【悲報】江戸川コナンの正体がバレすぎ説【名探偵コナン考察】

スポンサーリンク

ついに「黒の組織のボス・黒幕が烏丸蓮耶」であることが発覚した『名探偵コナン』。残念ながら作者・青山剛昌は体調不良で休載に入ったものの、ストーリーはいよいよ佳境に突入。

『名探偵コナン』の主人公といえば江戸川コナン。高校生探偵・工藤新一が「APTX4869(アポトキシン)」という薬を黒ずくめの男たちによって飲まされ、強制的に幼児化させられてしまった仮初の姿とも言えます。

何故なら、もし工藤新一がまだ生きてる事実を黒の組織に知られれば命を狙われるから。そこで「江戸川コナン」として生活することで魔の手から逃れる。やはり黒の組織は残忍。江戸川コナンと接触した人物たちを消すことは確定。その中には工藤新一が好きな毛利蘭も入る。

だから「江戸川コナンが工藤新一であること」は絶対誰にもバレちゃいけないのが大前提の推理漫画。ただ『名探偵コナン』は90巻以上も販売されてるだけあって、冷静に振り返ってみると色んなキャラに江戸川コナンの正体がバレてしまってる。

ということで、これまで江戸川コナンの正体がバレたキャラ and 江戸川コナンの正体を知ってるキャラクター一覧をピックアップしてみました。完全なネタのパクリのため、今回はあっさり『名探偵コナン』の考察記事を書きたいと思います。

江戸川コナンの正体を知るのは13名

結論から書くと、江戸川コナンの正体を知っているのは合計13名ほどいる模様。もしかすると抜けキャラがいるかも知れませんが、そこはご愛嬌。

まずは阿笠博士。工藤新一が幼児化した時に、真っ先に助けてもらったキャラ。この阿笠博士がいなければ、後の「江戸川コナン」も誕生しませんでした。一時黒幕というトンデモ説もあったのが今となっては懐かしい。

『名探偵コナン』の中で、阿笠博士はもはや女房役的存在。

続いては工藤新一の両親。やはりいくら生意気な天才探偵とはいえ、愛息子が消えてしまったらただ事ではありません。当然、江戸川コナンの正体を知っているからこそ裏で黒の組織壊滅へ手助けもしてくれる。

ただ黒の組織の幹部で唯一江戸川コナンの正体を知っているのがベルモット。何を企んでいるか分からない敵キャラですが、江戸川コナン(工藤新一)のことをシルバーブレットと称して期待をかけてる。

ベルモットは工藤新一の母親と懇意にしていたこともあって、余計に江戸川コナンの正体がバレバレ。ちなみに【名探偵コナン】黒の組織のキャラ名の法則まとめなども名探偵コナンに興味があれば後で御覧ください。