【感想】大正処女御伽話が面白いのか考察してみたw【全巻まとめレビュー】

スポンサーリンク

大正処女御伽話 おすすめ総合評価・評判・口コミレビュー

以上、『大正処女御伽話』が面白いかつまらないかの考察まとめでした。

何度もレビューしてますが、この『大正処女御伽話』のおすすめポイントは良くも悪くも「ユヅというヒロイン」の一点のみに尽きると思います。ユヅは素直に愛おしい、素直に可愛らしい。思わず母性や父性がくすぐられるキャラクターでおすすめ。

卑屈な主人公の設定や関東大震災が起きた時代性からも分かりますが、ストーリーはやや暗めのトーンも目立つ。読んでて楽しくない人は楽しくない空気感のはず。それでも、だからこそユヅというキャラが相対的に輝く。おっπシーンもゼロではありませんが、あくまで内容は硬派な恋愛漫画。

そのため掲載誌はジャンプスクエアという少年誌ではあったものの、女性など幅広い読者層にハマる時はハマりそう。全5巻というボリューム感やサイズ感も合わせると、そこまで全巻集めても買い物として失敗はしない気がします。とりあえず1巻だけ買っても損はしない。