【2017】思わずヨダレ!絶対おすすめ人気グルメ漫画16選【ランキング】

スポンサーリンク

男キャラクターがおすすめのグルメマンガ

続いては「男キャラクターがおすすめ」のグルメマンガをご紹介。内容は基本的に料理を食うだけ。

おとりよせ王子飯田好実…おすすめグルメ漫画

まずは『おとりよせ王子 飯田好実』。タイトル通り、インターネットで様々なグルメ通販を頼んでは日夜食べてる飯田好実が主人公。前述の『花のズボラ飯』と同様に、ぼっち飯がテーマ。

飯田好実の見た目は、ゆるふわパーマ+メガネ。いかにも女性読者をくすぐりそうなキャラ。会社で働いてる時は根暗キャラなものの、ただ一人暮らしの部屋では妙なテンションを炸裂させるギャップ感がおすすめ。

めしぬま…おすすめグルメ漫画

『めしぬま』の主人公は飯沼。同じ眼鏡キャラクターなんですが、性格は何を考えてるか分からないヌボーっとした男。ただ、飯沼はとにかく飯を美味そうに食う。まさに飯テロ漫画。

そして飯沼はやたらと飯を食べてる仕草が、男のくせに妙な色気がある。特におすすめしたい描写が「手」。指が長くて、適度にゴツゴツ。いかにも女子が好きそうなお手手。

多少癖のあるグルメマンガかも知れませんが、「食う」という部分においてはまさに王道グルメマンガとしておすすめしたいと思います。

むさ苦しいオッサン読者におすすめのグルメ漫画

男キャラクターがおすすめのグルメマンガを紹介したので、続いては「オッサン読者におすすめ」したいグルメ漫画をご紹介。主なメインターゲットはほぼ間違いなくオッサン読者のはず。

食の軍師…おすすめグルメ漫画

まずは『食の軍師』。主人公の寂しいオッサンが自分を軍師に例えて、食い合わせや食べ初めをどうすればいいか一人妄想を繰り広げる。基本的に一人の孤独飯。そして周囲の客と自分を戦わせてみたり、とにかく寂しい男。

オヤジギャグ全開のしょうもないノリなど、これは絶対女子にはおすすめできないグルメ漫画。逆にオッサン読者からしてみると、このコテコテの分かりやすいノリはハマるかも知れない。

ネイチャージモン…おすすめグルメ漫画

他にも『ネイチャージモン』というグルメ漫画もオッサン向けかも。タイトルから想像されるように、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンを主人公にしてる。とにかく肉肉肉。リアルさながら暑苦しい。全9巻と割りと長続きした微人気作といったところ。

目玉焼きいつつぶす?…おすすめグルメ漫画

『目玉焼きいつつぶす?』もオッサン向けのグルメ漫画。

主人公は田宮丸二郎と長嶋みふゆ。売れない俳優と売れない女芸人のカップル。この二人が目玉焼きの食べ方やトンカツに添えられてるキャベツなどの食べ方を巡って、何度もケンカを繰り返すという展開。

つまり色んな食べ方を扱った、いわゆる「あるある」的なグルメ漫画。卵かけご飯一つにしても、確かに色んな食べ方があるなぁと思わず頷いてしまう田宮丸二郎のムダに熱くて真剣な議論がしょうもなくて笑える。絵柄やノリはオヤジ向き。

土山しげる作品…おすすめグルメ漫画

ラストのおすすめは「土山しげる」という漫画家の作品群。とにかくグルメマンガを中心に多作も多作。無骨な絵柄もさながら、料理のチョイスも渋め。フランス料理などお上品なものはほとんど登場せず、ラーメンなどいかにもオトコが好きそうな料理が大半。

おすすめ作品としては『極道めし』や『野武士のグルメ』あたりか。長編作品は少ないのでサクッと大人買いして面白いと感じたら、他のグルメ漫画も購入してみると良いと思います。