【画像あり】ゆらぎ荘の幽奈さん あらすじ登場人物まとめ【ミウラタダヒロ】

スポンサーリンク

○伏黒夜々(ふしぐろやや)…登場人物キャラ

(ゆらぎ荘の幽奈さん5巻 集英社)

続いてのキャラクターは伏黒夜々。203号室。シッポと猫耳から化け猫の類いかと思いきや、一応は普通の人間。あくまで「猫神」に取り憑かれてるだけ。基本的に自分は何もしないので、強いて言えば「猫使い」みたいなものか。

ただ伏黒夜々はいつも眠そうにしてる性格もあってか、意外と登場回数は少なく人気投票でも8位と奮わず。

○仲居ちとせ(なかいちとせ)…登場人物キャラ

(ゆらぎ荘の幽奈さん3巻 集英社)

続いてのキャラクターは仲居ちとせ。管理人室。名前からも分かるように、ゆらぎ荘を仕切ってるキャラクター。ただ見た目の幼さとは相反して、最古参。それもそのはず仲居ちとせは座敷童。ヒトの運命をいとも簡単に変えるチカラを持つ。

見た目の幼さを利用して、今現在は中学校に通ってる。いかにも口リキャラの仲居ちとせ。漫画的には人気が出ても良さそうですが、順位的に9位とあまり奮わず。他のキャラクターを見ても分かるように、見事にバインバイン。それだけ『ゆらぎ荘の幽奈さん』の需要としてはソッチ系が大半なんだろうと考察されます。

○信楽こゆず(しがらきこゆず)…登場人物キャラ

(ゆらぎ荘の幽奈さん1巻 集英社)

続いてのキャラクターは信楽こゆず。管理人室。化け狸ではあるものの、実力は未熟なため見た目は少女。そのためキョヌーに強く憧れる。最初は宮崎千紗希を脅かそうと試みるも失敗。その後は改心してゆらぎ荘に入居。

仲居ちとせと同様に人気はあまりないものの、信楽こゆずは「変身」という特技を活かして要所要所においてラッキースケベを巻き起こす重要なキャラクター。

○緋扇かるら(ひおうぎかるら)・己虎神マトラ(みこがみまとら)

(ゆらぎ荘の幽奈さん7巻 集英社)

ラストの登場人物は緋扇かるらと己虎神マトラ。緋扇かるらは大天狗の娘であり、己虎神マトラは妖怪の鵺。まさに強力タッグ。前者は瞬間移動や変身技など多彩な技を持ち、後者はとにかく肉弾戦が得意のキャラクター。鬼の荒覇吐呑子ですら一蹴するほど。

一見すると敵キャラっぽいですが、緋扇かるらは主人公・冬空コガラシが大好き。かつて関ヶ原の戦いで冬空コガラシが東西の戦いを止めた場面を見たときから一目惚れ。その後コガラシをコケシに変身させて、それを胸に挟んでは翻弄させた。その後、和解。

ちなみに横でチョロチョロしてるのは雀のスズツキ。

以上、『ゆらぎ荘の幽奈さん』のキャラクター・登場人物一覧でした。他にもストーリーの根幹部分に絡んできそうな占術師・流禅などもいますが、この記事では割愛。詳しく知りたい方はコミックスを読んで下さい。