【憲法改正】リベラル視点で9条改憲案を考察してみた

スポンサーリンク

つい先日10月22日に第48回衆議院選挙の投開票が行われました。既に「2017年衆議院選挙の比例情勢まとめ」や「2017年衆議院選挙の近畿情勢まとめ」といった情勢記事も選挙前に作りましたが、結果は予想通りに自民党が大勝。公明党が議席を6議席ほど減少させましたが、与党全体では議席全体の3分の2を確保。まさに大勝利と表現して良さそう。

そして現在、目下の話題となってるのが「憲法改正」。具体的には憲法9条の改正が行われるのではないかと言われています。選挙中は9条改憲以外も含めて大して議論が盛り上がりませんでしたが、安倍総理が選挙前に9条改憲を公約に掲げたことなど憲法改正のスケジュールが本格的に進むと見られています。そもそも2016年の参議院選挙で既に3分の2を確保済みだったため、憲法改正議論が一切進んでない時点で色々とお察しですが…。

ただ護憲派と呼ばれるリベラル派や左派左翼などは「9条の改憲は絶対反対」という考えを持っている方が多そう。確かに9条1項の「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」という平和主義を改正することに抵抗感を持つ国民も多そう。

そこで今回は安倍総理が主張する憲法9条改正案の是非論を筆頭に、敢えてリベラル側が憲法9条を改正するのであればどういった案が良いのかを考察してみました。この「ドル漫」はただの漫画ブログですが、お気になさらないで下さい。

憲法9条の3項加憲は全く意味がない

まずは安倍総理が主張している憲法9条改正案について整理、批判したいと思います。

安倍総理は現行の9条1項2項をそのまま維持し、新たに「自衛隊の存在を明記した3項を加える」と主張しています。元々は安倍総理ではなく、元民進党も前原代表が主張していた内容ではあるものの(いわば清々しいパクリ)、「自衛隊が違憲」と主張する勢力を意識した上での改正案。

ただ結論から書くと、安倍総理の9条改憲案は全く意味がないと指摘せざるを得ません。

何故なら「自衛隊が違憲」という主張がそもそも一般的ではないから。多くの政治家、法律家、国民有権者は「自衛隊を合憲」と思っているはず。少なくとも日本政府自体が「合憲に近い存在」と認めているからこそ、今日に至るまで自衛隊が存在し続けられてる。

確かに2項では「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と書かれている。自衛隊の存在が違憲である可能性はゼロではないものの、そもそも「違憲と主張してる9条2項を残したまま」では違憲の可能性を完全に排除できるわけがないのは言うまでもない。わざわざこんなことのために何百億円という税金を使って国民投票する意味は、まさにゼロ。

自衛隊を違憲と主張してる共産党あたりは「9条に3項を加憲すると新しい内容が優先され、2項が死文化してしまう」と主張しているようですが、これはこれで理解しづらい。議論が噛み合ってるようには思えず、反論としては弱そう。

じゃあリベラル側はどう憲法9条改憲議論と向き合うべきなのか?