【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(西日本編)

スポンサーリンク

○山口選挙区

山口1区は自民・高村正大がリード。ちなみに高村正彦の息子で、いわゆる世襲。山口2区は自民・岸信夫が優勢。山口3区は河村建夫がリード。山口4区は安倍晋三がリード。例の安倍昭恵がドサ回りしてるのこと。何という無風区でしょう~。

特に見どころはないが、山口県の人口は今回2017年衆議院選挙から定数が減少した奈良県や長崎県などとほぼ同水準。そのためいずれ山口県の定数が減少することは確定的であるため、この中からどの重鎮議員が弾き出されるのかが面白ポイントである。

四国ブロックの情勢予想

○徳島選挙区

徳島1区は自民・後藤田正純が優勢。希望・仁木博文が必死に追う。ただ終盤情勢では希望・仁木は肝心の無党派層で伸び悩むなど、更にリードを広げられている。徳島2区は自民・山口俊一が安定した戦い。無風区。共産党がアシストしたおかげもあり、自民の議席独占が濃厚の情勢。

○香川選挙区

香川1区は自民・平井卓也と希望・小川淳也が横一線。今回は共産が立候補を断念。前回の衆議院選挙の結果が自民・平井7.4万票に対して、民主・小川が6.5万。そこに共産1万票がまるまる宙に浮くため、今回2017年衆議院選挙では前回以上に接戦になるものと予想されます。

そのため自民・平井はTwitterで共産・志位和夫に対して「何で出馬しないの?」とツイートしたことがプチ話題になったほど。ただし中盤情勢では自民・平井が一歩抜け出す。終盤情勢でも変わらず。無党派層や立憲民主票などの取り込みがカギを握る。

香川2区は希望・玉木雄一郎が今回も安定した戦い。高校の同級生などを軸にした後援会など、徹底したドブ板戦略は今回も盤石。加計問題の追及の急先鋒で一気に知名度が高まったことで、自民支持層にも食い込むなど更に安定感が増す情勢。終盤にかけても自民候補を引き離す。

ちなみに安倍晋三などは香川2区に重点的に演説に入っている(玉木雄一郎のフェイスブックなど参照)らしいですが、大半は玉木本人の個人票のため情勢には影響なさそう。むしろ選挙後の展開を考えると、安倍がケンカを売ってる感があるため希望・玉木は再び追及を強めるか。

香川3区は自民・大野敬太郎が父親の地盤を引き継ぎ安定した戦い。社民・藤田は厳しい。

加計学園事件は捏造だと騒いでいたネトウヨは、その「急先鋒だった玉木は落選に違いないwww」と何故か喜んでいましたが、このザマです。

○愛媛選挙区

愛媛1区は自民・塩崎恭久が優勢。元民進の希望・富永は民進系組織から支援を受けるものの、希望の党の政党支持率が立憲民主党に逆転されるなどやや厳しい情勢は中盤以降も変わらず。

加計学園事件と発端となった、愛媛2区は自民・村上誠一郎が優勢。村上は反安倍の急先鋒であり、自民党議員でありながら加計学園問題で安倍を追及してるねじれ現象が話題に。希望・横山はやはり党の失速に伴い、今回も厳しい戦い。また維新や共産の自民アシストも足を引っ張る。終盤情勢でも同様。

愛媛3区は希望・白石洋一と自民・白石寛が横一線。自民・白石はスキャンダルはあったものの、自民や公明の支持層の7割程度を固める。また共産出馬も自民・白石にアシストに働く。希望・白石は連合票や政権に批判的な無党派層への浸透に躍起。終盤情勢でもデッドヒートが続く。愛媛4区は自民・山本公一が安定。元次世代の希望・桜内文城はやや厳しい。

愛媛3区はもともと補選が行われる予定だった。そこで共産党は必死に共闘をアピールしてましたが、結果的に共産は出馬して野党側の邪魔をしてる模様。コイツラどこまで馬鹿なんですかね?

○高知選挙区

高知1区は自民・中谷元が安定した戦い。終盤情勢でも変わらず。

一方、高知2区は無所属・広田一と自民・山本有二が横一線の戦い。前回の衆議院選挙では自民・山本が8.3万。民主・武内が4.2万。共産が3万。自民・山本の圧勝だったが、一騎打ちに戦いに持ち込まれて自民・山本は苦戦気味。

また広田一は元々は高知選挙区の参議院議員。そのため元々は知名度が高く、連合票など組織票を固めることにも有利に働く。元々は山本有二や国替えする前の中谷元の無風区だったが、一気に接戦区に変化した稀有な選挙区。

終盤情勢でも接戦は変わらないが、無所属・広田は無党派層にも浸透するなど勢いがある。結果は投票率次第か。

九州ブロックの情勢予想

○福岡県

福岡1区は自民に入党したばかりの井上貴博が有利に展開を進める。立憲民主・山本が必死に追いかけるが、希望・石井英俊や共産など野党票が分裂しているため苦しい戦い。福岡2区は自民・鬼木誠と希望・稲富修二が横一線。ただ共産出馬による自民アシストと希望の党への逆風もあり、希望・稲富はやや苦しいか。中盤情勢でも接戦は二人の接戦の構図は変わらず。

福岡3区は自民・古賀篤が安定した戦い。立憲民主・山内康一は一騎打ちの戦いに持ち込めたものの、やや苦しい。福岡4区は自民・宮内秀樹が安定した戦い。維新・河野は苦しい。福岡5区は自民・原田義昭が優勢。元民進の希望・楠田大蔵は必死に追いかけるが、共産の邪魔などもあって今回もやや苦しい。

福岡6区は自民・鳩山二郎が安定した戦い。福岡7区は自民・藤丸敏が安定した戦い。福岡8区は自民・麻生太郎が安定した戦い。福岡9区は自民・三原朝彦が優勢。元民進の希望・緒方林太郎が追いかけるが、共産の邪魔や希望の支持率下落も手伝ってしんどい。連合票の取り込みや無党派層への浸透を図る。福岡10区は自民・山本幸三、福岡11区は自民・武田良太が有利に戦いを進めている。

野党側はいくつかの選挙区でそれなりに戦えてはいるものの、政党支持率で希望が立憲民主に追い抜かれることもあって、今回2017年衆議院選挙でも福岡の選挙区は自民が盤石の戦いを展開。終盤情勢でも変わらず。修羅の国は意外と保守王国。