【危険】ついに楽天カードを騙るフィッシングメールが来たwww【対策】

スポンサーリンク

遅ればせながら、自分は今年2017年初夏頃に楽天カードを取得しました。詳しいことについては「楽天カードの総合評価や感想」の記事を気になる方は参考にして下さい。ついでに、この漫画ブログでは「楽天・KOBO vs Amazon・Kindle」といった比較記事も書いてるのでご参照をば。

楽天カードはとにかく審査のハードルが低い。だから初めてのクレジットカードという点でも、様々な場所でおすすめされています。楽天カードを実際に取得してみて納得しました。楽天カードを持ってる会員数は既に数千万人を超えるとか超えないとか。

ただそれ故に詐欺師などからターゲットにされやすい。そのため最近は楽天カードを騙るフィッシングメールがバンバン出回っているらしい。こういうフィッシングメール的なものが一度も届いたことがなかった自分は対岸の火事でニマニマしてたんですが、ついに自分の所にも楽天カードを騙るフィッシングメールが届きましたwww

そこで前置きが少し長くなりましたが、どういった内容のフィッシングメールだったのかなど今回まとめてみました。明らかに本当の楽天カードからのメールとは明らかに内容が違うんですが、テキトーに参考にして下さい。

スポンサーリンク

本当の楽天カードからのメールアドレスと同じ

まずはメールアドレス。いくら本家を騙ったフィッシングメールとはいえ、アドレス名が違っていたら当然気付きやすい。真っ先に表示される部分でもあるため、さすがに引っかかる人は少ないだろう…と思いがち。

ただ結論から書くと、実はフィッシングメールのメールアドレスは「info@mail.rakuten-card.co.jp」。つまり本家の楽天カード株式会社のメールアドレスと同じ。まさかの「えーー」。何故こんなことができるのかは分かりませんが、確か転送機能かなんかを使うと可能だった気がする。

つまり楽天カードのフィッシングメールを見抜くには「メールの内容」で判断するしかありません。もし中途半端に高をくくっている自称中級者さんあたりは、意外とコロッとダマされる可能性があります。

スポンサーリンク

楽天カードを騙るフィッシングメールは文字だけ

でもご安心を。基本的に詐欺内容は見抜きやすいです。


何故なら楽天カード株式会社を装ったフィッシングメールは「文字だけで構成」されているのが特徴だから。「楽天カードを装った不審なメールにご注意ください」とか、どの面下げて書いてんねんという。


画像を見ても分かるように、一昔前に流行ったようなブログ記事の配信のようなテイスト。久々に見たわ、こんな表現。思わず懐かしさから涙がこみ上げてきそうです。


でも本家の楽天カード株式会社からのメール内容はHTML形式。画像なども多用した華やかな構成に仕上がっています。そう考えると楽天カードを装ったフィッシングメールがいかにやっつけ仕事か分かります。


内容を読むと「アンケートに答えると楽天スーパーポイントを付与する」といったもので釣ろうとしている模様。

確かにアドレス名は楽天カード株式会社のURLを貼り付けているものの、実際には「https://tc.api.rakuten-card.co.jp/○○数字の羅列」というニセのURLのサイトに飛ばされます。そのサイトを閲覧してしまうとウイルスやマルウェアなどに感染するらしい。クレジットカード情報等が抜き取られて…というパターン。楽天カード株式会社の本物の正式URLは「https://www.rakuten-card.co.jp/」になるため、ここは巧妙にダマそうとしているので注意が必要。

以上、楽天カードを騙るフィッシングメールに関するまとめでした。

楽天カードは初めてのクレジットカードを所有した方も多いはずですから、是非注意しておきましょう。特に楽天カードに限った話でもないかも知れませんが、楽天カードはメールをバンバン送信してくるためついうっかりクリック…というパターンも多そう。ま、理想としてはそもそもフィッシングメールがユーザー側に届かないようにしてくれるのが一番なんでしょうが。