【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(近畿・東海ブロック編)

スポンサーリンク

○愛知県の情勢

愛知1区は自民・熊田裕通が有利に展開。元未来の党の希望・佐藤夕子と元民進の立憲民主・吉田統彦など、野党側の候補乱立によって漁夫の利を得るカタチ。終盤情勢でも自民・熊田が先行。愛知2区は希望・古川元久が安定した戦い。比例ブロックからの鞍替えの自民・田畑毅は苦しい戦い。

愛知3区は立憲民主・近藤昭一と自民・池田佳隆が接戦。希望・余語が野党票を食うものの、共産票が代わりに乗るため立憲民主・近藤はやや有利に展開を進めるか。終盤情勢では立憲民主・近藤が先行と報道。愛知4区は自民・工藤彰三と希望・牧義夫が接戦。立憲民主など他の支持層への浸透がカギ。ただ終盤情勢では自民・工藤が一歩抜け出し、希望・牧はやや苦しい。

愛知5区は立憲民主・赤松広隆が優勢。前回の結果は1万数千票差だったんですがが、今回は2万票前後の共産票が乗る情勢。自民・神田憲次が組織を活かして必死に立憲民主・赤松を追うものの、希望・野々部は完全に出遅れ。終盤情勢でも立憲民主・赤松が先行。愛知6区は自民・丹羽秀樹が今回も安定した戦い。元民進の希望・森本和義は野党分裂の煽りを受けて苦しい戦い。終盤情勢でも同様。

愛知7区は自民・鈴木淳司と無所属・山尾志桜里が一騎打ちの接戦。例のスキャンダルの直後ではあるが、無所属・山尾は希望や立憲民主の支持層を幅広く集める。ただし無所属・山尾は女性の支持が伸び悩んでおり、無所属故の選挙活動の制限などやはり不安要素を残す。

いい加減認めりゃいいのに…と思ってしまいますが、終盤情勢では自民・鈴木が先行。さえないオッサンではありますが、あんなスキャンダルを起こした直後の山尾に負けたらさすがに恥でしょう。山尾は山尾で落選した方が禊感が出るため、長い目で見たら有権者的には溜飲も下がりそう。

愛知8区は無所属・伴野豊と自民・伊藤忠彦が接戦を展開。伴野は無党派層などにも浸透するが、無所属であるが故の活動の制限がネック。また共産が邪魔をするなど、立憲民主といった支持層への取り込みが急務。

ただ終盤情勢では自民・伊藤が逆転し、リードしているとの報道。これまでの衆議院選挙ではほぼ自民・伊藤が勝利を収めており、相変わらず共産が邪魔してることも含めて、無所属・伴野はやはり苦しい展開。

愛知9区は自民・長坂康正と希望・岡本充功が今回も接戦を繰り広げる。前回の結果は1万4000票差。24000票を獲得した共産は今回も出馬するため、希望・岡本は無党派層や立憲民主への浸透が急務。終盤情勢では希望・岡本が先行との報道。立憲民主や無党派層の取り込みに成功したのかも。

愛知10区は自民・江崎鉄麿と希望・安井美沙子が横一線。ただ元民主の維新・杉本和巳が前回前々回と割りと得票(4万票以上)しているため、このような情勢に本当になっているかは不明。終盤情勢ではやはり自民・江崎が先行する展開。やはり希望・岡本は他政党の擁立が足を引っ張る。

愛知11区は古本伸一郎がトヨタの労組票のおかげで今回も安定した戦い。愛知12区は無所属・重徳和彦が優勢。立憲民主や希望の支持層など幅広い政権批判票を集め、共産の邪魔も意に介さず。終盤情勢でも引き続き、無所属・重徳がリードを保つ。

愛知13区は希望・大西健介と自民・大見正が今回も横一線の戦い。無党派層や立憲民主など他の支持層への浸透が課題。愛知14区は自民・今枝宗一郎が優勢。元民主・鈴木克昌の後継である希望・田中克典は準備不足と知名度不足で劣勢を強いられている。終盤情勢でも希望・田中は劣勢で苦しい。

愛知15区は自民・根本幸典と元民進の希望・関健一郎が接戦。前回の結果が自民・根本が9.7万、民主・関が6.4万、共産2.3万。この差を一気に埋められるのかはやや信じがたいですが、比例の情勢的には希望と立憲民主で自民の数を上回る勢い。そのため互角の勝負まで持ち込めていたとしても不思議ではありません。ただ終盤情勢ではやはり自民・根本が優勢。

愛知は他の選挙区より有利に進めてる場所も多いですが、前回の衆議院選挙並の議席数ぐらいで落ち着くような雰囲気。やはり共産がアンチ連合の姿勢を貫く限り、自民アシストは今後も続くのでしょう。

○三重県の情勢

三重1区は自民・田村憲久がやや優勢。元民進の無所属・松田直久が追う展開。共産が候補を引っ込めたものの、区割りの変更の影響は想像以上に大きかったのか無所属・松田は苦戦気味。松田は元々維新系。そのため連合の動きも鈍いのか。終盤情勢でも自民・田村が有利に戦いを進める。

三重2区は自民・川崎二郎と無所属・中川正春が横一線。どっちの御仁もめちゃめちゃ選挙に強かったんですが、区割りの変更でまさに互角の勝負を展開。自民・川崎は伊賀市を中心に、無所属・中川は四日市などを中心に多く票を集める。無所属・中川は無党派層への浸透しており、希望や立憲民主の野党票の更なる取り込みが課題。また共産の辞退もどっちの方向に転ぶのか。

ただ毎日新聞の中盤情勢では自民・川崎が一歩リードと報道されるなど、無所属・中川はやや苦しい展開を強いられる。かと思いきや、産経の終盤情勢では無所属・中川の名前が先に書かれるなど予断を許さない状態は投票日まで続く。

三重3区は無所属・岡田克也が区割り後も安定した戦いを展開。三重4区は自民・三ツ矢憲生が優勢。元民進の希望・藤田大助が懸命に追う展開は今回2017年の衆議院選挙でも同様。終盤情勢でも変わらず。

区割り変更で2017年の衆議院選挙の中で割りと注目されていた三重県ですが、情勢的には自民がやや有利といったところ。せいぜい五分五分ぐらいの情勢かと思いきや、もしかすると自民が勝ち越す可能性も残されています。