【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(東日本編)

スポンサーリンク

○神奈川県の情勢

神奈川1区は自民・松本純が優勢。立憲民主・篠原豪が追うものの、希望・長島一由と票が分散するため苦しい戦い。神奈川2区は自民・菅義偉、神奈川3区は自民・小此木八郎が今回2017年の衆議院選挙も安定した戦いを展開。

神奈川4区はみんなの党から自民入りした無所属・浅尾慶一郎と、自民・山本朋広の保守分裂。そこに元神奈川県議の立憲民主・早稲田夕季が間隙を縫って追う展開。圧倒的な知名度を誇る浅尾慶一郎が優勢に戦いを進めるかと思いきや、終盤情勢では無所属・浅尾と立憲民主・早稲田が接戦を展開する。神奈川5区は自民・坂井学が優勢。

神奈川6区は公明・上田勇と立憲民主・青柳陽一郎が横一線の展開。これまでの衆議院選挙では野党乱立に伴って、公明・上田が救われてきた状況が続いたが、今回は共産党が候補を引っ込めたことが波乱含みの展開につながっている。

前回の結果はちなみに公明・上田が7.8万票、維新・青柳が5.2万票、民主・三村が4.3万票、共産が2.3万票だったため、そのまま野党票をいかに立憲民主・青柳に集めるかがカギ。ただ公明・上田は自民支持層の5割も固めるなど、終盤情勢では公明・上田がリードとのこと。

神奈川7区は自民・鈴木馨祐が優勢。立憲民主・中野一馬は希望の出馬で苦しい展開。神奈川8区は無所属・江田憲司が安定した戦い。

神奈川9区は希望・笠浩史がやや優勢。強固な支持基盤を持つ上、数万票近くを奪う維新が立候補してないことも奏功。ただし毎日新聞の中盤情勢では立憲民主に政党支持率が追い抜かれるなど、希望の失速に伴ってか自民・中山に追い上げられている様子。終盤情勢では横一線の展開。

神奈川10区は自民・田中和徳、神奈川11区は自民・小泉進次郎が共に安定した戦い。希望は知名度と準備不足で泡沫レベル。

神奈川12区は自民・星野剛士と立憲民主・阿部知子が横一線。自民・星野は自民支持層だけではなく、組織固めに躍起。一方共産の出馬取りやめに伴い、立憲民主・阿部は政権批判票の取り込みを図る。

前回の結果が自民・星野が8.3万票、民主・阿部が8.2万票、共産が1.6万票、次世代が1.4万票だったため、それらの票の動向もカギを握る。終盤情勢では立憲民主・阿部が優勢といった報道が目立つ。

神奈川13区は自民・口利k…甘利明が安定した戦い。神奈川14区は自民・赤間二郎が優勢に戦いを進め、希望・本村賢太郎が必死に追いかける。希望・木村は無党派層に広がりが欠けるため、立憲民主など政権批判票の取り込みがカギを握る。

神奈川15区は自民・河野太郎が安定した戦い。急遽大阪から落下傘として投入された希望・乃木涼介は準備不足も手伝い、極めて厳しい戦い。

神奈川16区は自民・義家弘介と希望・後藤祐一が接戦を展開。前回の衆議院選挙の結果が民主・後藤が103116票だったのに対し、自民・義家は101627票。今回の衆院選でも同様のデッドヒートが予想されるが、終盤情勢では自民・義家が一歩抜け出す展開。後藤は立憲民主など他の野党票の取り込みがカギを握るが、希望の党の失速も相まってやや苦しい。神奈川17区は自民・牧島かれん、神奈川18区は自民・山際大志郎が共に優勢。

神奈川でも終盤情勢を見ると、やはり自民が大勝。特に知名度が高い候補者が多く、この地盤を崩すのは至難の業。しかも希望の選挙対策がシロート以下。どこから連れてきたか分からないような落下傘で勝負するなど話にならない。

そのため前回並みの議席数になると思いますが、野党乱立の中でも面白い選挙区もチラホラ。例えば6区の公明や12区の阿部知子など注目しておくことをおすすめ。

○山梨県の情勢

山梨1区は自民・中谷真一と無所属・中島克仁が接戦。今回自民・宮川典子は比例に回るが、前回の衆議院選挙の結果は自民・宮川典子が101026票に対して、民主・中島が102111票だった。今回も相当の接戦が予想されます。中盤情勢でも接戦は変わらずだったんですが、産経の終盤情勢では無所属・中島が先行しているとの報道も。

中島は輿石東の影響力をバックに希望と立憲民主の双方から手広く野党支持層をまとめ、連合からの組織的支援も受ける。ただ参議院議員だった父・中島真人の自民支持層の取り込みには遅れ、自民アシストの共産の出馬が足を引っ張る。一方、自民・中谷は今回は比例に回った宮川典子と共に自民支持層を手堅くまとめる。比例復活が不可能になった中島は背水の陣でどこまで挑めるか。

山梨2区は無所属・堀内詔子と無所属・長崎幸太郎が横一線の戦い。いわゆる保守分裂の戦い。勝った方が自民の公認候補になれるという仁義なき戦い。今回は立憲民主の出馬に伴って、前回長崎に流れた連合票の行方が注目。

ただ終盤情勢では無所属・長崎が一歩抜け出したとの報道。無所属・堀内が猛追する展開。ちなみに希望や立憲民主も同様に分裂しているため当落線上には食い込めていません。自民アシストの共産は言うまでもなく。