けてる。

さながら漫画風の陳腐な表現を使うのであれば「ラスボス集団」といったところ。

○五摂家を超える存在が「王家」の鬼

(約束のネバーランド126話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

ただし、立場的には王家が上。五摂家が身分的には王家に仕える側。

日本の場合で考えると、天皇が王家、公家が五摂家といった関係性。だから今回紹介する五摂家以上の王家がもっと今後登場する可能性も。

王家や五摂家は人間たちとかつて不戦の誓いを結び、700年以上にも渡って人肉農園を管理。鬼は人間の脳を食べないと意識を保てなくなってしまうため、五摂家以外の鬼は生殺与奪を握られてるカタチ。

そのため五摂家は莫大な権力と富を得ているだけではなく、さながら鬼社会に階級社会・格差社会をもたらす象徴的な存在としても描写されてる。

そのため鬼の中には五摂家を恨む集団も多く、ウィリアム・ミネルヴァことノーマンは、元鬼の貴族だったギーランと五摂家を衝突させて共食いさせようと試みている。

d-manga.net

イヴェルク卿…五摂家メンバー

(約束のネバーランド131話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

まず最初の五摂家は「イヴェルク」。イヴェルクの特徴は日本の水牛のような角。五摂家の中でも最も体が巨体。

『約束のネバーランド』1巻の最初に登場した五摂家。儀祭(ティファリ)前に「御膳は特別。我らと違ってな」と王家に忠誠を誓っていた貴族鬼と言えば分かるはず。

だからグレイス=フィールドハウス(GF)を管理していた可能性が高く、五摂家の中でも位は高いのかも知れない。800年前に農園を作ることを他の鬼に説得し、指導的な立場を取ったのがイヴェルク。

そのためイヴェルクは五摂家の中でも知能は高そう。ただし、王家に対する忠誠の高さゆえの「脆さ(もろさ)」みたいな弱点も抱えてそうです。

ドッザ卿…五摂家メンバー

(約束のネバーランド131話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

続いての五摂家は「ドッザ」。

四つ目が特徴の貴族鬼。肩には昔の侍の甲冑のようなものも装着し、日本の雄々しい角が特徴。そのため見た目的には五摂家で最も戦闘力が高そうです。

ドッザは最初から五摂家だったわけではなく、途中から貴族として迎え入れられた過去がある。そのためバイヨンなどは「下賤(げせん)」と心の中では蔑視してる。

実際、ドッザは女王の拝謁前でもあぐらをかくなど、がさつな言動も目立つ。ノーマンが手を結んだギーランの代わりに五摂家に入ったメンバーか。

(約束のネバーランド9巻 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

ドッザの息子にはルーチェがおります。

「お坊ちゃん体質の身の程知らず」として紹介されていたものの、非貴族上がりの下賤の血を引いていたと考えると納得。ただし、ルーチェはゴールディ・ポンドとの戦いで既に死亡済み。

一方、父親・ドッザはまだ息子・ルーチェが行方不明のままと思い込んでる。そのため死の事実を知った時にはマイルドヤンキーパパよろしく、ブチブチにブチ切れてくれちゃいそうです。

ノウム卿…五摂家メンバー

(約束のネバーランド131話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

続いての五摂家は「ノウム」。

顔面のひし形マークが特徴。また頭と服装の羽根をあしらっており、五摂家の中でも身長は低め。戦闘力は五摂家の中で最も劣りそうな雰囲気。

(約束のネバーランド9巻 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

ノウムにはノウス・ノウマという2人の兄妹がおります。

二人の連携プレイに苦しめられましたが、やはりゴールディ・ポンドの戦いにおいて死亡済み。片方が倒された直後、もう一方の鬼がバクバクと食していたシーンは印象的でした。

そのため三者三様で全く似てませんが、ノウムの性別は雰囲気的に母親かも知れない。ノウスとノウマは父親の遺伝子を強く引き継いだのか。フィジカル的な弱さを考えると、五摂家の中では唯一特殊能力など発動しそう。

バイヨン卿…五摂家メンバー

(約束のネバーランド131話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

続いての五摂家は「バイヨン」。二本の直線的な角が特徴。そして、五摂家では最もスマートな雰囲気。あれ?でも既にバイヨンは死んでなかったっけ?

実は死亡したのは父親のバイヨン。既に失踪(死亡)から一年半以上も経過しているため、バイヨン家の王位は画像の長兄に自動的に移行している模様。

だから、これまで紹介してきた五摂家の名前は「名字」の可能性。さしずめ本名は「バイヨン=○○」や「ノウム=ノウス」あたりなのかも知れない。

父親・バイヨンは200年前に自らの敷地で人間狩りを始めた張本人ですが、兄バイヨンは深くは関与してない?

(約束のネバーランド11巻 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

そして、兄バイヨンの弟には「レウウィス」がおりました。1つ目の猿鬼を常に肩に乗せていたのが印象的ですが、バイヨンとレウウィスは親父と息子の関係性だった。

最終的にエマに倒されてしまいましたが、レウウィスは非常に狡猾で戦闘力が高かった。そして、実に執念深かった。そのためバイヨン一族は五摂家の中でも実力的には上か。

プポ卿…五摂家メンバー

(約束のネバーランド131話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

続いての五摂家は「プポ」。いかにも貴族ですという服装が特徴。逆に言うと、これといった特徴がないとも言えそう。

そして、最大の特徴はバイヨン卿の人間狩りに唯一家族が関与してないこと。五摂家の中では中立の立場というのか、もしかすると孤立主義を貫いているのか。いや、家族が少ないと解釈するのが自然か。

だから『約束のネバーランド』という漫画で何の爪痕も残せず消えそうな匂いもしますが、地味にキーマンになる可能性も秘めてるキャラクターではあるか。

五摂家たちを統治する「女王」がレグラヴァリマ

(約束のネバーランド131話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社)

最後は五摂家すら統べる存在の「女王・レグラヴァリマ」。

いわゆる王家に属する貴族 of 貴族。五摂家からは「陛下」などと呼ばれてる。顔面が人間そのものに見えますが、それだけ数多くの上質な人間の脳みそを食べてきた裏返し。

他にも王家のキャラクターがいるかは不明ですが、『約束のネバーランド』のラスボスを意味していた謎のフニャフニャ文字は「レグラヴァリマ」を指していたと考察されます。

かつてレグラヴァリマたち王家の鬼たちは自らの既得権益を守るために、人間の脳を食べなくても知能を保つことができる鬼(邪血の少女)を食い殺した過去がある。

d-manga.net

そのためムジカたちがは未だに五摂家に追われていると分析するのがノーマン。

実際、レグラヴァリマや五摂家のメンバーは既に邪血の少女の血をすすっており、人間の脳みそを食べなくても今後退化することはない。あくまで「グルメ」として女王レグラヴァリマは人間の脳を貪っている。

ということでまとめると、約束のネバーランドの今後の展開はこれら五摂家のメンバーをいかににして倒すかといったところ。

ただし、五摂家の家族は既にゴールディ・ポンドの戦いで何人も死亡するなど、鬼サイドで考えると戦力が大幅に失われてる状態。子供のエマにフルボッコされてる現状、果たして五摂家はどこまで強いのか?はてさて。