【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(近畿・東海ブロック編)

スポンサーリンク

○和歌山県の情勢

和歌山1区は希望・岸本周平と自民・門が接戦。前回の衆議院選挙の結果は民主・岸本が6.7万票に対して、自民・門は5.9万票とわずか。ただ希望・岸本は無党派層や自民支持層への浸透も見せるなど、独自の後援会や連合の組織力を活かして今回も比較的有利な展開を見せる。

強いて言えば、希望・岸本は党の失速が気がかり。立憲民主支持層などを取りこぼすと何が起きてもおかしくはない。ただ終盤情勢は希望・岸本がリードとの報道。民主時代から個人で勝ち抜いてきた岸本だけあって、希望の失速はほとんど関係なかった模様。無党派層への浸透も有利に進める要素。

和歌山2区は自民・石田真敏、和歌山3区は二階俊博が安定した戦い。3区に至っては共産党しか立っていないため、詳しく論評するに値しないほど。二階からしたら「無投票再選」のような感覚でしょう。終盤情勢でも同様。

野党側の目線に立つと、和歌山1区は絶対死守といったところです。鉄板区と呼べるほど岸本は強くもないので引き締めは必須。

2017年衆議院選挙 近畿ブロックと東海ブロックの情勢まとめ

以上、2017年第48回衆議院選挙の近畿ブロックと東海ブロックに関する情勢予想まとめでした。

他にも「2017年 第48回衆議院選挙の情勢予想まとめ(西日本編)」、「2017年 第48回衆議院選挙の情勢予想まとめ(東日本編)」、「2017年 第48回衆議院選挙の情勢予想まとめ(東京ブロック編)」、「2017年 第48回衆院選 比例+全議席数予想まとめ」なども今回の衆議院議員総選挙の情勢記事をまとめてるので、興味がある方はチェックしてみて下さい。新聞社のように細かくページを分割しすぎてないので、そこそこ参考になるはず。