【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(東日本編)

スポンサーリンク

○福島県の情勢

福島1区は自民・亀岡偉民と無所属・金子恵美が接戦を展開。前回の衆議院選挙では自民・亀岡が10万票に対して、民主・金子が9.7万票。そして今回出馬を取りやめた共産の1.6万票の動向がカギを握る。終盤情勢では野党支持層を幅広く固めた無所属・金子が一歩リードとのこと。

福島2区は自民・根本匠が安定した戦い。希望、維新は苦しい戦い。福島3区は無所属・玄葉光一郎が今回も安定した戦い。自民・上杉を突き放す。終盤情勢でもそれは変わらず。

福島4区は希望・小熊慎司と自民・菅家一郎が横一線の戦い。前回の衆議院選挙では維新・小熊が56856票に対して、自民・菅家は56440票と大接戦を繰り広げたが、今回でも同じ情勢。元民主・渡部恒三の地盤を引き継いだ希望・小熊の勝利は至上命題。勢いがある立憲民主の票が社民・共産に流れないようにするかがカギ。終盤情勢でもデッドヒートは変わらず。

福島5区は自民・吉野正芳が優勢。元民進の希望・吉田泉は共産だけではなく、新たに社民候補の邪魔も手伝って前回の衆議院選挙より苦しい戦いを強いられている。終盤情勢でも自民・吉野の優勢は変わらず。

福島県は安倍晋三が最初に遊説を始めた場所ですが、福島県の内閣支持率がわずか30%。しかも女性より男性の方が不支持率が高い。昨年の参院選よりも不支持率が増加してるものの、共産の邪魔が奏功。安倍総理は共産の志位和夫に足を向けて寝られないでしょう。

北関東ブロックの情勢予想

○茨城県の情勢

茨城1区は自民・田所嘉徳がやや優勢。希望・福島伸享は安倍政権追及で知名度アップしたことで前回より有利に戦いを進めるが、希望の失速と共産の邪魔が足を引っ張る。前回の衆議院選挙の3万票差を埋めきるのは大変。

茨城2区は自民・額賀福志郎が今回も安定した戦い。茨城3区は自民・葉梨康弘が優勢。前回の衆議院選挙では民主が維新に候補を譲るなど、野党側の地盤は崩壊してるのも奏功。茨城4区は自民・梶山弘志が安定した戦い。

茨城5区は自民・石川昭政が優勢。元々は民主・大畠章宏の地盤だったが、元公設秘書であり日立労組役員の浅野哲を希望から擁立。しかし知名度不足と準備不足、希望の失速も手伝って不利な戦いを強いられている。

茨城6区は自民・国光文乃と希望・青山大人が互角の戦いを展開。自民・丹羽雄哉の後継である国光は知名度不足が課題。一方、希望・青山は医師連盟など組織離れが課題。筑波研究学園都市など新しい住民が多い場所柄であり、無党派層への支持拡大を図る。

茨城7区は今回も無所属・中村喜四郎と自民・永岡桂子の戦い。無所属・中村は再び公明党からの支援を取り付けるなど、今回も有利に戦いを進める情勢。公明が堂々と自民を支持せず、他の候補を応援してるのはここぐらいでしょう(笑)

茨城県は保守王国のため自民が全体的に有利。本来なら希望の勢いが席巻する予定だったんでしょうが、無名の落下傘を落とした程度では…。

細野豪志や中山成彬といったシロートを選挙参謀に迎えたのが、希望の党の運の尽き。元々は民主鉄板区と言われた茨城5区すら落とすようでは、保守を標榜する希望のオリジナルメンバーは全員クビかな。

○栃木県の情勢

栃木1区は自民・船田元が安定した戦い。栃木2区は無所属・福田昭夫が優勢。自民・西川公也は共産党が候補を取り下げたことなどが不利に働く。終盤情勢でも変わらず、自民・西川は劣勢。

栃木3区は自民・簗和生が安定した戦い。ちなみに希望・渡辺は渡辺喜美の弟。場当たり的な選挙戦略が響いて、知名度不足なども足を引っ張る。栃木4区は佐藤勉が優勢。元民進の希望・藤岡隆雄は懸命に追いかける。栃木5区は茂木敏充は安定した戦いを進める。元足利市長の希望・大豆生田実は知名度アップに懸命だが苦しい。

今回2017年の衆議院選挙も前回と同様に、野党側は2区だけの当選になりそう。この期に及んで共産が大量に擁立するなど、基本的に野党側は厳しい展開は終盤情勢でも変わらず。

○群馬県の情勢

群馬1区は自民・尾身朝子がやや優勢に戦いを進める。中曽根康隆と佐田玄一郎の保守分裂を避けたことが奏功。元民進の希望・宮崎岳志は共産党の邪魔も手伝って劣勢を強いられる。終盤情勢では更に引き離される。

群馬2区は自民・井野俊郎がやや優勢。元民進の希望・石関貴史は連合などの組織的支援を受けていない点と共産の出馬が不利に働く。前回の衆議院選挙では自民・伊野が8.4万票に対して、維新・石関が5.3万票だったことから巻き返しは大変。

群馬3区は自民・笹川博義が優勢。立憲民主・長谷川嘉一は共産取り下げが奏功するが、内閣支持層からの支持取り込みが課題。群馬4区は自民・福田達夫が安定した戦い。群馬5区は自民・ドリル姫…小渕優子が安定した戦い。非自民票・野党票の分散も奏功し、典型的な無風区。

群馬県も基本的に自民全勝の勢い。小渕優子を当選させるとか群馬県民は本当にどうしようもないなーと思ったりしなくもありませんが、唯一野党側に可能性があるのは2区と3区。それでも全体的には厳しい。