【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(近畿・東海ブロック編)

スポンサーリンク

○兵庫県の情勢

兵庫1区は自民・盛山正仁と希望・井坂信彦が横一線の展開。希望・井坂は神戸市議時代からの独自の後援会や支援組織を頼りに希望の支持層を固め、無党派層や立憲民主の支持層への取り込みを図る。

ただ共産や維新など野党が乱立しているため、中盤情勢以降は自民・盛山が一歩抜け出す展開で、希望・井坂は苦しい戦いを強いられている。終盤情勢でも同様。ちなみに落下傘の維新・梅村は維新退潮も相まって終始厳しい。

兵庫2区は公明・赤羽一嘉が優勢。「公共一騎打ち」の構図ではあるが、共産・平松順子は支持に広がりが見られず厳しい戦い。終盤情勢でも同様。

ちなみに前回の衆議院選挙の結果は、公明・赤羽が7.8万、民主・向山が4.8万、共産・平松が3.1万。共産が民主票や野党票を取り込めれば接戦に持ち込めそうですが、さすがに好戦的に擁立する姿勢など、他野党からすると共産党に恩義がないため動きは鈍い。

兵庫3区は自民・関芳弘、兵庫4区は自民・藤井比早之、兵庫5区は自民・谷公一が優勢。希望や維新は苦しい戦い。終盤情勢でも同様。

兵庫6区は自民・大串正樹が優位に戦いを進めるが、元伊丹市議の立憲民主・桜井周が激しく追いかける。立憲民主・桜井は共産支持層にも食い込み、無党派層への浸透がカギを握る。元々は小池百合子が出馬していたが、希望の候補は準備不足・知名度不足も相まって伸び悩む。終盤情勢でも同様。

兵庫7区は自民・山田賢司、兵庫8区は公明・中野洋昌、兵庫9区は自民・西村康稔、兵庫10区は自民・渡海紀三朗、兵庫11区は自民・松本剛明、兵庫12区は自民・山口荘が優勢。希望や共産は広がりに欠けるため苦しい戦い。終盤情勢でも同様。

あまり知られていませんが地味にゴリゴリの保守王国なのが、この兵庫県。野党側に当選の可能性があるのは1区と6区ぐらい。個人的に公共対決は期待したものの、情勢を読む限りはやはり今の共産党には誰も期待していない模様。特に共産党に投票する見返りもないため、現場レベルで積極的に非共産層から支持されないのが痛い。

○奈良県の情勢

奈良1区は希望・馬淵澄夫と自民・小林茂樹が今回も接戦。前回の衆議院選挙の結果は民主・馬淵が7.9万票に対して、自民・小林が6.7万票とかつて程の勢いは馬淵にはない。しかも希望の党の失速も足を引っ張る。

今回2017年の衆議院選挙から奈良県の定数は一つ減らされ、この1区には生駒市を編入する区割りが行われた。そのため希望・馬淵は無党派層だけではなく、立憲民主といったリベラル層への浸透がカギを握る。維新・吉野は全体的に支持の広がりを欠く。

毎日新聞の中盤情勢では希望・馬淵が先行という報道がありますが、産経新聞の終盤情勢では引き続き「激しく競り合う」と表現(しかも自民・小林の名前が先に表記)されるなど情勢は不透明。当落線上にこそ絡めていないが、維新の出馬が勝負を混沌とさせているのかも。

奈良2区は自民・高市早苗が優勢。希望・松本は急遽公認された落下傘であるため、知名度不足と準備不足が足を引っ張る。奈良3区は自民・田野瀬良太郎が安定した戦い。本来は2区で出馬予定だった希望・前川清成が参議院議員時代の知名度を活かして追うものの、3区の面積は奈良県の8割を占めるほど広大。そのため支持拡大には苦戦気味。終盤情勢でも同様。

私の地元の奈良県ですが、希望の選挙対策がヒドすぎる。いきなり奈良2区に謎の落下傘を投入したかと思いきや、ずっと2区で活動していた前川清成を3区に追い出す。他の選挙区でも同じ現象が見られていますが、よくこんな行き当たりばったりで選挙に勝つつもりだなぁーと。希望の細野豪志や中山成彬は悪い意味で「政治の天才」です。