【2017】第48回衆院選 終盤情勢の予想まとめ(東日本編)

スポンサーリンク

○岩手県の情勢

岩手1区は意外にも希望・階猛と自民・高橋が横一線とのこと。これまで階猛は鉄板とも呼ぼえる強さを発揮していましたが、希望の退潮と区割りの変更が影響か。ただし毎日新聞の中盤情勢ではやはり希望・階が先行するという報道。終盤情勢では希望・階が全体的に優勢といった予想が目立ちます。

岩手2区は自民・鈴木俊一がややリード。希望・畑浩治が追う展開。これまで自民・鈴木俊一が安定した強さを発揮していましたが、共産離脱が希望・畑にやや奏功。ただし区割りの変更に伴って、これまで民主・黄川田徹を支援してきた首長の多くが自民・鈴木の支持を表明するなど希望・畑は苦しい展開。

一方、産経新聞の最終情勢では横一線といった報道。今回新たに加わった旧3区が選挙区だった黄川田の応援も相まって、希望・畑の巻き返しが功を奏している様子。逆に言えば、自民・鈴木は強固な支持基盤を持つものの、新しく加わった地域での浸透が遅れているのか。

岩手3区は無所属・小沢一郎が優勢に戦いを進める。前回は自民・藤原に追い詰められていましたが、共産の離脱も多少影響。今回の小池騒動で黄川田徹がすんなり退いてくれたこともあって、無所属・小沢一郎は前回の衆議院選挙よりやや楽に展開しているか。

岩手は今回の2017年で唯一野党が全制覇する可能性がある選挙区。

○宮城県の情勢

宮城1区は自民・土井亨と立憲民主・岡本章子が接戦。希望・伊藤は知名度不足と党自体の失速で伸び悩む。ただ結果的に希望などと野党票が分散してるため、立憲民主・岡本も中盤情勢以降もやや苦しい展開を強いられている。そのため終盤情勢では自民・土井が先行。

宮城2区は元民進の無所属・鎌田さゆりが自民・秋葉賢也と接戦。今回衆議院選挙では共産が不出馬のため、やや無所属・鎌田が有利に展開するか。秋葉は自民党内でのゴタゴタが足を引っ張るのが不安要素。

ただ毎日新聞の中盤情勢では自民支持層を固めて秋葉がリード。無所属・鎌田は無党派層への浸透が遅れるなど劣勢か。でも一方で産経の最終情勢では無所属・鎌田がリードと報道されるなど、情報は錯綜。それだけ大接戦と予想されます。

宮城3区は自民・西村明宏がリード。希望・一条は知名度不足・組織の支援も弱く、幅広い年齢層で伸び悩む。宮城4区は自民・伊藤信太郎がリード。希望・坂東は地元の選挙区が区割りで5区に移動したことが響くなど、希望の選挙戦略を担当していた中山成彬や細野豪志の明らかな痛恨のミス。

宮城5区は無所属・安住淳が優勢。宮城6区は自民・小野寺五典が安定した戦い。

昨年の参院選では民主・桜井充が勝利を収めたものの、衆議院選挙では個人の質にも影響してくるため野党側は依然として厳しい戦い。また農政連(農協政治連盟)などが自民支持に再び傾く上、更に共産の自民アシストが執拗に続く中、落下傘の希望の候補は特に苦しい展開。

そのため2017年衆議院選挙で宮城県で見どころがあるのは、1区(立憲民主)と2区(無所属)。

○秋田県の情勢

秋田1区は自民・冨樫博之と元民進の希望・松浦大悟がやや接戦。希望・松浦太語は2016年参院選で戦った知名度を生かすものの、直前で寺田学との公認調整のゴタゴタが響き、後援会や組織の動きが鈍い。

河北新報の情勢調査によると自民党幹部などは「寺田ではなく松浦で良かった」と述べているとかいないとか。また共産出馬が足を引っ張り、毎日新聞の中盤情勢では自民・冨樫が優勢とのこと。産経の終盤情勢でも同様。

秋田2区は自民・金田勝年が組織力をフルに活かしてやや優勢。国会内でのポンコツっぷりを物ともしないかと思いきや、さすがに河北新報の情勢調査などによると女性の支持が弱い模様。希望・緑川貴士は元民法アナウンサーという知名度を活かして巻き返しに懸命だが、やはり自民アシストの共産が邪魔をするため苦しいか。

秋田3区は自民・御法川信英と元民進の希望・村岡敏英が今回も接戦。共産党が自民アシストしてるものの、前回は自民・御法川が9.4万票に対して、維新・村岡が8.8万票。立憲民主や希望など幅広い野党票を集められるかがカギ。終盤情勢でも接戦。どっちの候補も与野党の支持層に食い込むなどど、凄まじい戦いを展開中。

ただし河北新報などの情勢調査ではやはり共産党が邪魔していることも手伝って、全体的には自民優勢。結局選挙直前で希望と立憲民主に分裂した余波は大きく、前回衆議院選挙並に1万票差ぐらいは付けられるかも知れない。

○山形県の情勢

山形1区は自民・遠藤利明が安定した戦い。希望候補者は明らかな落下傘のため、知名度・組織不足で大きく突き放される。希望の党の選挙対策を取り仕切った中山成彬、細野豪志といった選挙参謀のミス。

山形2区は自民・鈴木憲和と希望・近藤洋介、山形3区は自民・加藤鮎子と希望・阿部寿一は前回と同様に接戦を繰り広げる。ただ今回の衆議院選挙も共産党が邪魔してることも手伝って、野党側の戦況はやや苦しい。そのため政権批判票を必死にかき集める。

山形は昨年の参院選と同様に野党側が有利と見られていましたが、共産が相変わらず邪魔な候補を立ててる事や希望の党の失速が足を引っ張る。また農政連が山形の自民候補を全て応援することも不利に働く。終盤情勢では山形県では自民が全勝する可能性ありとの報道。