【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(近畿・東海ブロック編)

スポンサーリンク

近畿ブロックの情勢予想

○滋賀県の情勢

滋賀1区は自民・大岡敏孝と無所属・嘉田由紀子が互角の勝負。川端達夫の後任候補として指名されたものの、色んな経緯があり嘉田は無所属からの出馬。ただ共産が自民アシストするなど、嘉田の情勢的にはやや不利な要素も目立つ。特に嘉田は希望や立憲民主の支持層を固めきれていないのもマイナス。終盤情勢では自民・大岡がリード。知名度は高いものの、何故か支持が伸びてない嘉田。

滋賀2区は自民・上野賢一郎が優勢に戦いを進める。希望・田島一成が懸命に追う。希望・田嶋は立憲民主といった野党支持層にどこまで浸透できるかがカギ。終盤情勢でも構図は変わらず。

滋賀3区は元民進の希望・小川泰江と自民・武村展英が互角の戦いを展開。やはり希望・小川は立憲民主など野党票全体をどこまで固めるかがカギだが、自民アシスト王の共産党が足を引っ張るため基本的に苦しい。終盤情勢では自民・武村が希望・小川を突き放す展開。前回の衆議院選挙では2万5000票ほど差があったため、希望の失速と共に引き離され気味らしい。

滋賀4区は自民・小寺と希望・徳永久志が互角の戦いを展開。元々は自民・武藤貴也の選挙区だったんですが、ヤツはアッーんなことで物議を醸したため自民党が新人を擁立。希望・徳永久志は参議院議員時代の知名度などを活かして戦う。ただ終盤情勢では自民・小寺が一歩抜け出して有利に進める。

前回の衆議院選挙の結果は、自民・武藤貴也が6万票、維新・岩永が4万票、民主・徳永が4万票。今回は維新・岩永が市長になったため不出馬。この第三極票・保守票の行方が勝敗のカギを握る。

滋賀県の情勢は接戦区も目立つものの、やや自民党が全体的に有利。共産党が空気を読まずに出馬してることも、自民党にとってはプラス。また希望が失速してることも手伝い、毎日新聞の中盤情勢では「自民が1区以外は先行」してると報道。

そして終盤情勢では「全区自民独占」と更に野党側は苦しい展開。そのため共産党には比例も含めて投票せずに、立憲民主支持層や無党派層などへの浸透がカギを握る。

○京都府の情勢

京都1区は自民・伊吹文明がやや優勢も、共産・穀田恵二は立憲民主支持層の6割に支持されるなど激しく追う。希望・嶋村は厳しい。前回の衆議院選挙では自民・伊吹が7.3万、共産・穀田が5.3万、維新・田坂が3.6万、無所属・平が1.7万。そのため共産・穀田は政権批判票全体や無党派の支持をどれだけ集められるかがカギになっている。終盤情勢でも自民・伊吹が引き続き優勢。

京都2区は無所属・前原誠司が今回も優勢に戦いを進める。希望の党設立に伴うゴタゴタで罵声を浴びたらしいですが、希望の9割、立憲民主の5割以上など無党派層にも幅広く浸透。地味に公明票も取り込むなど、まさに盤石の戦いを展開。終盤情勢でも同様。

京都3区は元民進の希望・泉健太と自民・木村弥生が接戦。元々は自民・宮崎謙介の地元だった選挙区。前回の衆議院選挙では自民・宮崎が5.9万、民主・泉が5.4万と肉薄。希望の支持層と無党派に食い込む泉は、立憲民主や維新など野党票を更に幅広く集めるかがカギか。維新・森夏枝は今回も厳しい。

毎日新聞の中盤情勢では、希望・泉が一歩抜け出したと報道。終盤情勢でも希望・泉がやはり優勢に戦いを進めるなど、立憲民主や無党派層など幅広く票を固めつつある模様。維新・森は維新支持層すら固めきれずに苦しい。

京都4区は自民・田中英之と元民進の希望・北神圭朗が接戦。希望・北神は希望や立憲民主の支持層を固めつつあるが、前回の衆議院選挙で3万票近く奪った共産支持層にも食い込めるかがカギ。ただし毎日新聞の中盤情勢では、自民・田中が一歩抜け出す。終盤情勢でも同様に、北神は希望支持層の大半を固めたが、支持の広がりに欠けて苦しい。京都5区は谷垣禎一の後継である自民・本田太郎が地盤を引き継ぎ、終盤以降も優勢に進める。

京都6区は自民・安藤裕と元民進の希望・山井和則が横一線。希望・山井は前回前々回と自民・安藤に8000票差9000票差と縮められつつあり、年々厳しい戦いを強いられている。また山井は希望への変節もあってか、立憲民主や無党派層での伸び悩みが気にかかる。中盤情勢・終盤情勢では自民・安藤がやや優勢。希望・山井は立憲民主や連合票を固めるのに必死。

全体的に京都府は自民党と互角に渡り合えてる選挙区は多い気がしますが、それでも自民がやや有利な情勢。共産はもし京都1区が本気で欲しいなら、他の政党や組織に全面支援してもらえるように、自ら積極的に他の選挙区は降ろさなきゃダメだ。それが大人の政治。