【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(東日本編)

先日2017年10月10日に公示がされました。国会を開くことなく疑惑から逃げおおせた安倍総理に批判もありましたが、10月22日に第48回衆議院議員選挙が行われます。国会議員定数が10ほど減らされて、改選議席数が465議席は戦後最小とのこと。

そこで今回は2017年10月22日に投開票が行われる第48回の衆議院議員総選挙の情勢をまとめてみました。ただし記事のボリュームが膨大になるため、今回は「東日本の選挙ブロック」に限定して絞ってます。またそれぞれの選挙区の細かい候補者などについては、新聞社のサイトでもチェックしてください。今回の情勢記事では明らかな泡沫候補などについては基本的に割愛。

北海道ブロックの情勢予想

北海道1区は立憲民主・道下大樹と自民・船橋利実が横一線。横路孝弘の地盤を引き継いだことと共産の離脱も伴って、立憲民主の道下がやや有利な情勢か。ただ終盤情勢では自民・船橋が自民支持層を固めて、立憲民主・道下を逆転。

北海道2区は自民・吉川がリード。希望に移った松木謙公は、共産などの候補乱立に伴って勢いが削がれている。北海道3区は立憲民主の荒井聡がやや優勢だったが、中盤情勢では自民・高木と競り合う展開に。ただ最終盤では立憲民主・荒井が共産支持層も固めて再逆転とデッドヒートの展開。

北海道4区は自民・中村裕之がやや優勢。元維新の希望・高橋美穂の立候補もあって、立憲民主の本多平直は苦しい。ただ中盤情勢では希望の失速に伴い、追い風の立憲民主・本多が追う展開。終盤情勢では立憲民主・本多がややリードか。まさに接戦。

北海道5区は自民・和田と立憲民主の池田が横一線。補選の雪辱なるか。中盤以降の最終情勢でも接戦が続き、まさにつばぜり合いの戦い。北海道6区は立憲民主の佐々木隆博がやや優勢。中盤情勢では立憲民主・佐々木が更に一歩抜け出し、終盤情勢では立憲民主・佐々木が先行する展開。北海道7区は自民・伊東良孝が安定した戦い。共産候補しかおらず無風。

北海道8区は無所属・逢坂誠二が優勢。元々は鳩山由紀夫の地盤だったため自民への雪辱なるか。中盤情勢では無所属・逢坂が更に一歩抜け出し、終盤情勢でも優位に戦いを進める。北海道9区は希望・山岡達丸と自民・堀井学が接戦だったが、中盤情勢では自民・堀井が先行する展開。やはり自民アシストの共産党が足を引っ張る。

北海道10区は公明・稲津久と立憲民主・神谷が横一線。中盤情勢以降は更につばぜり合いが続く。前回の衆議院選挙では公明・稲津が8.6万票、民主・神谷が7.1万票、共産が2.1万票。今回は共産不出馬に伴って、まさに公明と立憲民主の総評数がほぼ同じ。そのため無党派の取り込みに躍起。まさに情勢的には投票率次第か。

北海道11区も立憲民主の石川香織と自民の中川郁子が横一線。血みどろのオンナの戦いはどっちに軍配があがるか。ただ終盤情勢では立憲民主・石川がややリードする展開。北海道12区は自民・武部新が優位に戦いを進め、共産の邪魔も手伝って希望・水上美華が猛追するも終盤情勢では更に引き離される。

北海道の情勢としては、野党側が半分程度の選挙区で当選する可能性はありそう。とはいえ全体的に見れば自民が優勢であることには変わりなく、もし立憲民主で最初から統一できていたとしたら…と思ってしまう。

東北ブロックの情勢予想

続いては東北ブロックの情勢。

○青森県の情勢

青森1区は自民・津島淳、青森2区は自民・大島理森、青森3区は自民・木村次郎が共に優勢。

青森1区の希望・升田世喜男は区割りの変更で票田を失ったのが痛い。また共産党が全ての選挙区で邪魔してるのも悪影響…もとい自民にとっては好影響。中盤情勢でも構図は変わらず。終盤情勢では更に自民が盤石化。