【2017】思わずヨダレ!絶対おすすめ人気グルメ漫画16選【ランキング】

スポンサーリンク

ほのぼの系のおすすめグルメマンガ

続いてのおすすめグルメ漫画は「ほのぼの系」。中身に乏しいグルメマンガの中でも、更に中身に乏しいホッコリさせられるグルメ漫画。前述の「男キャラクターがおすすめのグルメマンガ」の女性版と思っていただけるといいか。

くーねるまるた…おすすめグルメ漫画

まず最初のおすすめグルメマンガは『くーねるまるた』。ちなみに「くうねるまるた」ではありません。

ポルトガルから日本にやって来たマルタという女の子が主人公。でもお金がないので毎日が自炊。いわゆる「貧乏料理」を扱ってるような内容。「ポルトガル料理だけではなく、手作り感あふれる簡単料理は勉強になりそう。

マルタの日常を描いてるだけの、本当にまったりした空間。マルタのキャラクターもほのぼの。とはいえ、あくまで料理やグルメがベース。余計なものが一切描かれない点では、実に読みやすいグルメ漫画と言えるでしょう。

ワカコ酒…おすすめグルメ漫画

続いてのおすすめグルメ漫画は『ワカコ酒』。主人公は村崎ワカコ。26歳のしがないOL。このワカコの一人酒を描いたグルメ漫画。

おすすめポイントは、酒をいっぱい飲み終えた後の「プシュ~」という、ワカコのため息混じりの一声がなんともたまりません。料理を食べほぐしていく過程も丁寧で読み入ってしまう。20代女子OLという設定は、むしろオヤジ読者向けと言えるか。

ラーメン大好き小泉さん…おすすめグルメ漫画

ラストは『ラーメン大好き小泉さん』。タイトル通り、ラーメン好きの女子高生・小泉さんが主人公のグルメ漫画。

小泉さんのキャラクターがおすすめ。普段はクールで無表情でツンケンしてるけど、ラーメンを食べてるときだけは表情豊かに麺をかきこむ。このギャップ感がおすすめか。

だがしかし…おすすめグルメ漫画

続いてのおすすめグルメ漫画は『だが、しかし』。何となくピンと来た人もいるかも知れませんが、「駄菓子」と「菓子」をかけ合わせた漫画タイトル。その名の通り、リアルな駄菓子がたくさん登場します。

やはり何と言ってもおすすめは「往年の駄菓子」がパッケージそのまま登場すること。きっと20代から70代の読者まで思わず子供時代を思い出して、あまりの懐かしさにむせび泣きしてしまいそうになるか。また駄菓子に関する「あるあるネタ」などベタなギャグ展開も万人にとって読みやすいはず。

そして何故か主人公・枝垂ほたるはムダにダイナマイトバディー。駄菓子とは程遠い肉感。だから、どちらかと言えば男子読者におすすめか。同じくリアルな食品名が登場するグルメマンガだと『めしばな刑事タチバナ』などもおすすめ。

食戟のソーマ…おすすめグルメ漫画

続いてのおすすめグルメ漫画は『食戟のソーマ』。天下の少年ジャンプにおいて20巻以上も連載が続く人気グルメ漫画。

『食戟のソーマ』のおすすめポイントは、何と言っても作者・佐伯俊の画力の高さ。カッコ良すぎる調理描写は、さながらバトル描写のそれ。そして緻密な料理描写は、もはや芸術品レベルの美しさ。そんな料理を食べた直後に見せる、キャラクターたちの様々な面白オーバーリアクションも見所で笑えます。

また『食戟のソーマ』はシリアス展開も行けるなど、少年ジャンプでだてに長期連載を続いてません。絵の上手さも含めて、グルメマンガを一度も読んだことがない読者におすすめ。良くも悪くもクセは少ないので買い物として失敗しないでしょう。