【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(東日本編)

スポンサーリンク

○長野県の情勢

長野1区は無所属・篠原孝が幅広く政権批判票を集めて優勢に戦いを進める。前回の衆議院選挙では民主・篠原が9.6万票、自民・小松が7.4万票、共産が2.6万票などだったが、共産が引っ込めたことに奏功。無所属・篠原は希望支持層からは半分程度しか集められていないのは不安要素だったが、終盤情勢でも優勢に戦いを進める。

長野2区は希望・下条みつと自民・務台俊介が横一線。下条は希望支持層の8割を集めるが、党の衰退が不安要素。そのため立憲民主の政権批判票も幅広く集められるかがカギを握る。ただ前回の衆議院選挙で4万票前後獲得した維新・百瀬智之の不出馬も奏功し、終盤情勢では希望・下條が無党派層にも浸透するなどやや優勢に戦いを進めている。

長野3区は希望・井出庸生が羽田孜の地盤を引き継ぎ、今回も優勢に進める。前回の選挙では維新・井出が7.7万票、民主・寺島が6.3万票、自民・木内が5.6万票。民主・寺島は5区へ鞍替えしたため、幅広く政権批判票を集める情勢になっている。終盤情勢でも自民・木内は苦しい。

長野4区は自民・後藤茂之が優勢。前回3区から出馬した元民進の希望・寺島義幸は鞍替えを図るものの、知名度不足は否めない。また共産が出馬したことで2万票前後の野党票が奪われるのも痛い。終盤情勢でも自民・後藤と差を縮めることはできていない。

長野5区は自民・宮下一郎が優勢。元民進の希望・中嶋康介は苦しい戦い。失速する希望の支持層すら固められておらず、無所属・曽我が共産票を奪うななど野党票の分散も痛い。

共産党の自民党アシストは依然として目立つものの、見どころとしては長野2区。元々は下条みつが勝ち続けた選挙区なので、なんともしても野党側としては取り戻したい所でしょう。ただ終盤情勢を見る限りは、自民・務台の不祥事もあって安心して良さそうか。

第48回衆議院選挙 情勢予想まとめ(東日本編)

以上、2017年第48回衆議院議員総選挙の東京を除く東日本の情勢まとめでした。

関東圏に関しては意外と自民党が強い情勢は、今回の2017年の衆議院選挙でも同様。ここは希望の党の存在で駆逐してくれると信じていたんですが、選挙対策が中山成彬や細野豪志といったシロートが担当したこともあって結果はこのザマ。訳の分からない候補者を土壇場でねじ込んだり、あちこち選挙区を移動させてみたり、本当に目も当てられない。

とはいえ共産は共産でこんな状況でも未だに自民党のアシストを続けるなど、もう少し野党側が勝てそうだった東北や北陸信越でもやや劣勢な感は否めません。選挙後は小池百合子を中心に立憲民主の政策をベースに再合流する可能性はあるため、

ちなみに「2017年 第48回衆議院選挙の情勢予想まとめ(西日本編)」、「2017年 第48回衆議院選挙の情勢予想まとめ(東京ブロック編)」、「2017年 第48回衆議院選挙の情勢予想まとめ(近畿・東海ブロック編)」、「2017年 第48回衆院選 比例情勢+全議席数予想まとめ」なども衆院選挙の情勢に興味がある方はチェックしてみてください。

以上、2017年第48回衆議院議員総選挙の東日本に関する情勢まとめでした。